2013年03月16日

アベノミクスとTPP

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

※ブログランキングに参加しています。よろしければ上記バナーをクリックしてください。


( ̄∀ ̄)安倍さんがTPP参加交渉をしますと明言しちゃったねぇ。
(`・ω・´) これで今日更新サボったら逃げたみたいな感じなので意地でも更新せざるを得ません。
( ゚д゚ ) で、謝罪と賠償するのか?



(つ∀ ̄) ないない。
(`・ω・´) 「関税の撤廃などの条項があれば入らない」と、文章でアメリカに確認してますからね。
( ̄∀ ̄) 撤退の条件を事前に根回しした上で参加交渉に入ったからね。途中抜けが順当なところでしょ。
( ゚д゚ ) 言い訳おつ。



(´・ω・`) まあ、野田さんがASEANでTPP参加交渉に入ると明言してしまいましたから・・・。
( ̄∀ ̄) トラストミーの普天間基地問題じゃあるまいし、政権交代したからなしって話になったら日本は信用されなくなる。
( ゚д゚ )  まさしく負の遺産だな・・・。




安倍首相がTPP交渉への参加表明、経団連は全面的に支援

[東京 15日 ロイター] 安倍10+ 件晋三首相が15日、環太平洋連携協定(TPP)交渉への参加を正式表明したことを経済界は歓迎している。

日本経団連の米倉弘昌会長(住友化学会長)は「総理の強いリーダーシップと交渉力の賜物」と高く評価。経団連として政府の交渉を全面的に支援する姿勢を示した。

(中略)

昨年末の安倍政権の発足以降、為替の超円高は是正されてきたものの、高い法人税率や電力不足などは変わらず、事業環境は依然として厳しい。TPPに参加して自由貿易協定の遅れを取り戻せば、競争不利となっていた要因が一つ緩和される。

TPPに対しては、関税撤廃や引下げに加え、国際貿易・投資ルール整備の進展にも期待が大きい。世界貿易機関(WTO)で進めてきた貿易ルール作りが暗礁に乗り上げている中、TPPのルールは今後の貿易や投資、知的財産権などの基本として、TPPに参加を表明していない中国など新興国との貿易交渉でもベースとなる可能性があるからだ。

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTJE92E00320130315




(つ∀ ̄)過去に経産省が試算したTPPによるGDP引き上げ効果は2.5兆円くらい。10年間の合計で。
(`・ω・´) 原発停止で増えた1年分の燃料代の半分ですね。
( ゚д゚ ) 10年分でそれかよ。



( ̄∀ ̄) まともに考えれば考えるほどメリットがない。ASEANと日米FTAの個別交渉で十分。
(`・ω・´) そもそも安倍さんの推進するアベノミクスには自由貿易の推進はないでしょう。




【所信表明演説より抜粋】
 デフレと円高の泥沼から抜け出せず、五十兆円とも言われる莫大な国民の所得と産業の競争力が失われ、どれだけ真面目に働いても暮らしが良くならない、日本経済の危機。

 三十二万人近くにも及ぶ方々が住み慣れた故郷(ふるさと)に戻れないまま、遅々として進んでいない、東日本大震災からの復興の危機。

 外交政策の基軸が揺らぎ、その足元を見透かすかのように、我が国固有の領土・領海・領空や主権に対する挑発が続く、外交・安全保障の危機。

 そして、国の未来を担う子どもたちの中で陰湿ないじめが相次ぎ、この国の歴史や伝統への誇りを失い、世界に伍(ご)していくべき学力の低下が危惧される、教育の危機。

 このまま、手をこまねいているわけにはいきません。

(中略)

内閣発足に当たって、私は全ての閣僚に「経済再生」「震災復興」「危機管理」に全力を挙げるよう一斉に指示をいたしました。危機の突破は、全閣僚が一丸となって取り組むべき仕事です。

