2011年11月06日

つるやさんと学ぶ人生哲学 【第二話、中編】

先回の話はこちら:http://kokkai-aa-yaruo.seesaa.net/article/230856064.html

1

         /\___/ヽ
        / ''''''    '''''' \      母に苛められ、兄弟に苛められ、
       │:::::::(ー),  、(ー) l       繰り返し繰り返し、「お前には努力が足りない」
       │/')   ,,ノ(、_, )ヽ、,,, │ +    と言われつづけた幼少期。
        /‐:::  `-=ニ=- ' /
      _,,,l ;! |:::______/     +
   , -‐'゙゛ i::..  | .ヽ/;ヽj! `‐-、_  +
   l     ノ::. .:|、 .ヽ,:ヽ|   <゛~ヽ、
  ,:''`` ''"゙.|;;:‐''゙|.ヽ、 ヽ;::|   /  .|゙l
  ,:     ヽ::il;;!  ヽ、ヽ|  /   | :|

2
         r'´ ̄`<二>'^ヽ
         !ハ : : : : : : : :r=ニ〈
           }ヒ.三三三三三三|
     ,.   -┴------------┴-- 、   身内は誰も庇ってはくれず、優しくしてもくれず、
    ∠: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :,. '´   14歳の頃、ついに耐えられなくなって、
.     `ー=__.|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|   +   私は家を飛び出しました・・・。
.         |   `-=ニ=-  .:::::::|  +
         \  `ニニ´  .:::::/
          ヽ ―――´ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\  `,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||::::: /::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丿;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::\::V::/:-―- l:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::゙'' レ::::::::::::::::!:::::|

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ



3
    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\         年代は1960年から1970年。
.  |(●),   、(●)、.:| +       時は、高度経済成長期。
.  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.  |   ´トェェェイ`  .::::::| +       各種公共事業によるインフラ整備が整い、
   \  |,r-r-|  .::::/     +    右肩上がりに経済は成長していきました。
,,.....イ.ヽヽ、`ニニ´ーノ゙-、.        /^)
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ iヽ __ ‐┘(
    |  \/゙(__)\,|  i |´⌒ )二  ト、

4
    /`ー──一'\
   ,r(●)(、_, )、(●)\    また、今のような学歴社会でもありませんでした。
  .|  '"トニニニ┤'` .:::|    
  .|   |   .:::|  .::::::|    氏素性の分からぬ、履歴書も書けぬ14歳の未成年でも、
  .|   ヽ  .::::ノ .::::::::|    仕事をえり好みさえしなければ、
   \   `ニニ´ ..::::::/     生活に必要な程度のお金を稼ぐことはできました。
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ーーノ゙ -、
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

5
    /\___/ヽ
   /ノ⌒'" `'ー-、::::\      といっても私の場合、1年以上長く
.  |  (●),、(●)、  .:| +   同じ職場で働くことはできませんでしたがね・・・。
.  |   ,. (,、_,、)、_  .:::|      
.  |   {,`ト===イ ,} .:::::| +    
   \  ヾニノ  .:::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

6
    /\___/ヽ 
   /''''''   '''''':::::::\     独り語りが長くなってしまいました。
  . |(●),   、(●)、.:| +   
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|     「就職に失敗して引きこもったやる夫くんを、
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +    どうしたら救えるか?」
   \  `ニニ´  .:::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.     元はこの話でしたね・・・。
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i     
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

7
    __/ヽ_∠L_
   /:::::::     ''''\     それについての私なりの回答をするのには、
  .|:::::::::    (●), |     まだ少し、私のことについて長く語らなければなりません。
  |::::::::      ,,イ_,`)
.   |:::::::::      ノ.-=ラ     手短にまとめると、”心”や”魂”が伝えられない。
   \:::::::      `フ      伝える能力を、私は持っておりません。
,,.....イ.ヽヽ::  、 -─'--、.    
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

8
    /\___/\
   /''''''     ''''''::\    話を、このまま続けてもよろしいでしょうか?
   |(●),    、(●)、.|
   |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:|    それと、質問などありますでしょうか?
   |   `-=ニ=- '  .:::::|
   \  `ニニ´ ._/
   (`ー‐--‐‐―/  ).|´
    |       |  ヽ|
    ゝ ノ     ヽ  ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


