2013年08月10日

『やる夫で学ぶスレ』の作り方 〜準備編〜

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しています。クリックご支援よろしくおねがいします。


(`・ω・´)近日中に公約どおりお盆休みにやる夫スレを投下しようと思います。


国会AAはあらかじめ文章があるから切り貼りして絵をつけるだけだけど、
ほぼゼロから作る学ぶ系のやる夫スレは文章を考えなければなりません。

(つ∀ ̄)ぶっちゃけ、時間がかかる。


その間、ブログ更新を滞らせるのもアレなので、作りながらどのように作っていくのか解説していきます。


題して、『実例でわかる、やる夫で学ぶスレの作り方』


( ̄∀ ̄)作業もはかどってブログ更新ネタも作れる。一石二鳥ですな。


(`・ω・´)さて、順を追って説明していきましょう。

あくまでもつるやさんの例ですが、学ぶ系のやる夫スレを作る場合は以下の手順となります。

1.情報収集(書籍、ネットなどから)
2.面白そうな情報をメモ帳にどんどん記入、コピペ
3.手に入った情報から扱う年代や分野の範囲をあらかじめ確定させ、その範囲を超える情報は収集リストから除外する
4.トピックスを抽出し、関連性の確認
5.トピックスの時系列化、おおまかな目次を作成してみる
6.目次ごとに個々のソースの確認、より”信頼のおける”出展やデータなどの抽出
7.ここまでで出た疑問点をやる夫に喋らせ、やらない夫がそれに答える形のテキスト作成
8.AA貼り付け。この作業でAAに合うように若干のテキスト修正をする
9.やる夫&やらない夫の掛け合いを作成しつつ、目次リストの修正(書いているうちに集めた情報を検証していくため)
10.この時点でAA化がほとんど終わり、テキストが完成する。
11.全体の整合性とネタが寒くないかどうかをチェック
12.2ch投下orブログに投下する場合はフォントや色などを調整


1〜7がしんどいです。特に1は場合によっては何冊も本を読まないといけない。
7は意外に楽しい作業です
そして8が山場。ぶっちゃけ面倒くさい。頭を使うし、AAを探す作業が延々と続く。


(`・ω・´)それはさておき、学ぶスレを作る際に最も注意しないといけないのが、


参照した情報の信頼性」と「具体的な記述の有無」です。
たとえば、「○○主席の経済対策は失敗だった」という単一の記述のみが合った場合、それは信頼できない



( ̄∀ ̄)「○○主席」を「安部総理」と置き換えればわかるように、イチャモンづけなのか事実なのかはっきりしないからね



(`・ω・´)というわけで、「何故そういえるのか?」という「論拠」の部分を必ず探します。
これは参照先が三橋貴明氏だろうがwikipediaだろうが同じです。


( ̄∀ ̄) ソースなしで他人の見解を垂れ流すだけなら報道ステーションのコメンテーターに成り下がるからねー。

(`・ω・´) 「他者による検証可能性」が存在しなければ単なる個人の感想文に成り下がります。特に扱う事柄が経済であるならば、公式な数値やデータが出なければ話になりません。


さて、次回は実例を元に解説していきます。

乞うご期待。
posted by つるや(国会AA職人二代目) at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治系やる夫記事(その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。