2012年12月06日

野田やる夫の民主党[特別編]【第十三話、前編】

1/48________________________________

  ,彡ニ三三三三三三三ニ=ヾ;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i;:;:;:i'
  ,彡ニ三三三三ニ三三ニニ;〃ヾ、;:;:;:;:;:;::;:;::;:::;:/;:;:/
 ,彡彡,'',ニ=ミミミ三三三三ニニ彡  `゙゙''ー-、;:;:;:;/;:;/
 ',彡'/ r' ノヽヾミ三三三三三彡'   _,,,,,,、ヽ;:;ィ''|
  彡'|.|(‐'''" 'iミニニ三彡"´ ̄     `゙゙ー'  ;;;:|
.  彡i、ヾ ('  ヾミニ三'          __,,、 ....ノ   /
  彡ゝ `'' "  |ミミミ'       ‐'"ひi,;'´  ,ィ;;ァ'    ただいまから国家基本政策委員会
   '彳`ー‐i  |ミミミ'          `゙ーシ'   |、ニ'     合同審査会を開会をいたします。
 --、/    i  |ミミ         .,,r‐''"   | ノ
 く'ノ    :i  ミミ         ´  ., '   |'
 、\     .l  ヾ            .ノ(_,,、.   |
 :\ヽ,   ヽ          /   `t‐一'
 ::::ヽ ヽ   `::.       ,; '      .:i
 :::::::ヘ ヽ    `::.        ''"⌒゙''一ノ
 ::::::::::ヘ.ヽ    ヽ、       ` ー'ーノ
 ::::::::::::::ヽヘ     `ー┬‐一;;''""´
 \、:::::::::ヽヽ      /::ヘ ) `゙'ー、_
 〃`゙ー、;;;;\\   /i:::::::丿 ' , ' , '`゙ヽ、

※会長(鈴木政二) 

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

続きを読む
posted by つるや(国会AA職人二代目) at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 国会AA劇場(野田やる夫の民主党) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月18日

次回予告:谷垣総裁が野田総理の外交について突っ込むようです


        __   __       __                      __
        l__ゝ / /_,へ,  / /======へ,  =======へ   /ヽ / /
         , //ノ7 l7/  / / // 7/ / / ______「`´r´~,へ, ノ/=/ /=へ
       //  / (´   / / // // / /  ̄ ̄/ / ̄// =====/_/===へ
       l l / 人 \  / /.//=// / /   ___/ /  ´   /7=====,へ,
       l_| 〆´  `ヽ/ /_/======/__/   ヽ___ノ     /_/=====/_/ . 
                        __        r――-- 、、
          ,. -―‐- 、      f,´‐-- 、`丶    ,ィ'ー―‐、::::::::ヽ
          /,. ―- 、:::`ヽ.   /、 _,,,_ ノ::::::::ヽ  l:l__・ _,,,_ t:::::::::::l
         ,'/、_ _,...、゙t:::::::}   f。ミfr。、 ヾ::::::::l   tr。〉'f・=゙' l::r‐vi
          ゙l'・ヲ f・ラ  {::::::l   {ーム":'´ tf'う}!    l,イ_,,ぅ、´ `tうリ
            l^, 'ーヘ⌒ Уソ    lf,-‐-、  ミンリ     Y,.--y}   「lj
          、 '二`:_,. ィ^′   ヽ二.    ノY     ヾニ,   /ヽ
          ゙トー '´ 人_     ヽ ,:   /ヽ      `ヽ-'_/ / ̄`~`丶、
       ,. -―〈 \_,ィ三、Yl`丶、__,.,へ,__,/ /``丶、 /|,ィ介、 /     , '⌒ヽ
    r'ニユ、_   ヽイ_},ニ)ツノ,ィ'"´  |,イミメ,ィi'l^t‐、   /   {-r'゙ヽ'     :,    \
     j ー‐}'′  /:::ll `У/     ,〉イ. {゙ー'″/  /    l:l        、     \
    / ' テ′  /::::::l  l/      /ミミ! ヽ- 〈  /     l::!        ヽ      \
    ,'" ,イ     l:::::::,}  /ヽ     /ミミl  '、 ヽ__{     l::l lニニニニl    ゝ、
  ,ィ!  l,|    l:::::/レ'′ l    ,lミミミl   ト、 / ヽ    /::,! |    |    /\,
  / l ノ∨     ,l:::/    /l'、 へ lミミミ!  l ヽl  ヽ   /::/  | _  |    /   {
 { ,レ'   l    /`>_| ̄|__ ヽノヽ二´ ̄>  /'^7,、 /Z/Z__ ┌┘└┬―'^フ   l
 '、   /l   ノ ,_  __| ,へ ┌‐┘└‐┐ > `' ム<ロ _ ニl ▽ lコ l二_   /`'ー
  ヽ-―'^l  ヽ.ノr―' '―┐ ヽノ ,二コ  l二、 l_ ,._|| ロ ,コ 'ニl lニ| ri ┌'  /
      ,}、   ` ̄| | ̄´  /7 | ┌‐┐| 「l| |「l| ロ ,コ ゙フ  ヾフ / | | ,',ニ,ヽ‐ァ‐
      l三三|二二._.二二l <_/ |__,二二,__|--Ll|__|Ll|__,,.....コ<,イ__<_/ |__| ヽニノ /