9
                / ̄ ̄\
               _,ノ ヽ、_   \   聞きたいことは色々とありますが・・・。
               (●)(● )    |   
               (__人___)     |   話を聞き終えてからにさせてもらいます。
                    '、        |    どうぞ、続けてください。
                |       |   
               | ,     /_.{    明日は休みなんで、何時間でも聴けますから。
               `ァニニ<//〉、__ __
               ,./ /\  / : : : : : : > : :\
            _/ /|イ:::::/∨. : : :l: : : : : : : : : : :.丶
          /. : : : :| ./`Y / : : : 」: : : /: : : : : : : : }
         ,´ : :/: : : :| i::::::|/ : :/: : : /: : : : : : : : :|
          { : :/. : : : :|/:::::/ : : : : : : : | : : : : : : : : : ,'
        / : :,' : : : : : |::::/ : : : : : r---く´ニ\: ヽ:ノ
       、'ーr,_| : : : : : :|:/ : : : : :_/二ヽ V: : : : ` :´
      / :./ ̄>< :./ : : : : :/ 二 ヽ_」┘: : : ∨}
     / : : :ム / : : : : ̄ ̄ ̄ ̄~゙''-ゝ.」: : : : : ∨ :}
    { : : : : : :\、 : : : : : : : : : : : : : : : :\. : : :∨ : :l
    ヽ: : : : : : : : ̄"\ : : : : : : : : : : : : : : : / : : :{


10
                         / ̄ ̄\
                         /_ノ  `⌒ \   ああ、注文の追加を。
              _           | (● ) (⌒ ) .|   
             | !        | (__人___)   |   久保田を二合と、
             | !        |  ` ⌒ ´   .|    枝豆に冷奴をお願いします。
             | !   ,.-,    |         |
           _,ノ ┴、/ ,/       ヽ       r   
          r `二ヽ ) i      ヽ _ 、___,   ト
           |  ー、〉 /     _,,,,ノr  `   /i\,,,,_
            |  r_,j j__,,.. r''''"/::;| \`'/   ,'::;;;r;;;;;;;;;;;;:: r ‐-、
            |   ) ノ ::::::::;;;;;;;/::;;;;|  /\  /::;;; l;;;;;;;;;;:: ::;;;;;;;:: ヽ
          ノニ-、 ,/::;;|:::;;;;;;;;;>::;;|/(::::ノ \/::;;;く;;;;;;;;;;;;:: i::;;;;;;;;;;;:: }
       √..:::;;; ヽ、〉;:;;|::::;;;;;;;;{ ::;;;;;|  "::く  /:::;;;;/;;;;;;;;;;;;:: |::;;;;;;;;;:. ノ }
        /..:::::;;;;;;;;;;;;;;;〉;;;;|::::;;;;;;;;;:{ ::;;;;| |:::::::| /:::;;;:/;;;;;;;;;;;;;:: |::;;;;;;;;;;;;;;;;:: }


11
               /\___/ヽ
              /::::''''''   '''''':::\   +  うっふっふ・・・腹が減っては
             |:::(●),   、(●) | +    戦はできませんからね。
             |::   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::|
             |::   `-=ニ=- ' .::::::|_ +   付け合せに『かけ蕎麦』もいかがですか?
            /_\::  `ニニ´  .:::/ `ー-、__サービスします。と、同時に私も頂きたい。
        ,. -‐'´.: : .:|!:.:ヽヽ、ニ__ ー ::|::...         ̄``ー-、
    _,. --r'´.:.:.:.::  ..:.:∧:.:.:.:  (__) ::::::::|:.:.:.:...    r       \
 r‐'´ _:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l |!:.::   ハ  ::: |;;;;:.:.:.:>....:.|:..       、 ヽ
:.:.:.:.::.´:.:.:.:.:.:.:.:\_____ヾ:.:.:.:.:.|  ∨ >:┴…'´ー‐-、|:.:.:.. \:   |:.:.: |、
:. /了:.:.:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:. ``ー-、L.. __〉.'"        \:.:.:.:.:.:.ヽ:.:./:.:.:/: \
/__/:.:.:./:.:.:.:/-、:.:.:...     __  .:Y´:: _,.     =ミ:.:\_;;;;;V;;;/ヽ  l
:.:.:.:.:.,.イ:.:.:.:.:.:ノ|! _}‐‐::.:.:.. ,r‐'´ ノ. . ::lr'´::"          :;;;|:.:.`ー'⌒  |  |
:.:.:.:厶;;辷==' /⌒|::.:_;. -'´...:/   :.:l!:.:::            :;;;;;|:.:.:    ',     ∧
:.::イ:.:.:.:´ `ヾ|::  レ'ヽ:.:.:.:/ .:.:.:.:.:.:.:.:.|!:.:.:...     rぅ...:.;;;;;:∧:.:.:.   ヽ.  |: \
:.:/:.:.:     :.:.|::/ /r─  ̄〉.:.:.:.:.:.:.人;;;;;;;;;,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;;;;/::∧:.:.:.:...... ヾ \
:.:.:.:.:.:   :.:/: :/.:.:/__ノィ' ̄〉‐一'´___  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄lヾ、:/ :::\_::::::.: . l|  :ヽ


