2012年07月22日

致命傷を受け続けるスペイン

( ̄∀ ̄) 今週は欧州圏があらぶってました。
(`・ω・´) とりあえず崩壊の渦中にあるスペイン株のチャートを張っておきます。

スペイン株価2012年7月20日.png


( ゚д゚)・・・
(;^ω^)うわあ・・・



(つ∀ ̄) 一年で1万から6千台へ。1000年に一度の大震災を受けた日本でも1万2千から9千なのに。
(´・ω・`) ま、借金だらけで緊縮財政強いられてたらそうなります。需要がなければ企業は儲からない。


( ゚Д゚) 緊縮財政が原因なのか?


( ̄∀ ̄)俯瞰して言えば、「需要がないのが原因」と言うべきだろうね。
(´・ω・`) スペインの主要産業は食品加工、化学品、自動車、観光産業で、主要輸出先はフランス、ドイツ、イタリア。つまりこの輸出先が「買ってくれなければ」景気は冷える。ちなみにスペインの貿易依存度は25%、内需主導国家ですので貿易への影響は少ないと言えるのですが、日本はその半分の13%。つまり外需の冷え込みの影響は日本の2倍となります。


スペインの経済指標:http://www.jetro.go.jp/world/europe/es/stat_01/
スペインの経済・産業:http://anzenmon.jp/page/10028437
各国の貿易依存度:http://1000nichi.blog73.fc2.com/blog-entry-1722.html


(´・ω・`) しかし国内は失業率が24%越えてますから。内需は非常に冷え込んでいる状況です。
( ̄∀ ̄) 一方、対外の需要としては、イタリアは経済が崩壊中。フランスは現状維持が精一杯。で、「ドイツは儲かっている」って言うけど、何で儲かっているかというと「ユーロ安により低価格で輸出できるから」
(´・ω・`) 「ドイツ企業はドイツにいる社員の賃上げしたら製品を低価格にできない」ということ。


(つ∀ ̄) つまり、ドイツ国民の賃金はあまり上がってないんですよ2007年の日本の「実体なき景気回復」みたいに。だからドイツ国民の購買力はあまり期待できない
(´・ω・`) 流石にここにきて、ドイツは「賃上げ圧力」はあるんですけどね。まだまだまだまだです。やったらドイツ企業が儲からなくなりますし。「値段の安さ」だけでこの世界的不況の状況で儲かっているのですから。


ドイツ労組が銀行ストを呼び掛け、6%賃上げ要求−独紙
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-M2PSK56TTDS001.html


( ̄∀ ̄)というわけで、民間では「商品を買ってくれる所がない」スペインの経済規模・生産力を賄えるほどの需要がない。
(`・ω・´) 一方で、「政府は需要を絞っている」かつ、「銀行の貸し出しの金利が凄まじく高い」


( ̄∀ ̄)一般的に言えば、銀行の企業に対する貸し出し金利は「国債利回りより必ず上になる
(`・ω・´) 国債利まりが7%でしたか。仮に民間への貸し出し金利が10%としたら、複利計算で7年で借金は2倍になりますね
( ゚Д゚) まじか・・・。


(`・ω・´) よっぽど有望で確実な事業でもあれば、それでもお金を借りて投資してっていう事が起こりますけど、今の欧州の経済崩壊の状況でそんなものはまずないでしょう。
( ̄∀ ̄) というわけで、リストラして投資を控えて、高金利の借金を返す事が「合理的」な経営判断となる。


(`・ω・´) するとまた景気が悪くなるデフレスパイラル。スペインの失業率は24.3%。若者ですと51.5%


参考:http://www.garbagenews.net/archives/1949994.html


(;^ω^) 暴動が起こるわけだ・・・。


( ̄∀ ̄) といっても世の中、カネがないと何もできないんだよね
(´・ω・`) カネがあるのに必要な時に使わない馬鹿な国もありますがね。しかしスペインはカネがない。
( ̄∀ ̄)7月は大型の国債償還(ロールオーバー)を迎えるしね。下参照。