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ




動画URL:http://www.nicovideo.jp/watch/sm16307699

第十三話(特別編):谷垣総裁が野田総理の外交について突っ込むようです】(2011年11月30日)

          /                    \
        /:.     〈カj   ,.ー- 、_ _      !
        !;:::. .       /  . :. :.; ;: ;; .:. .``ー-、j
        ヽ;; :. . __,.イィイ ハゞヽ、. : ;; :; :;:; . .  ヾ
         Y/;:;:;:;:;;〃ノン' ノ'  い゙:、ヾ'、;:ヽ、;:; :;. .: ヽ   総理との最初の党首討論を
         ,j;:;:;:;:;:イ::''´ ̄``ー 、'  ー''"´_``、;:;:;:;:、  ;!   この問題から始めなければならないのは
        /:::;;:;:;:;;j:::. . .〈じニゞ,i  ,テラー、`,!;;;;;;;; . ::;!    やりきれない思いでございますが、
        ゙、j:;;;:;:;,:!::::.:. .   ´ l   `    .!;;;;;;;;;;;;;ソ
         /;:;:;:ト;:!;::::. . .    , ‐、      j;:,イi;;;;;;!    看過するわけにはいきません。
         `、;:;:〉ハ!::::.:.:.    ー      ,リ j !;;:/
          j/;:ヾ ,:::::::.:.   __      ソ ',::;/
          リ;;;:;:;:ト、:::.:.:..  〈二二ヽ   /,イ;:!'゙
         ,rー- 、リ:\::.:..  ´ ̄ `   ,/;;:;!'゙
         /:.: . ..  `ー- ヾ::..   ̄`  /|ソリ
      ,r‐' ー ‐- 、_   `ー─‐''"   ,!、
     ノ::::.:.:.:.:.. .:.:. .. . . ̄``ヽ、TY⌒ヽ'´ ̄|               ,rー-、_
    /;;;.:::::::::.::::::::::::::::::.:.. . .. . . .\       j              / ,    `ヽ
   /;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::.:.:...: ..:.: . . .`^ヽー、/l__           ,r' /     l
  ,/;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..: .: . . :. . .  .  . ``ー‐- 、    /ソ '´      ゝ、
 /;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..: .:. :.. .. . . .     ``ー、/     _,r'"´ ̄ ̄`ヽ
,/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:...: ..:.: . . .   , . -─ '´
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:. ..: . . .
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:. . . . .
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:.:.:.:. .. :. .
posted by つるや(国会AA職人二代目) at 22:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 国会AA劇場(野田やる夫の民主党) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