12
                 /\___/ヽ
                /''''''   '''''':::::::\       仕事中ではありますが・・・。
               . |(●),   、(●)、.:| +     ご容赦を。
               |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|     
             .   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +     お恥ずかしいことですが、
                \  `ニニ´  .:::::/        自分の心を掘り下げる行為は、
         ,,.ィ'''フ''''=、r'"~ ヽ、   /i,, `ヽr''"`ヽ、ヽ、  ひどくカロリーを消耗しますので。
       ,r'"´ ノ"    )=、.,_ゝニノ,,..ィ'"´i       ヽ、
       (       ノ  ´ ̄ `Y"´            i
         )     __,,..         レ      _,,,,、       j、、
      r''ヽ. ,.ィ'''i"        J   ,,.ィ'"~  `'ヲ''ー-、ノ、 ヽ、
     / ,,.イ')'"  人        ,,l、        ノt   ) `ヽヽ
    /   /   / `ゝ、       人       ,,イ  jt、 ヽ    i
   f ,   ノ   /、   `ー--;::-ニ"_,ゝ=---‐''"    ノ ヽ、 ヽ  t、、
   )'  f   ノ ヽ、 r  、 f"   `i´ ̄` Y  `ヽ /   ゝ-,ヲ'''   )
.   ( ,.ィ''ーr"~    ヽj  ミi      !    j'   | /       ,r"    ft
   ノ、,ノ   ヽ,     `i  、〉、.__,人,___,..イ、,i" j''       (   ,ノ j
  ( t、    l      i  ヽf     Y    ,j,.  ,/      ) ,.イ´ ノ
  fヽ ヽ、   l      l ヽ、    .|   ノ ,. /     ,.イ '"ノ   ノ
  t i   l、.  t      l  、j`ー‐‐'`ー="レ' j'     // / ,/
  ヽ、 i、   i      l  ヽ  -ニ-  ノ  l     /,,,,ノ ,ィ/


13
                 /\___/ヽ
               /''''''   '''''':::::::\     普段はあまりこういうことはしませんが、
               |(●),   、(●)、.:|     今回は特別、ということで。
               |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|     
               |   `-=ニ=- ' .:::::::|     ::::::::::
        __ __  _ = ノ\  `ニニ´  .:::::/ ::= 、      :::::::::::
      /   `- 、 __ ,, 、 ,,`ー‐--‐‐―´::;;;;;;::; /  ̄ ` = - 、::::::::
    /^/      '~     "' ' i ''"~::::::::::: ::::ヽ、_ ;;;:::::::::  ヽ,:::
   / ::::  ::::;;::          ;;:=''''' ::::::::: :::::::::: ::::::::::::: :::: i::
   .i ::::::::::::::::::::: ::::::::: ::::  ::::::::::::::i  :::::::::::::::::::::::::::::: :: :::::::::: i:
   / `i-、, ,,/   /  '" :::::::::::i ::::::::::::::::::::::::::::::::::_,,,!--''''~`ヽ、
  /:::::::::::i \\ :::''" ::::::::::::::::::::::ハ、::::::::::::::::::::::::::::Y":::::::::ハ  :::::::::.
  ( ::::::::::ノ:::_ _i__ i__ __ __ _,, ,, 、、 - == - 、:::::::::::::::::::ノ:::::::::::ヽ.ヽ::::::::
  ヽ  / "     /   ::::::::::::::::::__,,,,、- - -="""""`ヽ、:::::::::::::::
  ) ノ:::::::::::: ::::::  :::::::::::::::::::::: __ノ~::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::: ヽ::::::::::::
  i:: ::::::::::::::::  ::::: ::::  :::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::: イ:::
  i::::::::::::: :::::::: ::::::::::::::::::/~- - - -、、_ ::::::::::::::::::::::::::` = -' :::::::::i::::
  ヽ__ __,r=''~~ '   ,、-'~ ::::::::::::::::i: :::::::`=、_:::::::::::::::::::::::::::::__ __ r'":::
     ヽ、__ __ _r=''"、 ト-= ー .-十 - - 、 _ ` = ;, __ _,, r -'::::::::::::::::
           i :::::::::i:::::::::::::::::::i:  ::::::::::::i:  i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           i ::::::::人:::::::::::::__i__ :::::::: ノ::  .i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