スペイン国債償還 月別金額(億ユーロ)
7月:イタリア 260億ユーロ(2.6兆円)
   スペイン 200億ユーロ(2兆円)
8月:イタリア 180億ユーロ
   スペイン  70億ユーロ
9月:イタリア 190億ユーロ
         70億ユーロ
10月:イタリア270億ユーロ
    スペイン280億ユーロ
11月:イタリア180億ユーロ
    スペイン 30億ユーロ
12月:イタリア380億ユーロ
   :スペイン 50億ユーロ


参照:http://www.costdown.co.jp/blog/2011/12/post_2199.html
2011年12月16日付け 三菱総研 「EU首脳会議の合意内容とその評価」
http://www.mri.co.jp/NEWS/report/policy/__icsFiles/afieldfile/2011/12/16/mpr20111216-01.pdf


(´・ω・`) むしろイタリアさんがやばいです・・・


( ̄∀ ̄) 国債利回りが7%だと、10年国債で返済時に2倍。380億ユーロ借りたら760億ユーロのお金を返さないといけない。
(´・ω・`) そして7月に認められたスペインの銀行救済(民間であり政府に対する支援ではない)はたったの1000億ユーロ。そもそも、EFSFの融資余力が2400億ユーロしかないんですよね

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-M7GMAS6KLVS701.html


(つ∀ ̄) その対価として「財政規律を守る」つまり緊縮財政を呑まされたけど、したら景気悪化。税収も悪化。失業率も増えて暴動頻発と。
(´・ω・`) 欧州崩壊のチキンゲームはまだまだ続きそうです。


今回のコラムは以上です。
参考になりましたら下のバナーをクリックご支援お願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


posted by つるや(国会AA職人二代目) at 11:41| Comment(5) | TrackBack(0) | 経済(為替) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
LIBOR問題取り上げてくれんかのう 規模がデカすぎて何がなんだが分からんのです
Posted by   at 2012年07月24日 16:29
ODAの財源捻出のために、増税が必要です

とか今日(24日)の国会で誰か言っていた気がしたのですが。

作業中の流し聞きだったから聞き間違いかもしれないしそもそも言ってないかも。
一応報告だけ。
Posted by なすびわ at 2012年07月25日 00:10
"致命傷を受け続けるスペイン: 甘味処・つるや別館〜やる夫で学べる政治・経済〜" 管理人さま 初めまして
ブログ「みんなのアンテナまとめました」を
運営しております長原と申します。
誠に恐縮ですが、今回は相互リンクのお願いにあがりました。
突然のお願いですが、ぜひご検討頂ければ嬉しいです。
ただいまTOPリンク集にリンクさせて頂きましたので、
相互リンクが可能でしたら、是非お願いいたします。
ちなみに下記は当サイトの情報となります。
-------------------------------------------------
サイト名 みんなのアンテナまとめました
サイトURL http://kyutopinkutorumarin.seesaa.net/
-------------------------------------------------
それではご検討のほどどうぞよろしくお願いいたします。
失礼な文章になっておりましたら申し訳ございません。
突然のお願い大変失礼いたしました。

みんなのアンテナまとめました  管理人 長原
Posted by 長原 at 2012年07月26日 19:58
>LIBOR問題取り上げてくれんかのう 規模がデカすぎて何がなんだが分からんのです

ブルームバーグのニュースで連日取り上げられていましたね。面白そうなので時間があれば調べてみます。

>ODAの財源捻出のために、増税が必要です

( ゚Д゚)ハァ?
ちょっと後で国会質疑見てみます。
Posted by つるや at 2012年07月31日 23:09
こんにちわ。重箱の隅をつつく様なことですが
(`・ω・´) 国債利まりが7%でしたか。仮に民間への貸し出し金利が10%としたら、複利計算で7年で借金は2倍になりますね。
が国債利まりになっております
Posted by 霧島 at 2012年08月18日 01:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/282507608
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。