目次ページを更新しました

ブログTOPページの目次に、やる夫で学ぶ発送電分離や公共事業、国会AA劇場十一話〜十五話(現在十二話まで更新)を追加しました。

目次ページ:http://kokkai-aa-yaruo.seesaa.net/article/233687360.html

かなり更新の間が空きましたが、ブログは続けていきます。
引き続き当ブログをごひいきにお願いします。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


タグ:更新情報
posted by つるや(国会AA職人二代目) at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月26日

中所得の罠

(つ∀ ̄)最近の更新が途切れがちですまんとですよ。
(´・ω・`) さてはて。マイペースが一番ですな。
( ゚д゚ )  とうとう居直ったか。



( ̄∀ ̄) さて、今回のテーマは


中所得の罠




(`・ω・´) 先進国と発展途上国との間に横たわる、とても分厚い壁の話です。
( ̄∀ ̄) よーするに、「食うや食わずの貧乏国からは抜け出した。けれど幾ら頑張ってもお金持ちの国みたいにはなれない。下手をするとまた貧乏国に戻りかねない」という中所得国家の伸び悩みのお話。
(´・ω・`) 現在そういう状態になっているのは、やはり中国、韓国、タイ、インド、フィリピンなどのアジア圏でしょうね。
( ̄∀ ̄) 大まかな目安としてはGNI(国民総所得)が996ドル以上、3945ドル以下の国。




(0゚・∀・) 韓国は早く経済崩壊してくれないかなー。
(`・ω・´) それはそれで楽しいですが、たぶんないでしょう。
( ̄∀ ̄) 大統領がドルスワップ援助の延長と引き換えにアメリカとの経済奴隷契約(米韓FTAのこと)を結んじゃったからね。生かさず殺さず搾り取られるんじゃないかな?




( ̄∀ ̄)ともあれ、中所得の罠について。


中所得国のわなを脱け出す
http://web.worldbank.org/WBSITE/EXTERNAL/COUNTRIES/EASTASIAPACIFICEXT/JAPANINJAPANESEEXT/0,,contentMDK:21285370~pagePK:1497618~piPK:217854~theSitePK:515498~isCURL:Y,00.html

中でも深刻な課題として、「中所得国のわな」として知られるものがあります。歴史を振り返ると、低所得国から中所得国になることができた国は多いものの、高所得国の水準を達成できる国は比較的少ないといえます。高所得国となるには、規模の経済を実現し、専門的リーダーシップを取れるような分野により特化する必要があります。


しかし、賃金の低い貧困国の競合相手と、先進国の先端のイノベーションの間で板ばさみになっている状況では、その実現は困難です。労働者のスキル・革新性の改善から、高度な金融システムの構築、社会的一体性の維持、大幅な不正の削減にいたるまで、対応を要する複雑な課題は数多く存在します。政治・制度面でのこうした難しい変革を実現できない国は、中所得国という現状から脱することはできません。


(`・ω・´) とまあ、「中所得の罠」でぐぐると色々と何故そうなるのかの解説が出てきます。
( ̄∀ ̄) 下のPDFのレポートとかね。頭のいい人向けに経済学に関連付けて話がされてるので、興味があるかたはどうぞ。

http://dspace.wul.waseda.ac.jp/dspace/bitstream/2065/33630/1/ShagakukenRonshu_17_Karikomi.pdf




( ゚д゚ ) で、その中所得の罠にはまる原因はなんだ? 簡単に教えてくれ。
( ̄∀ ̄) 一行で言うと。
(`・ω・´) 「高まった生産量に見合うだけのオーダー(注文)がとれなくなる」事が一番の要因。