安倍総理の所信表明演説:http://www.kantei.go.jp/jp/headline/183shoshinhyomei.html

※長い為、一部のみを抜粋しています。できればURLを確認して下さい




( ̄∀ ̄) 為替レートの是正は言ってるけどね。自由貿易、というか貿易に関わる規制の緩和はデフレを招く
(`・ω・´) 生産性を高める方向に向かいますからね。少ないパイ(市場需要)の奪い合いになります。




(`・ω・´) 今の日本に必要なのは規制強化です。独占禁止法をきちんとして下請けいじめをなくしたり、地方への大型スーパー出店を規制して商店街を守るなどなど。
( ̄∀ ̄) 個人的にはマスコミの恣意的な報道や飛ばしを取り締まって欲しいけどね。
( ゚д゚ ) それは同感だな。



(つ∀ ̄) 今回はここまで。さて、そろそろやる夫スレ作成に取り組まねば。
posted by つるや(国会AA職人二代目) at 00:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月14日

TPP報道と情報のリテラシィ

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

※ブログランキングに参加しています。よろしければ上記バナーをクリックしてください。


( ̄∀ ̄)ようやくブログ更新にも慣れてきた。
(´・ω・`) 明日はぱったりと投げ出すかもしれませんがね。
( ゚д゚ ) 不吉なことを言うなぁ。



(`・ω・´)ここ連日、TPPが新聞とTVをにぎあわせています。
( ゚д゚ ) 交渉参加は決定事項なんだろ?


安倍首相「明日決断したい」、TPP交渉参加
 安倍晋三首相は14日夜、自民党外交・経済連携本部の衛藤征士郎本部長らと官邸で会い、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への交渉参加について「明日決断したい」と述べ15日に参加表明を行う考えを示した首相は「日本の国益や国柄を守ることを胸に刻みながら進めていく」とも強調した。

産経新聞:http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130314/plc13031421110019-n1.htm



(つ∀ ̄)もうね、吐き気がするくらいの飛ばし記事
(´・ω・`)ひどいものですねぇ・・・(池上彰口調で
( ゚д゚ ) 「明日決断したい」って言ってるだけだな。



(´・ω・`)「参加を決断する」とは言ってないんですね。終始一貫してそうなんです。
( ̄∀ ̄) ところがTVのアナウンサーも新聞も「交渉参加を表明」と変換している。
( ゚д゚ ) しかし実際に参加表明するかもしれないのじゃないのか? 交渉であって参加表明じゃないわけだし。




(つ∀ ̄) まあそうかもしれないけどさ。この記事を見てみると・・・。

「日本の国益、国柄をちゃんと守っていく」 TPP交渉参加に関する首相発言
 安倍晋三首相が自民党外交・経済連携本部の衛藤征士郎本部長らに語った発言は次のとおり。

 「きょう自民党の外交・経済連携本部のTPP対策委員会の決議をいただいた。しっかりともう一度この決議について拝読させていただき、その上で明日決断をしたいと思う

参加するにしろしないにせよ最終的な判断については、われわれが政権についたのは去年の暮れで、すでに時間が残されていない中における決断となってしまった。この機を逃せば、中で議論をする権利を失うわけだから、この段階で決断をしなければならないと思う。大変短い期間で濃密な自民党らしい専門的な議論をしていただいたことに感謝申し上げたい」

 「いずれにせよ日本の国益、国柄をちゃんと守っていく。これは心に刻みながら決定をしたい。自民党はしっかりと議論した中においては一つにまとまっていく。これが自民党に対しての信頼なのだろう。同時に私には大きな責任があり、その責任をかみしめながら決断をしたいと思う」

産経新聞:http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130314/plc13031421330020-n1.htm



( ゚д゚ ) ・・・・・・・・・・・・・・・・。

( ̄∀ ̄) どこをどう読めば、「参加を決断した」と言っているのか。



(`・ω・´) しかも実質的に2月のオバマ大統領との会談で実質的に交渉参加の目はなくなってますしね
( ̄∀ ̄) 加えて言えば、アメリカは現時点でTPP参加国ではない
( ゚д゚ ) まじかよ



