2013年03月14日

TPP報道と情報のリテラシィ

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

※ブログランキングに参加しています。よろしければ上記バナーをクリックしてください。


( ̄∀ ̄)ようやくブログ更新にも慣れてきた。
(´・ω・`) 明日はぱったりと投げ出すかもしれませんがね。
( ゚д゚ ) 不吉なことを言うなぁ。



(`・ω・´)ここ連日、TPPが新聞とTVをにぎあわせています。
( ゚д゚ ) 交渉参加は決定事項なんだろ?


安倍首相「明日決断したい」、TPP交渉参加
 安倍晋三首相は14日夜、自民党外交・経済連携本部の衛藤征士郎本部長らと官邸で会い、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への交渉参加について「明日決断したい」と述べ15日に参加表明を行う考えを示した首相は「日本の国益や国柄を守ることを胸に刻みながら進めていく」とも強調した。

産経新聞:http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130314/plc13031421110019-n1.htm



(つ∀ ̄)もうね、吐き気がするくらいの飛ばし記事
(´・ω・`)ひどいものですねぇ・・・(池上彰口調で
( ゚д゚ ) 「明日決断したい」って言ってるだけだな。



(´・ω・`)「参加を決断する」とは言ってないんですね。終始一貫してそうなんです。
( ̄∀ ̄) ところがTVのアナウンサーも新聞も「交渉参加を表明」と変換している。
( ゚д゚ ) しかし実際に参加表明するかもしれないのじゃないのか? 交渉であって参加表明じゃないわけだし。




(つ∀ ̄) まあそうかもしれないけどさ。この記事を見てみると・・・。

「日本の国益、国柄をちゃんと守っていく」 TPP交渉参加に関する首相発言
 安倍晋三首相が自民党外交・経済連携本部の衛藤征士郎本部長らに語った発言は次のとおり。

 「きょう自民党の外交・経済連携本部のTPP対策委員会の決議をいただいた。しっかりともう一度この決議について拝読させていただき、その上で明日決断をしたいと思う

参加するにしろしないにせよ最終的な判断については、われわれが政権についたのは去年の暮れで、すでに時間が残されていない中における決断となってしまった。この機を逃せば、中で議論をする権利を失うわけだから、この段階で決断をしなければならないと思う。大変短い期間で濃密な自民党らしい専門的な議論をしていただいたことに感謝申し上げたい」

 「いずれにせよ日本の国益、国柄をちゃんと守っていく。これは心に刻みながら決定をしたい。自民党はしっかりと議論した中においては一つにまとまっていく。これが自民党に対しての信頼なのだろう。同時に私には大きな責任があり、その責任をかみしめながら決断をしたいと思う」

産経新聞:http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130314/plc13031421330020-n1.htm



( ゚д゚ ) ・・・・・・・・・・・・・・・・。

( ̄∀ ̄) どこをどう読めば、「参加を決断した」と言っているのか。



(`・ω・´) しかも実質的に2月のオバマ大統領との会談で実質的に交渉参加の目はなくなってますしね
( ̄∀ ̄) 加えて言えば、アメリカは現時点でTPP参加国ではない
( ゚д゚ ) まじかよ



(`・ω・´) 自民党が掲げるTPP交渉参加の判断基準が下の通りです。

【TPP交渉参加の判断基準】
1.政府が、「聖域なき関税撤廃」を前提にする限り、交渉参加に反対する。
2.自由貿易の理念に反する自動車等の工業製品の数値目標は受け入れない。
3.国民皆保険制度を守る。
4.食の安全安心の基準を守る。
5.国の主権を損なうようなISD条項(注)は合意しない。
6.政府調達・金融サービス等は、わが国の特性を踏まえる。

 (注)ISD条項...外国政府の差別的な政策により何らかの不利益が生じた場合、投資家(Investor)である当該企業が相手国政府(State)に対し、差別によって受けた損害について賠償を求める(Dispute)権利を与えるための条項。これが濫用されて、政府・地方自治体が定める社会保障・食品安全・環境保護などの法令に対し、訴訟が起こされる懸念があります。

自民党HP:http://www.jimin.jp/activity/colum/116025.html



( ̄∀ ̄)全文コピペ。
(`・ω・´) オバマ大統領との会談で、安倍さんはこの条件が守られることを確認したわけですね。
( ゚д゚ ) ほぉ・・・。



アメリカを訪れている安倍総理大臣は、日本時間の23日未明、就任後初めてオバマ大統領と会談し、日米同盟の強化を確認するとともに、TPP=環太平洋パートナーシップ協定について、「交渉参加に際し一方的にすべての関税を撤廃することをあらかじめ約束することを求められるものではない」などとした共同声明を発表しました。

※ソース元記事消失。NHK出典。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130223/k10015726291000.html



( ゚д゚ ) ところでまだTPP参加国でもないアメリカが交渉ルールを決められるのか?
( ̄∀ ̄)まず無理。まあISD条項を巡る損害賠償で訴えられてもアメリカは無敗という強さはあるけどね。
(´・ω・`) それにアメリカ内でも異論があるので、あまり前向きにやろうという話でもないわけです。
(つ∀ ̄) といってもこれは憶測の段階を超えないけどね。




( ゚д゚ ) じゃあ何で自民党はTPPに参加するとかしないとかを話してるんだ?
(´・ω・`) だって前政権が「参加交渉を前向きに検討します」って一貫してぶち上げてしまいましたもの
(つ∀ ̄) 国際社会に向けて発言した以上、なかったことにするにもそれなりの根回しが必要なんだよ



( ゚д゚ ) でもマスコミは参加交渉に入るって決定事項みたいに言っているぜ
(´・ω・`) これは憶測ですが・・・自民党にはTPP反対派が多いので・・・
( ̄∀ ̄) 安倍総理がTPP賛成、という話になると内紛が起こるわけです。
(´・ω・`) その様子を面白おかしく報道すれば自民党の支持率が下がりますね。アベノミクス大嫌いな一部の層にはしてやったりです。
( ゚д゚ ) おういえ。



(`・ω・´) まあ、上記の想像はただの憶測ですがね。
( ̄∀ ̄) 安倍さんの発言は、「議論して判断して、明日決断を発表する」ということだけ。それ以上のことは言ってない。
(`・ω・´) あえて引用はしませんが、日経新聞は産経新聞よりもさらにひどいです。飛ばしっぷりが。
( ゚д゚ ) そんなのだからマスゴミなんていわれるんだがな。



( ̄∀ ̄) 騙されない為には、「臭い記事はなるべく一次ソースに近いものを調べましょう」ということさ
(`・ω・´) 全くです。
posted by つるや(国会AA職人二代目) at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/347105535
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。