( ̄∀ ̄) 順番だてて説明するとねー

@生産性が低いため、低所得になっている国へ何らかの資本整備が行われる。
A生産性が上がる。国民はまだ低所得なので人件費安い。作れば作るほど売れる。
B作れば作るほど売れるので設備投資してさらに生産性を上げる。(このあたりで中所得国家になっている)
C設備投資が進んだ結果、生産力>>市場規模となる
D同時にこの段階では経済成長により人件費も高くなっているため、生産コスト的な旨みが薄れる。


( ̄∀ ̄) というわけで、停滞する。経済規模を支えるだけの需要がなくなるんだ。
( ゚д゚ ) なるほど、もっともな話だが、じゃあ何で日本はこの中所得の罠にはまらなかったんだ?
(`・ω・´) 簡単な話です。「内需を高めたから」




( ̄∀ ̄) つまり、経済規模に比例して国民は十分な給料を手に入れ、「健全な形で市場を作っていった」ということ。
(`・ω・´) もう一つの理由として、「国民にとって、日本製を買うのが最も妥当な選択となっていったから」ということもあります。
(つ∀ ̄) その点で中国はダメだね。食材は毒まみれ、製品は何でも爆発する。
(`・ω・´) 中国で爆発しないのは爆弾くらいなものですかね。
( ゚д゚ ) おういえ。



( ̄∀ ̄) こーいう国が無理に経済成長を続けようとすると・・・というか景気悪化を防ごうとすると。
(`・ω・´) 実態経済に見合わない無茶な投資が引き起こされます。
(つ∀ ̄) バブル経済の始まり始まり〜
( ゚д゚ ) おういえ。




(`・ω・´) 健全な形で市場を作るというのは、高まった生産性を満たすだけの需要が伸びるということ。
( ̄∀ ̄) そのためには、生産効率を高めるためのインフラの整備も欠かせない。やらないと長期的には石油などのエネルギー支出が大きくなるからね。
(`・ω・´) 日本はエネルギー対生産効率において世界最高の国です。そのあたりも中所得の罠に陥らなかった原因の一つでしょう。



( ̄∀ ̄)今回はここまで。参考になりましたら下のバナーをクリック応援よろしくなのですよ。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


posted by つるや(国会AA職人二代目) at 23:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

民主党の予算編成【そのT】

( ̄∀ ̄)最近、特例公債法案でがけっぷち交渉が続いています。
(´・ω・`) 解散を求める野党と拒む与党。その交渉カードとして特例公債法案を通すか通さないかがある。
( ゚д゚ ) なんだか交渉カードって言われ方すると、政局優先ってイメージがするな。



(つ∀ ̄) 普通は予算編成と同時に特例公債法案が通るんだよ。普通はね。
(`・ω・´) 予算とは財源の裏づけがあって初めて使うことができますからね。
( ̄∀ ̄) 民主党政権からだよ。予算は通したけど特例公債法案が通らないなんて馬鹿な事が起こったのは。




( ゚д゚ ) 何でそうなったんだ?
( ̄∀ ̄) 民主党作った予算案を野党は拒否し、対して民主党は与党単独での強行採決を行ったから。
(´・ω・`) 衆議院の優越というものがありまして、予算案という超重要法案については「衆議院で可決されれば参議院で否決されても日数が経てば自動的に成立する」という仕組みとなっています。


(つ∀ ̄) ところが、「関連法案」は一般法律と同じ扱い。
(`・ω・´) 参議院での過半数の賛成、もしくは参議院で否決された後の衆議院での差し戻し採決で、3分の2の賛成がなければ通りません。
( ̄∀ ̄) 今現在、単独で参議院過半数の議席をとっている政党は存在しないからねー



( ゚д゚ ) ほうほう。でも何で野党は予算案を否決したんだ?
(つ∀ ̄) 中身が問題外だったから




時事:主要政策の全面見直し困難=民主・輿石氏(2011/03/24-15:30)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011032400685