(`・ω・´) 自民党が掲げるTPP交渉参加の判断基準が下の通りです。

【TPP交渉参加の判断基準】
1.政府が、「聖域なき関税撤廃」を前提にする限り、交渉参加に反対する。
2.自由貿易の理念に反する自動車等の工業製品の数値目標は受け入れない。
3.国民皆保険制度を守る。
4.食の安全安心の基準を守る。
5.国の主権を損なうようなISD条項(注)は合意しない。
6.政府調達・金融サービス等は、わが国の特性を踏まえる。

 (注)ISD条項...外国政府の差別的な政策により何らかの不利益が生じた場合、投資家(Investor)である当該企業が相手国政府(State)に対し、差別によって受けた損害について賠償を求める(Dispute)権利を与えるための条項。これが濫用されて、政府・地方自治体が定める社会保障・食品安全・環境保護などの法令に対し、訴訟が起こされる懸念があります。

自民党HP:http://www.jimin.jp/activity/colum/116025.html



( ̄∀ ̄)全文コピペ。
(`・ω・´) オバマ大統領との会談で、安倍さんはこの条件が守られることを確認したわけですね。
( ゚д゚ ) ほぉ・・・。



アメリカを訪れている安倍総理大臣は、日本時間の23日未明、就任後初めてオバマ大統領と会談し、日米同盟の強化を確認するとともに、TPP=環太平洋パートナーシップ協定について、「交渉参加に際し一方的にすべての関税を撤廃することをあらかじめ約束することを求められるものではない」などとした共同声明を発表しました。

※ソース元記事消失。NHK出典。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130223/k10015726291000.html



( ゚д゚ ) ところでまだTPP参加国でもないアメリカが交渉ルールを決められるのか?
( ̄∀ ̄)まず無理。まあISD条項を巡る損害賠償で訴えられてもアメリカは無敗という強さはあるけどね。
(´・ω・`) それにアメリカ内でも異論があるので、あまり前向きにやろうという話でもないわけです。
(つ∀ ̄) といってもこれは憶測の段階を超えないけどね。




( ゚д゚ ) じゃあ何で自民党はTPPに参加するとかしないとかを話してるんだ?
(´・ω・`) だって前政権が「参加交渉を前向きに検討します」って一貫してぶち上げてしまいましたもの
(つ∀ ̄) 国際社会に向けて発言した以上、なかったことにするにもそれなりの根回しが必要なんだよ



( ゚д゚ ) でもマスコミは参加交渉に入るって決定事項みたいに言っているぜ
(´・ω・`) これは憶測ですが・・・自民党にはTPP反対派が多いので・・・
( ̄∀ ̄) 安倍総理がTPP賛成、という話になると内紛が起こるわけです。
(´・ω・`) その様子を面白おかしく報道すれば自民党の支持率が下がりますね。アベノミクス大嫌いな一部の層にはしてやったりです。
( ゚д゚ ) おういえ。



(`・ω・´) まあ、上記の想像はただの憶測ですがね。
( ̄∀ ̄) 安倍さんの発言は、「議論して判断して、明日決断を発表する」ということだけ。それ以上のことは言ってない。
(`・ω・´) あえて引用はしませんが、日経新聞は産経新聞よりもさらにひどいです。飛ばしっぷりが。
( ゚д゚ ) そんなのだからマスゴミなんていわれるんだがな。



( ̄∀ ̄) 騙されない為には、「臭い記事はなるべく一次ソースに近いものを調べましょう」ということさ
(`・ω・´) 全くです。
posted by つるや(国会AA職人二代目) at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

民主党の予算編成【そのT】

( ̄∀ ̄)最近、特例公債法案でがけっぷち交渉が続いています。
(´・ω・`) 解散を求める野党と拒む与党。その交渉カードとして特例公債法案を通すか通さないかがある。
( ゚д゚ ) なんだか交渉カードって言われ方すると、政局優先ってイメージがするな。



(つ∀ ̄) 普通は予算編成と同時に特例公債法案が通るんだよ。普通はね。
(`・ω・´) 予算とは財源の裏づけがあって初めて使うことができますからね。
( ̄∀ ̄) 民主党政権からだよ。予算は通したけど特例公債法案が通らないなんて馬鹿な事が起こったのは。