14
            / ̄ ̄\
          /   ⌒ ⌒    ええ、ありがたく頂きます。
.          |    ( ⌒) (⌒)   
            |    (___人__)   ダディさんも、お構いなく。
          |     ` ⌒´ノ    
             |        |    
           人、       |    
       _,イ ト、ヽ 、 __ ,_ ノ     
 ,. -─‐-´   l  ヽ,\__、_ノ7
/´        :i   ハヘ、;;ヽト、
. : .        :i   ハ 〉:.;〈ヽ \、_
, : : . \      :L__  v;;;;ヘ ' ,<. ヽ
. : : : . ヽ: .      く   '';;;;;ヘ l `l `-、
!: :    、: : : :     ヽ   '';;;;ヘi   i  r i
 .´: : : .  ' : : :      \   '';;;::|  ,| __| |
: : : : .  .γイ: .       ' .,  ':;;:|  l、__j.|


やらない夫の返答を聞いた、ダディは。


15
           ,ァ''''冖-,、                 ,,,
    ._、.,,,、    .|`    ,゚'r,       .,ll“'*r,、    ,,,#ll|e,~ly       .,,,
   : /: _,,,゚'・x,,,,: : :|      'q.lli、    ./''l゙: ,、 'll ,,,,〃|_.,| ,ト|!゙i,     ,,l|゙,,l'
  .pー“゛.゙゙'l; `.,ト │ ,i、 i、゙ド'┓   .゙l_|,,√.,ト、l, .lニrーッ!┨,| ,l|, 'l:  .,,lli,,,f゙゙,゙゙'y
  .゙l..・-,v-rl,,,ill:  ゚t,: | │゙l, ゙l .゙l、   .゙!l,llill゙.,,ド,l″  ,l゙.,".,ト,l゙.l`]  llle,,ll,l",,: 】
   '|, v,,,,,,,,,,."'《、  ゚r|,、ヽ.'l,ト  ゙L   .リ.゚'lダ!l°  ,√.'・"'廴~’  廴.,li,r゙゙_ill,
   ゚L.,,,,_ .,ァ.‐.゙レ,、 .゚゙[゚''゙'″ 丶 ゙'lq,、 │  : .〔  ,iケ   ..ll,   .,,l”゚゙/゙!ll゙_,ll
    .'トミllll】-'.,r~}.゙ヘ,,,, ‖ : _   . ,       :゚t,..,l°    ゙lト  ,,l″ .゙l
   ,ぃ,,,,,,,。∪'"./:    .゙|'”゙゚'[`|            .'lll,      .,ll,,,rぐ  .,,,ll゙
  .゚k--ry   .|  .,iil,“゚'か'",l  /\___/ヽ    .゙п@  .,,rlll゙°   ,l
   _,vー゚`   'l,  .'l,,,゙N┘.,l., /ノヽ       ヽ、  ゙l| .,,r・".,√   .,ll
  . lu--コ    ゙k 'l,"゚゙l゜,,lヴi/ ⌒''ヽ,,,)ii(,,,r'''''' :::ヘ『,,√ : ″    ..,ll
   .,,r'',,r| .,,   ゙゚ti,゙゙|,,,i,´  | ン(○),ン く、(○)く::| |,l°       .,√
   .'ur“: .lyl廴   `゚'!c廴  |  `⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒´ ::ll°      ,,,l
: ._    .'!l,,l,,,,,_   ゙|l.   ヽ ヽ il´トェェェイ`li r ;/  .,,i*jlilllタw,,、 .,r-=-r
'゙~``:''ヽ,,,,√   .~゚'、, .l,,gl.  ヽ  !l |,r-r-| l!   //、 ,,r"     ,レ'″   .li
、    .'《゙N,,,、    .゚'ll゙゙mr--  ヽ、 `ニニ´一/=`゙ニ-r/"     ,r'°     'l