 民主党の輿石東参院議員会長は24日の記者会見で、2009年衆院選マニフェスト(政権公約)で掲げた子ども手当などの主要政策について政権交代の最大の目玉がことごとく駄目でした、誤りでしたと言えるわけがないと述べ、全面的な見直しは難しいとの認識を示した。
 輿石氏は、野党がこれらの主要政策を撤回して東日本大震災の復興財源に充てるよう求めていることに関しては「少しいじるぐらいで出てくるお金で災害復興は片が付かない」と指摘した。




毎日:11年度予算案:きょう成立 子ども手当延長へ 共産、つなぎ再可決に協力
2011年3月29日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110329ddm005010167000c.html
 一般会計総額92兆4116億円の11年度予算案は29日、成立する。民主党は10年度の子ども手当法を6カ月延長する「つなぎ法案」についても同日の衆院通過を目指す。共産党は28日、同法案が参院で否決された場合、衆院での再可決に協力する方針を明らかにした。これまで衆院再可決に否定的だった共産党の方針転換により、同法案は年度内に成立する可能性が高まった。【中田卓二】

 参院予算委員会は29日、11年度予算案の採決に先立ち、菅直人首相が出席し、締めくくり質疑を行う。東日本大震災後、首相の国会答弁は初めて。

 参院は野党が多数を占めるため、予算案は参院予算委と参院本会議でいずれも否決される見通しだが、憲法の規定で衆院の議決が優先し、同日中に成立する。




(つ∀ ̄) バラマキ4Kっていうのは、子供手当て、高校無償化、高速道路無料化、それに農業の個別所得保障のこと
(´・ω・`) 子供手当ては財源がなくて廃止されたし、高速道路無料化も財源がなくて廃止された。
( ̄∀ ̄) 一方、個別所得保障によって一部の農家は「手が足りなくて耕してない土地を手放すよりも持っていた方が金が稼げる」という歪な状況になった。高校無償化は実現されているけど、私立も無償化するってことでアンバランスだよね
(`・ω・´) 費用対効果がゼロどころかマイナスな事業多すぎ




(つ∀ ̄) そんなものを予算案で通して、野党の撤回要求を聞き入れずに強行採決(自民党時代に言われたものじゃなく、本当の意味での強行採決)したんだからそりゃ、野党が賛成するわけがない。
(`・ω・´) そして特例公債法案は予算の財源の裏づけとなるものですから、これに賛成するってことは予算案に賛成するということです。
( ̄∀ ̄) できるわけないでしょ。常識的に考えて。




( ゚д゚ ) なるほど、それで反対したわけか。
(`・ω・´) 震災復興などの火急の案件があるので、多少強引でも民主党は無駄なバラマキ法案さえ撤回すれば予算案は通ったと思うんですけどね。
(つ∀ ̄) しかも「自分で作った予算案を自分で事業仕分けして無駄を削った」ってあなた・・・
(´・ω・`) それ、初めに作られた予算案に無駄があったということで、なんというマッチポンプ。




( ̄∀ ̄) 本来なら早いうちに野党と十分に話をしておくべきだったんだよ。予算案の修正について。
(`・ω・´) それが半年以上もたな晒しにしている時点でもう、政権与党としての資格はありませんな。


( ̄∀ ̄)今回はここまで。参考になりましたら下のバナーをクリック応援よろしくなのですよ。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ





posted by つるや(国会AA職人二代目) at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月17日

国会という場の存在意義

( ̄∀ ̄)もう秋だねぇ
(`・ω・´) 今年もあと二ヶ月ほどになりました。
(つ∀ ̄) そんな中、やらかしてくれましたニュースがこちら


「新閣僚狙い撃ち」警戒で?国会召集急がず

 次期臨時国会を巡り、政府・民主党は召集を急がず、懸案についての自民党との協議を優先する構えを強めている。

 赤字国債発行に必要な特例公債法案の成立見通しが立たず、野党が強硬姿勢に出れば衆院解散に追い込まれるとの危機感が背景にある。国会召集の遅れで年内解散を困難視する声も出始めた。