( ゚д゚ ) 何でそうなったんだ?
( ̄∀ ̄) 民主党作った予算案を野党は拒否し、対して民主党は与党単独での強行採決を行ったから。
(´・ω・`) 衆議院の優越というものがありまして、予算案という超重要法案については「衆議院で可決されれば参議院で否決されても日数が経てば自動的に成立する」という仕組みとなっています。


(つ∀ ̄) ところが、「関連法案」は一般法律と同じ扱い。
(`・ω・´) 参議院での過半数の賛成、もしくは参議院で否決された後の衆議院での差し戻し採決で、3分の2の賛成がなければ通りません。
( ̄∀ ̄) 今現在、単独で参議院過半数の議席をとっている政党は存在しないからねー



( ゚д゚ ) ほうほう。でも何で野党は予算案を否決したんだ?
(つ∀ ̄) 中身が問題外だったから




時事:主要政策の全面見直し困難=民主・輿石氏(2011/03/24-15:30)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011032400685

 民主党の輿石東参院議員会長は24日の記者会見で、2009年衆院選マニフェスト(政権公約)で掲げた子ども手当などの主要政策について政権交代の最大の目玉がことごとく駄目でした、誤りでしたと言えるわけがないと述べ、全面的な見直しは難しいとの認識を示した。
 輿石氏は、野党がこれらの主要政策を撤回して東日本大震災の復興財源に充てるよう求めていることに関しては「少しいじるぐらいで出てくるお金で災害復興は片が付かない」と指摘した。




毎日:11年度予算案:きょう成立 子ども手当延長へ 共産、つなぎ再可決に協力
2011年3月29日 東京朝刊
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110329ddm005010167000c.html
 一般会計総額92兆4116億円の11年度予算案は29日、成立する。民主党は10年度の子ども手当法を6カ月延長する「つなぎ法案」についても同日の衆院通過を目指す。共産党は28日、同法案が参院で否決された場合、衆院での再可決に協力する方針を明らかにした。これまで衆院再可決に否定的だった共産党の方針転換により、同法案は年度内に成立する可能性が高まった。【中田卓二】

 参院予算委員会は29日、11年度予算案の採決に先立ち、菅直人首相が出席し、締めくくり質疑を行う。東日本大震災後、首相の国会答弁は初めて。

 参院は野党が多数を占めるため、予算案は参院予算委と参院本会議でいずれも否決される見通しだが、憲法の規定で衆院の議決が優先し、同日中に成立する。




(つ∀ ̄) バラマキ4Kっていうのは、子供手当て、高校無償化、高速道路無料化、それに農業の個別所得保障のこと
(´・ω・`) 子供手当ては財源がなくて廃止されたし、高速道路無料化も財源がなくて廃止された。
( ̄∀ ̄) 一方、個別所得保障によって一部の農家は「手が足りなくて耕してない土地を手放すよりも持っていた方が金が稼げる」という歪な状況になった。高校無償化は実現されているけど、私立も無償化するってことでアンバランスだよね
(`・ω・´) 費用対効果がゼロどころかマイナスな事業多すぎ




(つ∀ ̄) そんなものを予算案で通して、野党の撤回要求を聞き入れずに強行採決(自民党時代に言われたものじゃなく、本当の意味での強行採決)したんだからそりゃ、野党が賛成するわけがない。
(`・ω・´) そして特例公債法案は予算の財源の裏づけとなるものですから、これに賛成するってことは予算案に賛成するということです。
( ̄∀ ̄) できるわけないでしょ。常識的に考えて。




( ゚д゚ ) なるほど、それで反対したわけか。
(`・ω・´) 震災復興などの火急の案件があるので、多少強引でも民主党は無駄なバラマキ法案さえ撤回すれば予算案は通ったと思うんですけどね。
(つ∀ ̄) しかも「自分で作った予算案を自分で事業仕分けして無駄を削った」ってあなた・・・
(´・ω・`) それ、初めに作られた予算案に無駄があったということで、なんというマッチポンプ。




( ̄∀ ̄) 本来なら早いうちに野党と十分に話をしておくべきだったんだよ。予算案の修正について。
(`・ω・´) それが半年以上もたな晒しにしている時点でもう、政権与党としての資格はありませんな。


( ̄∀ ̄)今回はここまで。参考になりましたら下のバナーをクリック応援よろしくなのですよ。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ





posted by つるや(国会AA職人二代目) at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月28日

(;゚Д゚)「先生、消費税が上がるそうです!」 ( ´Д`)「落ち着いてベクレルに換算したまえ」

(´・ω・`) 本日、6月26日に衆議院を通りました、税と社会保障の一体改革関連法案。
(つ∀ ̄) 別名を「消費税率引き上げ法案」

消費増税法案 衆議院で可決:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120626/k10013118031000.html


( ゚ Д ゚ ) 日本終わったな・・・。


(`・ω・´) という声が多数ありますが、では「この法案がどのようなものか?」を見ていきましょう。
( ゚ Д ゚ ) 消費税を上げるってだけの話なんじゃないのか?
( ̄∀ ̄) 実はこの法案が通っても、上がるって事が確定したわけじゃないんだな。


(`・ω・´) 余計なジミンガー、タニガキガー批判を検証する為、麻生さんの案を見てみましょうか。


麻生太郎オフィシャルサイト 2011年11月10日

http://www.aso-taro.jp/diary/2011/11/20111110_1320902387.html

● 先週、フランスで行われたG20首脳会議において、野田首相は「2010年代半ばまでに消費税率を段階的に10%までに引き上げる」との話をされた。これが、国際公約かどうかということについてはともかく、申し上げておきたいことがある

● この消費税について、平成21年、つまり麻生内閣において成立した改正所得税法附則104条を、民主党はよく引き合いに出される。その法律には第1項に、「消費税を含む税制の抜本的改革を行うため、平成23年度までに必要な法制上の措置を講ずる」との1文がある。しかし、その前にある一番肝心な部分が、意図的に読み落としているのか、読み飛ばしているのか、読まないようにしておられるのか、いつも決まって無視されている。それは、「経済状況を好転させることを前提として」というところだ。

改正所得税法附則104条 ※総務省http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/pdf/100611_3.pdf

2 前項の改革を具体的に実施するための施行期日等を法制上定めるに当たっては、景気回復過程の状況、国際経済の動向等を見極め、予測せざる経済変動にも柔軟に対応できる仕組みとするものとし、当該改革は、不断に行政改革を推進すること及び歳出の無駄の排除を徹底することに一段と注力して行われるものとする。


( ̄∀ ̄) この条件は「明確な数値ではない」。しかし、「増税は景気回復を前提としている」ということ

(`・ω・´) さて、一方、今回三党合意を行いました消費税増税ですが・・・。


財務省のHPより
http://www.mof.go.jp/about_mof/bills/180diet/sh20120330g.htm
1.趣旨(第1条)

この法律は、世代間及び世代内の公平性が確保された社会保障制度を構築することにより支え合う社会を回復することが我が国が直面する重要な課題であることに鑑み、社会保障制度の改革とともに不断に行政改革を推進することに一段と注力しつつ経済状況を好転させることを条件として行う税制の抜本的な改革の一環として、社会保障の安定財源の確保及び財政の健全化を同時に達成することを目指す観点から消費税の使途の明確化及び税率の引上げを行うとともに、所得、消費及び資産にわたる税体系全体の再分配機能を回復しつつ、世代間の早期の資産移転を促進する観点から所得税の最高税率の引上げ及び相続税の基礎控除の引下げ並びに相続時精算課税制度の拡充を行うため、消費税法、所得税法、相続税法及び租税特別措置法の一部を改正するとともに、その他の税制の抜本的な改革及び関連する諸施策に関する措置について定めるものとする。

2.消費税法の一部改正

(1) 平成26年4月1日施行(第2条)