゙l,、    l  `'私            ゙゙゚''l*゙^            ,rl゙゙゙゙≒,,,,,,,,,,,wll'
: ゙゚'━'#'┷x,_ .゙私,              l               ,il_,yー'''''''ー_、 |
   ,l′  ゚リh,,,,|l,               l゙              ,lll゙°      ゙''ll
ヽ-rf°      ,,゙゙%、             ,l、            ,,ll!e,、     ._,,,r
   ``':i、__,,,,,广  '゙l,,,,、     ._,,,wllll|,llli,,,,,,,,,,,     ._,,,llll″ .゚ラiぁwr='“`
      ` ̄ .゚l,、    ゙゚''*mii,,x'll゙″  ..ll"   `゙lllii,l,illllケ″   .,lヽ,,、
   ll|゙゙"゙゙'l,,,,,,,,lll,、     ,ll゙" 'l,,,,,,,,,,,,,illwrre,,,_,l°゙l、     ,!″ `゚''=x,,
   ゙ll,,|ト ゙|,、 `┓    確 : 'll"   .:ll    'l,r` .:l:     ,,l″: .___ ,,i´ ゙'l!
  .,,l゚ `   `゚X .゙|y    .喜.l,,l′   .l]  :  ,lr〜:li、  .,r''゚゚゙'lザ ゚゚̄'リ: .i、ll
 √゙,ll,、   ,,il!广,l゙'N,,_  .ll,トi,゙゙|__、 ._l,l,,__,,,l,,,,r ┃ ,r'°  .゚|,  : .,l゙.,,l、゙l
 ゙',l“.,,ll・,,i、,,n″  .|   ゙゙, ll ,,,゚ト ̄ ̄] ` ゙̄]゙` l',,it,、    l   :!!゚,i'l゛..》
  .゙'''l,,,,とill″   ,,i´   ゚!illl| `゚゙l    l゙    j|" .l゙゜ .゚゙l,,    .2    ,}゙|rll
     ”|゙‐'ll'ニrr″   _,,,,,lll廴.i,],,,,,,,,,,,,,il_,,,,,rll、 : |ト  ゙゙l,,《゙レ.,li,,,


手馴れた手つきで、注文と賄いを捌いていった。


16
〜ダディ&やらない夫、しばし小休止のお食事タイム〜
.
 i ̄ ̄ ̄)━━━━━|━|||||
 |  i/ ̄ ̄ ̄)━━━|||━||
 |   '/ ̄ ̄)    ||||||||
 \ ''  /T''     |||||||   /\___/ヽ   +
   ヽ    )      |||||| /''''''   '''''':::::::\   +   うっふっふ。
    )   /      ||||| .|(●),   、(●)、.:|       
   /|   |       ||||| .|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:::|    +   濃い目の鰹節に昆布出汁。
   / i    ノ       |||| .|   ´トェェェイ` .:::::::| +      それに秘伝の出汁を付け合せ。
  / \/ |       ||| -\   `ニニ´  .::::/        適度に加減した塩加減。
  /      | _____/'''"" |||    ヾ;;;;;;;;;  / ̄"''''ヽ     
 |      )''''      ‖    ヽ\  ノ       ヽ    やはり、私の作る料理は旨い。
 |         v    ||      |/|        ヾ
 |     ノノ   i   ‖     ソ ̄        /  i
 ヾ     ノ       ‖              /   ヾ
  \  ソ   _三------||----=ゞ二\.    /    i
   ゝ__ ("-''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''")  /     |
        ヾ\ ゑ ゑ ゑ ゑ ゑ ゑ  / \ '''''""""ヾ
          \           /     ) """""")


17
                     / ̄ ̄ \        ノノ
                   _,ノ ヽ、__   \     r~    
                (⌒ ) (⌒ )  _,-|、   ;'      実際その通りだから突っ込めない。
                 (__人___)  r' l |.lヽ   r'     
                    '、       l i | lニニ;:
                    |       l l, | l ノ__ _
                    |     /    /ィ   ヽ
              _ </ヽ__、_r'´   //   /  ヽ
          __ ,. <  / /} 人   r y        ',
       r´        j∧∧ /〈'--:´ Λ       l
      /          ヽ:ヽ__〉ハ    / ∨      l
    /    Y       `√:V ム___<  \    \ !
  /    \  i         〉::::| ∧       ∨     〉
/       \i         i::::::| ∧      ハ    |


18
   .,,,,。,
   .|  | _,,, ,
 l|'“゙" .⌒ |ζ ゚ヘ,
 .冖''i、 .イニ―コュ,,r"
 .,,r'"` ,,,--,,、 ゚く    .,i-''''二二゙''、
: ,i´ ,┐ .|._,,,, |  レ    ゙'''"    | !
: |, ゙'" ,||, `″ ,/      ,i--‐'゙,/
 ゙ヘ--r'" ゙'―ー''’       `'''^´
     , - 、
    / 、ヽ⊂!
    '┐ i'´     /\___/ヽ
     l  l    /''''''   '''''':::::::\
      !  l    |(●),   、(●)、.:|   +       食休みの
     l   l .  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|       +
     |    l   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +
     t    ’ヽ、\  `ニニ´  .:::::/     +
      ヽ、:.    \ヾ: 、 -゙ヾヽー、
       ヽ:..     ヾ:,. ':,.   ゙i::l,、゙ヽ
        \::... .::.:   .!::ヽ';   l:::::l . l
          :.  ::  ,/::::::゙i   ノ:::::::l  l
           i    /::::::::::`二:::::::::::::| ヽ
           i   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::ト
          i   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ゙、

19
  __    .,-、,,iニ-,、
  .| ゙}    | .|゚-ミリ′,「゙'',!     ,,.,,
  .| .| lニ二" 二,,コ  | .l      l、.゙l、
  .| .|     | |    | .|      l、.゙l
  .| .|  __} .|     l ゙l ,r、   . l .゙l
:  | .| ./┌‐i、 ,"ヽ,、  l ヽl  i     l-┘
: ゙..l,,〕 ヾ‐''_,/`゙'-"   ヽ  ,/
  ゙  ̄   ゙''''"
         /\___/ヽ
        /''''''   '''''':::::::\
       . |(●),   、(●)、.:| +           上下運動。
       |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
     .   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +
        \  `ニニ´  .:::::/     +
     ,..-'" .:. `ヾ:, 、 , -゙ヾヽー、
     ,i'     ';  ヾ:,. ':,.   ゙i::l,、゙i
     !     l   !::ヽ';   l/ !-!、
     ゙! :.    ゙ヽ,/::::::゙i   ノ,!  /
       !、 :..     l::::::::::`二-' ,ノ|
       ヾ、 :...     ̄ ̄   /:::::ト
       ゙i ヽ、、      /:::::::::::| ゙、
       ゙i ,.>、 ::... _,,./::::::::::::::::::!. ゙、
        y':::::::`'''' ̄:::::::::::::::::::::::::::|  ゙,
        |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|


20
〜小休止タイム終了〜
     /\___/ヽ
   //     ヽ:::\        
   .|(ー),   、(ー)、.::|        さて、腹具合も落ち着いたところで、
   .|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:::|         話を続けさせて頂きましょうか。
   .|   `-=ニ=- ' .:::::::|         
   \__`ニニ´  .:::::/         
   /    ヾ、 //  \ ヽフ
   ヽ_⌒)ハ //   | レつ||)    
  i⌒l ミ゚Д゚,,彡⌒)  ヽ_ノ  ̄
  |  | ヽ__"" ヽ_ノ|  |
  ヽ  ̄ ̄ ̄/ ヽ ヽ_ノ
    ̄ ̄ ̄ /  /ヽ__)
       (__ノ


21
         r'´ ̄`<二>'^ヽ
         !ハ : : : : : : : :r=ニ〈
           }ヒ.三三三三三三|
     ,.   -┴------------┴-- 、    『ここではない、どこかへ』
    ∠: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :,. '´    『本当の自分がいる場所へ』
.     `ー=__.|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|   +   
.         |   `-=ニ=-  .:::::::|  +   ・・・捜し求め、家を飛び出し、旅をしました。
         \  `ニニ´  .:::::/
          ヽ ―――´ノ         軽い財布の中身を常に心配し、
   _, 、 -― ''"::l:::::::\  `,、.゙,i 、        今日の食事、明日の食事の糧を得る為
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_     色々な仕事を行いながら。
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||::::: /::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丿;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::\::V::/:-―- l:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::゙'' レ::::::::::::::::!:::::|


22
                  /\___/ヽ
           r⌒ヽ、  / ''''''     ::::\     1970年、1980年・・・。
          / \ \|   (◎),  、(◎| +  
          _/ / ヽ  .|       ,,ノ(、_, )ヽ、|   +  私の歳は14歳から、20歳へ。
        〈__/  . |  |     ` -=ニ=- ' :| +     そしてすぐに30歳へ。
             /  \     i⌒\ / 
            ./   / ⌒ヽ, _.ヽ  .\
        .__   r  /     |/ー、\   \
       ."ヽ |  i,        ノ   .\^   i
         .| ヽ./ ヽ、_../   /     .  ヽ、__ノ
         .i /  //  ./
         .ヽ、_./ ./  /
             ./ /
           .ノ.^/   ダッ
           |_/


23
            ,ヘ           ,:ヘ.
          /: : \       /::  !
        /::::.....  \--―‐'.:.:::...  !
        /::::::                 ',     2011年の今、
        ,'::::                    i     振り返ってみれば一瞬ですが、
       .i::::      '''''''        '''''''   !     
       !:::.      (● ),    、(● )、 !  + 実に長い、長い旅でした・・・。
      |::::..         . ,,ノ(、_, )ヽ、,,    l
       i;::::..         ノ     、 ゝ   !
       ':;::::...       ー‐ ==イ    /.  +
        .\:::::.....       ヽ--‐'   /     +
         `ゝ:::::........      ....../
          ,レ─── 、    /
         _j_ ̄ ̄\\ \ /
        l   ̄ -- 、_ー 、 >
        /       \ ヽ、 \


24
          /\__/ヽ
         /''''''   '''''':::::::\       その旅は、青年時代の私の人生は――
         |(●),  、(●)、.::| +
        .|  ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
         |   ,rエエェ、  .::::::|     +
         \  ヽr-rヲ .::::/    +
      ,,.....イ.ヽ`ー `ニ´ ―ノ゙-、.
      :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
          |  \/゙(__)\,|  i |
          >   ヽ. ハ  |   ||

25
          /\__ _/ヽ
         /''''''  || '''''':::::::\
         |(●),__||_、(●)、.:| +    繰り返し
         .|_ ,,ノ(、||_, )ヽ、,,_.:::|
         |__,rエエェ、_.::::::|     +
         \  ̄ヽr-rヲ .::::/    +
      ,,.....イ.ヽ`ー `ニ´ ―ノ゙-、.
      :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
          |  \/゙(__)\,|  i |
          >   ヽ. ハ  |   ||


26
         /\__    _/ヽ
       /''''''  |   | '''''':::::::\
        |(●),_|_  __|_、(●)、.:| +  繰り返し
         |_ ,,ノ(、|__|_, )ヽ、,,_ .::::|
         |__,rエエェ、__.::::::|     +
         \  ̄ヽr-rヲ .:::::/    +
      ,,.....イ.ヽ`ー `ニ´ ―ノ゙-、.
      :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
          |  \/゙(__)\,|  i |
          >   ヽ. ハ  |   ||

27
       /\__          _/ヽ
     /''''''  |         | '''''':::::::\    呆れるほどに繰り返し
     |(●),_|_      ___|_、(●)、.:| +
      ̄|_ ,,ノ(、|_   _|_, )ヽ、,,_ .::::| ̄
        |__,rエ|__|エェ、__.::::::| ̄     +
         \  ̄ヽr-rヲ .:::::/ ̄   +
      ,,.....イ.ヽ`ー `ニ´ ―ノ゙-、.
      :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
          |  \/゙(__)\,|  i |
          >   ヽ. ハ  |   ||


28
       /\__       /\___/ヽ        _/ヽ
      /''''''  |     /''''''   '''''':::::::\         | '''''':::::::\    自他を傷つけて、
     |(●),_|_    |(●),   、(●)、.:|    ___|_、(●)、.:| +  自他の両方から嫌われる。
       ̄|_ ,,ノ(、|_    |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|  _|_, )ヽ、,,_ .::::| ̄
        |__,rエ|_ |   `-=ニ=- ' .:::::::|_|エェ、__.::::::| ̄     + 批判や侮辱を受ける。
         \  ̄ヽr | \  `ニニ´  .:::::/|-rヲ .:::::/ ̄         誰かから叩き潰される。
           ̄,,二.イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、  ̄ ̄ ̄
           /:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
           /    |  \/゙(__)\,|  i |
          /    >   ヽ. ハ  |   ||



29
      /\___/ヽ
     /       :::::::\       その頃の私の人間性は、
    .|          .::::|       
    .|  ''''''   ''''''   .::::|       「他人をバカにすることで、自分が偉い気分に浸る」
    .|(●),   、(●)、::::|       「努力しない自分よりも、
     \ ,,ノ(、_, )ヽ、,,.:::::/        更に努力してない他人を嘲り、束の間の優越感に浸る」
     /``ーニ=-'"一´\         というレベルの低さ。
   _/((┃))_____i |_ キュッキュッ 
.. / /ヽ,,⌒) ̄ ̄ ̄ ̄ (,,ノ   \
/  /_________ヽ..  \
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


30
         /\___/ヽ
   +   / ''''''   ''''''::::\      些細なミスを自分より賢い誰かに
       . | ,(●),   、(●)、| +    批判され、あるいは侮辱され、傷つき、恨む。
     +  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::|      
   +    |   `-=ニ=- ' .::::::| +    そんな痛い痛い行為の繰り返しでした。
        \.   `ニニ´  .::::/     +
.       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       .| 知っているが           |
   ,. -‐ '| お前の態度が            |
  / :::::::::::|   /  ̄/.       /      |__
  / :::::::::::::|.       / ―― / /     rニ-─`、
. / : :::::::::::::|    _/     _/ /_/   `┬─‐ .j
〈:::::::::,-─┴-、                      |二ニ イ
. | ::/ .-─┬⊃     じゃない        |`iー"|
.レ ヘ.  .ニニ|_____________|rー''"|
〈 :::::\_ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::::::: /::::::::::::|


31
                 ___   ____   ___
   /  ̄/   /  /       /       /       /
      /   /  /     /、     \/      /、
    _/     /    /  \      \    /  \
                                         |
                                         l
                                 /\___/ヽ
        :☆:                        /       :::::::\   心の許せる友は、
      .::* ◎.。     +                  |  ''''''   ''''''   .:::|   いませんでした。
+    .::彡彳*‡:*..                     |(●),   、(●)、.:::|
    .:+彡*★:ミ:♪:ミ。:, +                    |  ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:::::::|
   .:彡'゚‡,※゚.◎::▲:ミ,::..                  \ `-=ニ=- ' .:::::/
 +.,;彡*;▲彡゚*★::.ミ~:ミ+:..                    `ー`ニニ´-一´ヽ、
 ..*彡゚◎.从♪.:ミ,☆,゚〓:ミ:,,  +              /    _    l
 .:彡★*..☆,彡.:◆.ミ.+:◎,ミ。:..               /  ̄`Y´   ヾ;/  |
.:゚:彡彡彡彡彡彡ミミミミミミミミ::._________,|    |    |´  ハ
     ;■■■■;                      |    |    |-‐'i′l
      ■■■                       |__ |   _|   7'′
      .;■■■;...                        (   (  ̄ノ `ー-'′\
                                 ̄    ̄          \

32
       /\___/\
     /u゚⌒ ゚。 ⌒u ::\   
     | (●), 、 (●)゚u:|    「私を都合よく利用する知り合い」なら、
     | 。 ,,ノ(、_, )ヽ、,, 。 ::|    腐るほどいましたがね・・・・。
     |゚。 u ト-=-イ`゚u :::|    
     \ 。゚ `ニニ´。 u :/     
     /`ー -r-r 一''´\
    /`ヽ。゚ u /:ヽ  ゚u ハ
   /u゚  ,,   |:: | r--、 y |
   /   /    |:: | |__| | |
  (   k 。゚ O=.| ