2013年11月09日

『やる夫で学ぶスレ』の作り方 〜下書き編U〜

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

先回の話はこちら:http://kokkai-aa-yaruo.seesaa.net/article/372923706.html

(´;ω;`) まだプロットですけん。ごめんなさい。


続:近代中国の経済



( ̄∀ ̄) 1950年ごろから、中国の事実上の独裁者となった毛沢東。共産主義国家・中国の産みの親です。

彼の代表的な「経済政策」である「大躍進政策」は、当時の中国国民に壊滅的な打撃を与えました。

大躍進政策:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E8%BA%8D%E9%80%B2%E6%94%BF%E7%AD%96


(`・ω・´) 詳細はwikipediaさんに載ってますが、かいつまんでまとめます。


【大躍進政策】

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%87%E5%8C%96%E5%A4%A7%E9%9D%A9%E5%91%BD

@目的

アメリカ、イギリスを経済的に追い越すために行った農業・工業の大増産政策。

A達成までの目標日程

15年間。後に3年間に修正

B動機

ソ連が打ち立てた計画経済、「15年以内にアメリカを追い越す」に毛沢東が触発されたから

Cやったこと

1.市場原理を無視してブラック企業が逃げるほどのノルマを人民に課した
2.無茶やろと諌めた党の要人を失脚、処刑
3.処罰を恐れた役人が成果を水増しして報告
4.”成果”を聞いた毛沢東、さらなる増産を命令

D具体例

1.大製鉄・製鋼運動

⇒素人に製鉄をさせる。

レンガ採集のため、寺院や城壁が破壊。
製鉄のための木炭・石炭(コークス)確保のため、森が禿山に。果樹園の樹木すら伐採された。
原料の砂鉄がないため、鉄製の農機具や炊事用具が投入される本末転倒ぶり



(つ∀ ̄) そしてできたのが何にも使えないくず鉄ときたもんだ。


(´・ω・`) 森林破壊で洪水が頻発し、農民が製鉄にかり出されたために農地は荒れ果て、農具がないので農業ができなくなりました。


2.四害駆除運動

⇒四害(伝染病を媒介するハエ、カ、ネズミと、農作物を食い荒らすスズメ)の駆除


(つ∀ ̄) スズメを殺したことでかえって害虫が増えました。



3.密植・深耕運動


( ̄∀ ̄) 密植とは、苗の近くに苗を植えまくることです。同じ種類の種はお互いの成長を阻害しないとする理論に基づきます。


(`・ω・´) 深耕とは、深い穴を掘って種や苗を植えることです。穴が深ければ深いほど根が発達するとする理論に基づきます。


(つ∀ ̄) 2メートルの穴を掘って種を植えるとかやりすぎだよ・・・。


(`・ω・´) とーぜん、まともに作物が育つわけがありません。


他にもチベット侵略&大躍進政策適用で餓死者続発(民族浄化だったという説も)があるが経済からはそれるので割愛。


E結果


>結局、天災も重なって、大躍進政策は経済の混乱と多数の餓死者を出すという惨憺たる結果を招いた。
>大躍進政策による餓死者数は3,635万人、出生減は1,624万人であり、合計5,259万人が犠牲になった。


( ゚д゚ ) ・・・・・・・・・・・・・・・。


( ̄∀ ̄) これ、実は農作物の生産減や環境破壊による洪水などの天災のため”だけ”じゃないんだよね


( ゚д゚ ) どういうことだ?


(`・ω・´) それは次回へ持ち越します。


posted by つるや(国会AA職人二代目) at 13:16| Comment(3) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お、ようやく進んだ
Posted by syoboon at 2013年11月11日 05:52
    \/
   /⌒ヽ 
  /  ゚д゚ ) <ていとくー!
  | U  /J  (更新が)おっそーい!
〜〜〜〜〜〜
Posted by ぜかまし at 2013年11月12日 22:50
(;^ω^) すみません、E−4ようやく突破しました(爆

これからは本腰入れてやります。
Posted by つるや at 2013年11月24日 17:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/379769419
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。