(中略)政府・民主党には「国会を開けば新閣僚が狙い撃ちされる」との警戒感もある。岡田氏は「審議のメドが立たなければ、開くだけの意味が見いだせない」と臨時国会を開かない可能性まで示唆して揺さぶるが、自民党に軟化の兆しはない。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20121004-OYT1T00277.htm


復興予算:審議せず流会 民主・政府側欠席で…衆院小委

 東日本大震災の復興予算が被災地以外で支出された問題で、審議を予定していた衆院決算行政監視委員会の行政監視小委員会は11日午前、審議しないまま流会になった。委員14人のうち民主党の8人が全員欠席し、開催に必要な定足数(7人)に達しなかった。野党委員6人は全員出席した。次回の開催日程は決まっておらず、復興予算の使途の適否をめぐる審議が行われない事態が続いている

 新藤義孝小委員長(自民)は流会後の記者会見で、民主党の委員だけでなく、各省庁の答弁予定者が出席しなかったことを指摘し「残念で、怒りを感じる」と強く批判。政府側が欠席した経緯について「民主党が内閣総務官室を通じて指示した」と明らかにした。

http://mainichi.jp/select/news/20121011k0000e010183000c.html


ポポポポポ( ゚д゚)゚д゚)゚д゚)゚д゚)゚д゚)ポカーン…


(つ∀ ̄)えーと、ちなみに官僚の方々は現在、残業代がもらえない状況だそうです。
(´・ω・`)国家公務員の方々もそうでしょうね・・・自衛隊は大丈夫でしょうか?
( ゚д゚ ) 赤字国債が発行できないからか。



(つ∀ ̄)イエス。財源がない状況で勝手にお金を出したらそれは業務上横領。
(´・ω・`) 発注した仕事でも政府からお金が振り込まれない、建て替えよろしく、という事例が出ているようですね。
( ゚д゚ ) ぉぅぃぇ



(`・ω・´) それはともあれ、与党による審議拒否というのは民主党政権以前では前代未聞です
( ̄∀ ̄) 民主主義を否定しているね。
( ゚д゚ ) 野党はいいのか?
(つ∀ ̄) あまり望ましいことじゃないけどそれは仕方がない。
(´・ω・`) 野党時代の民主党みたいにねじれ国会になった途端に審議拒否は論外ですけどね。



(`・ω・´) 国会の存在意義とは何か?
( ̄∀ ̄) それは合意形成のため。
( ゚д゚ ) 合意形成?



(`・ω・´) 民主主義の原則は多数決ですが、数が多ければ何をしていいというわけでもありません。
( ̄∀ ̄) 少数派の意見も取り入れて適当な所へ落とし込む。それが合意形成プロセス。
(`・ω・´) この合意形成プロセスがあるからこその民主主義です。
( ̄∀ ̄) いわゆる「利害調整」だね。この利害調整こそが政治であり、その透明性を保つ為に国会は公開の場で行われている。



(´・ω・`) ですから「密室談合」なんて、国会をきちんと見てればたいていは難癖なんですよね。
( ̄∀ ̄) マスコミは適当にトリミング報道して適当に解説を加えればどーとでも編集できるしね。斜め上杉るのはよくないよ。



(´・ω・`) 国会において、与党は「こういう案があるんだがどう思う?」と話し合ったり、あるいは
( ̄∀ ̄) 野党から、「こういう問題があがってるんだがどうするんだ?」と話し合う。



(`・ω・´) そういう場において何故与党の審議拒否がいけないかというと・・・
( ̄∀ ̄) 「多数派が合意形成そのものを行うことを拒否する」ってあーた・・・職務放棄。”話し合いで決める”という民主主義の否定。



(´・ω・`) 一方、そういう場で何故野党の審議拒否が許される(場合がある)のかというと・・・
( ̄∀ ̄) 「多数派の横暴により話し合いすらできない状況だから」という言い訳が成り立つから。