○消費税率を4%から6.3%に引上げ(地方消費税1.7%と合わせて8%)。

○消費税の使途の明確化

(消費税の収入については、地方交付税法に定めるところによるほか、毎年度、制度として確立された年金、医療及び介護の社会保障給付並びに少子化に対処するための施策に要する経費に充てるものとする)

○課税の適正化(事業者免税点制度の見直し、中間申告制度の見直し)

(2) 平成27年10月1日施行(第3条)

○消費税率を6.3%から7.8%に引上げ(地方消費税2.2%と合わせて10%)

(中略)

7.附則 ○消費税率の引上げに当たっての措置(附則第18条)

消費税率の引上げに当たっては、経済状況を好転させることを条件として実施するため、物価が持続的に下落する状況からの脱却及び経済の活性化に向けて、平成二十三年度から平成三十二年度までの平均において名目の経済成長率で三パーセント程度かつ実質の経済成長率で二パーセント程度を目指した望ましい経済成長の在り方に早期に近づけるための総合的な施策の実施その他の必要な措置を講ずる。


( ゚ Д゚ ) お、おう・・・。

( ̄∀ ̄) 長いから総括すると、「増税の”判断”時期を明記した点は麻生さんの案より下、具体的な数値目標を明記した点では麻生さんの案以上に進歩した案」と言える。


(`・ω・´) 問題は、「この条項が恣意的に運用されないのか? 増税できる判断する人は信頼できるのか? その判断は妥当なのか?」ということ。


( ̄∀ ̄) いってみれば、「政党もしくは政治家に対する信頼性」だね。
(´・ω・`) まぁ、平成26年度に民主党や維新の会を選んだら国民は自殺願望があるとしかいえないけど

(つ∀ ̄) ジミンモー報道多いよね。マスゴミのスタンス。国会を切り貼りしてジミンモー。


(´・ω・`) 麻生さんが総理大臣だった時代、どの程度の人が擁護してたんでしょうかね?
( ゚Д ゚) といっても自民党は1990年から2010年までデフレ促進してたからな・・・。

(つ∀ ̄)当時はアホばっかだったよね。小沢以下、主犯のだいたいは民主党に行ってるけど。

(´・ω・`) それに近年、まともなデフレ対策に乗り出したらマスゴミの風当たりが強くなりました。不思議なことに。


(´・ω・`) ともあれ、今回の話は「消費税増税案は麻生さんの案とほぼ同じ。その時期の政権の判断次第で、増税決定ではない」ということです。



今回のコラムは以上です。
参考になりましたら下のバナーをクリックご支援お願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


posted by つるや(国会AA職人二代目) at 21:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月08日

被災地を愚弄する議員達

震災からおよそ1年経ちました。
震災復興は遅遅として進まず、瓦礫の除去もまだ終わっておりません。
14兆円(実質は2兆円ですが)という巨額の補正予算が国会を通りましたが、現地の自治体は復興予算が不足していることで、建築企業に発注をかけることがほとんどできていない状況です。
そんな中で、国会質疑を見てみますと・・・愕然とさせられます。



4分あたりの所から。
安住財務大臣「今回は調査計画費だけは計上しましたが、事業費は計上していないものもあります」

6分のあたり。
安住財務大臣「私は学校の耐震化は復興交付金で進めることはやるべきではないと思っています」
安住財務大臣「復興のお金を使うかどうかは妥当性をきちんと検討してからやる必要がある。査定とは言われたくないが、単価が高いかどうかなど調べる必要がある」


そして、小野寺議員がこう指摘しています。
小野寺「震災復興につけられた予算を使う為には、地元の役所は普通の手続きの3倍の書類を用意させられている」

・・・・・・・・・・・・・・・・・ふ ざ け る な (・ω・###。

マスゴミはこのような国会の内容を一切報道していません。少なくとも私が知る限りは。もしこれが麻生政権時代なら、自殺者が出るまで叩かれていた内容でしょう。

順次、時間を作りまして国会AA化したいと思います。
皆様方、今の政治が本当にどうなっているかを知る為に、国会をこまめにチェックすることをお勧めします。
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


posted by つるや(国会AA職人二代目) at 00:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。