2013年06月02日

にちようび、にちようび・・・


┃            ....┃
┠┬┐┌┬┬┬┬┐  ┃      ┏ NEXT ┓
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┐┃       ┃        ┃
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃       ┃月曜日  ┃
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃..      ┃       ┃
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃      ┃       ┃
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃       ┗━━━━┛
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃   
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃        
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃         Λ_Λ . . . .: : : 
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃        /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . :: 
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃       / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .::
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃       / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . 
┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃  ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄
┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

ワタミ会長、出馬会見で「夢のない若者、世界に関心持とう」 自民から参院比例区
http://www.j-cast.com/2013/05/31176359.html

ワタミ9 件グループ創業者の渡邉美樹会長は2013年5月31日、自民党本部で会見を開き、夏の参院選に自民党公認で比例区から出馬9 件することを正式に表明した。11年の都知事選では都議会民主党の推薦を受けたが、この日は「アベノミクスは非常に見事と感じている」と安倍政権を高く評価。また「若者が夢を持てない社会」への対処法を聞かれると、

「なぜ夢を持てないかというと、(日本の)現状にある程度満足してしまっているから。自分のことだけでなく、たとえば発展途上国の子どもたちなど、世界の現状に関心を持てば、『自分も役に立てるのでは』と責任感が生まれ、そこに次の夢が生まれてくるのでは」

と持論を披露した。

(つ∀ ̄) まずは自分の会社の社員の心身状態に関心を持つべきかと
(´・ω・`) 働いても仕事に見合う賃金を支払われなければ
( ゚д゚ ) まあワタミに限らず外食産業全体がブラック経営なんだけどな。



(´・ω・`) 自民党以外に投票できるまともな政党はないのですが、失望したくなる人の気持ちもわかるというものです。
( ̄∀ ̄) 参議院はほぼ圧勝なんだろうからやらかしそうな候補を比例公認で出すのは理解に苦しむ
( ゚д゚ ) それでも自民党以外に選択肢がねーんだがな。


豆知識:非拘束名簿式

非拘束名簿式は選挙における比例代表制において比例名簿の順位を決めない方式のこと
議席を得た政党内での当選者は、各候補者の個人名での得票数により決定される


(`・ω・´) とはいえ、参議院は非拘束名簿式なので「比例で自民党に入れても落とす事は可能」です。
( ̄∀ ̄) お気に入りの候補者の個人名で比例に投票。あるいは、「政党名+個人名」だね。
( ゚д゚ ) おお。



超高速売買、ミリ秒の攻防 株価乱高下の要因にも
http://www.nikkei.com/money/features/29.aspx?g=DGXNASFZ18013_20062011K15401

 ミリ秒単位で売買注文を出す「高速自動取引」が存在感を増している。システム強化した東証では売買代金の約3割を占めるまでになった。相場の流動性を高める一方、予期せぬ株価の急変動を招くこともある。投資行動に変化を迫り、証取再編も促す「ミリ秒の攻防」の実態を追った。

 「TICKデータを売ってほしい」──。東京証券取引所にこんな注文が舞い込んでいる。依頼主は「ハイ・フリークエンシー・トレーディング=HFT」と呼ばれる超高速・高頻度取引を得意とする海外のヘッジファンドなどだ。高速処理のコンピューターを駆使し、市場動向を瞬時に見極めながら独自のプログラムに基づいて、ミリ(1000分の1)秒単位で売買する。対象は現物株や指数先物から株式オプション、原油先物などまで幅広い。

 HFTが使うのが「アルゴリズム取引」という手法。売買の注文状況(板情報)などに基づいてサヤを抜くことができる戦略を組み立てたり、複数の市場に上場している銘柄では有利な条件で売買できる方を自動的に探したりする。企業業績などのファンダメンタルズはいっさい考慮しない。統計的情報に基づいて頻繁に売買を繰り返し、わずかな値上がり益を積み上げていくのが特徴だ。


( ̄∀ ̄) さて、うってかわって昨今の株価の乱高下について
(`・ω・´) 高速売買が原因と麻生財務大臣も言ってますね
( ゚д゚ ) 高速売買?


今回の「高速売買で乱高下」というのは、「売り注文⇒売り水準とロット認識⇒市場のシステムが入力受付⇒決済の間のタイムラグ(ミリ秒単位)を利用して、「売り注文がこれだけあるからそれより先に高めの値段で決済してサヤをとる」という仕組み


( ̄∀ ̄)ということらしい。簡単に言うと。
(`・ω・´) 裁定取引の亜種ですね。プログラムが超高速で自動的に行うもので暴走したら歯止めがかからない。
( ゚д゚ ) ヘッジファンドもいろんな手を考えるな。つか、まずいやろ



(`・ω・´) 法規制が入るのも時間の問題でしょうね
( ̄∀ ̄) ま、一次的な上げ下げでアベノミクス失敗というのは短絡的にすぎる
(´・ω・`) 民主党時代の日経平均は9000円だったわけですし
( ̄∀ ̄) というわけで今日はここまで
( ゚д゚ ) 更新はこまめにしろよ

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


タグ:時事ネタ
posted by つるや(国会AA職人二代目) at 04:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
安倍 WJFプロジェクトで検索。
Posted by at 2013年06月03日 07:13
おひさしぶりです。

昨今の株乱高下については、参加せずに隣からニヤニヤしながら眺めていました。

個人的には、小規模・短期ながら教科書に載せてもいいぐらい分かりやすいバブルだったと思っています。

ハゲタカさん達の満足げな鳴き声が遠ざかっていく間に、貿易赤字だけでもなんとかしないと、本当にやばいんじゃないかなあ、、、
Posted by chaso at 2013年06月04日 01:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/364882930
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。