(´・ω・`) 自民党が問責決議案を出した直接の理由は「民主党が単独で勝手に選挙制度をいじくろうとした」からです。
(つ∀ ̄) 自民党が与党だった時代には選挙制度の改変は常に野党の声を聞いていたよ。
(´・ω・`) 当たり前の話ですね。与党が数の論理で選挙制度を自由に変更できれば、それは独裁に繋がります。民主主義の否定です。



(つ∀ ̄) 話し合いができない状況では、少数派は話し合いそのものを拒否するしかない。議論の場に立つ=是非はともあれ、その議論が検討に値するものだと認めるということだから。
(´・ω・`) しかし多数派の場合は違います。何故って、「自分の提案が議論に値しないものである」あるいは「少数派の相手側(決定権は自分にある)の提案を議論に値しないものとして無視する」という矛盾をはらむから。
(つ∀ ̄) しかも理由が「怒られたくないから」って小学生か・・・。



(´・ω・`) これからマスコミは「審議拒否するヤトウガー」という論調で進めていくと思います。
( ̄∀ ̄) 特例公債法案が通らないと・・・下手をすると国家の黒字倒産(論理的にありえないデフォルト)みたいなアホな自体が起こりかねないんだけどね
(´・ω・`) 審議拒否しくさりやがりました国会対策委員長の対応について、今後どうするか目が離せません。


( ̄∀ ̄)今回はここまで。参考になりましたら下のバナーをクリック応援よろしくなのですよ。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


posted by つるや(国会AA職人二代目) at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月15日

やる夫が公共事業の経済効果について学ぶようです・そのB&まとめ

先回の話はこちら:http://kokkai-aa-yaruo.seesaa.net/article/297180424.html

1/68___________________________

                                            _, -‐
                                       _, -‐  ̄ ‐=ニ=-
              / ̄ ̄ ̄\           _, -‐  ̄‐=ニ二ニ=- _, -‐  ̄
             /         ヽ        ,〜'_, -‐  ̄`ー-----― '
            /         丶    _,〜'_ッ'-
            |     _ノ  ( ●)  .厂    やる夫。
            i     ( ●)  !  .⊃ 
             |       (__人_) /〉      経済が成長するためには
           /∧     ,.く))/´二//⊃      商品を買ってくれる者の存在、
         / : | ヽ  / /  '‐、二ニ⊃`      つまり需要がなければならん。
     , -‐'´: : : : :l   丶l    ´ヽ〉: : : : \
    /: : : : : : : : :|  /_/    __人〉|: : : : :|
   「ヾ: : : : : : : : : :l_/:_/ヽ.   /´     | : : : : :|
  〈\ : : : : : : : :,、: :/´∨/`ー'〉 |_| |: : : : :|
   !: : :ミヽ: : :/ `y′.: ',ゝ、_/     l: : : : : :|
   ! ⌒ヽ: : : :.ヾ/: ://: : : :|      l: : : : : :|

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


続きを読む
posted by つるや(国会AA職人二代目) at 21:49| Comment(3) | TrackBack(0) | アホでも分かる経済講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

世論に従ったらごらんのありさまだよ!

(゜ロ゜)「世論に従ってオスプレイ以上の事故率のヘリの使用を全面禁止しました」
(^o^)「素晴らしい。どうなりましたか?」
(゜ロ゜)「山岳救助ヘリ、報道ヘリを含むほぼ全てのヘリが使えなくなりました!」
(^o^)「えっ?」 (゜ロ゜)「感情に配慮した結果です!」

「(`・ω・´)世論に従ったらこうなった」をトゥギャりました。
http://togetter.com/li/389600



( ̄∀ ̄)ふと思いついたネタを呟いたら大反響があったのでまとめてみました。
(`・ω・´)面白い、と思いましたら下のバナーをクリックお願いします。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


タグ:時事ネタ
posted by つるや(国会AA職人二代目) at 20:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 宣伝など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月12日

やる夫が公共事業の経済効果について学ぶようです・そのA

先回の話はこちら:http://kokkai-aa-yaruo.seesaa.net/article/296535502.html

1/46___________________________

                / ̄ ̄\
               _,ノ ヽ、_   \    次に、公共事業の経済効果への
               (●)(● )    |    批判についてはこういうものもある。
               (__人___)     |
                    '、        |
                |       |
               | ,     /_.{
               `ァニニ<//〉、__ __
               ,./ /\  / : : : : : : > : :\
            _/ /|イ:::::/∨. : : :l: : : : : : : : : : :.丶
          /. : : : :| ./`Y / : : : 」: : : /: : : : : : : : }
         ,´ : :/: : : :| i::::::|/ : :/: : : /: : : : : : : : :|
          { : :/. : : : :|/:::::/ : : : : : : : | : : : : : : : : : ,'
        / : :,' : : : : : |::::/ : : : : : r---く´ニ\: ヽ:ノ
       、'ーr,_| : : : : : :|:/ : : : : :_/二ヽ V: : : : ` :´
      / :./ ̄>< :./ : : : : :/ 二 ヽ_」┘: : : ∨}
     / : : :ム / : : : : ̄ ̄ ̄ ̄~゙''-ゝ.」: : : : : ∨ :}
    { : : : : : :\、 : : : : : : : : : : : : : : : :\. : : :∨ : :l
    ヽ: : : : : : : : ̄"\ : : : : : : : : : : : : : : : / : : :{

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


続きを読む
posted by つるや(国会AA職人二代目) at 23:44| Comment(1) | TrackBack(0) | アホでも分かる経済講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月09日

やる夫が公共事業の経済効果について学ぶようです・その@

先回の話はこちら:http://kokkai-aa-yaruo.seesaa.net/article/296168014.html

1/40___________________________
【目次】

@公共事業って何?

 ⇒「公共団体が公共性の高い工事やサービスを行うこと」です。

A公共事業の種類と目的

 ⇒種類は大きく分けて2つ。インフラ整備とハコモノ(建築物)関連です。
  ⇒インフラ整備は国民の生命を守り、生活基盤を整えます。
  ⇒ハコモノ関連は産業育成や観光資源として、または教育、文化振興の為に作られます。

B公共事業と民間事業との違い

 ⇒公共事業はそれ単体では赤字です。だから民間企業にはできません。
 ⇒赤字でもするのは、Aで書いた目的のためです。
 ⇒そのほかに、景気対策という目的もあります。
 ⇒景気対策として見る場合、国はマクロ的な観点(GDPを上げる効果)で公共事業を評価します。
  ⇒国は徴税権があるので、景気が良くなりGDPが上向くと税収が増え、採算が取れます。

C公共事業の問題点
 
 ⇒評価基準の透明性と、客観性。偏向報道により必要なものが無駄といわれる危険性。
 ⇒利権のためだけの無駄な事業が行われる危険性。政治家と企業の癒着。
 ⇒環境破壊などの影響。
 ⇒お金を使うので予算を圧迫すること。政府は国債を発行できるが、地方自治体には死活問題。

Dデータからみる公共事業と経済効果   ←今ココ
Eまとめ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 彡ミ           。
彡ミ彡ミ ∧_∧
━..|ヽ━( ・∀・) /
  |ヽ  (    つ
  人  | | │ _____ ∧_∧ _______ ∧_∧_
     (__)_) |ヽ____くД´ ; >____ くД´ ; >_
===============|i`─ と    ヽ────⊂     )─
            |l.______| ̄ ̄ ̄ ̄|_____| ̄ ̄ ̄ ̄|_
                ̄ ̄ ̄ ̄       ̄ ̄ ̄ ̄

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


続きを読む
posted by つるや(国会AA職人二代目) at 23:09| Comment(3) | TrackBack(0) | アホでも分かる経済講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。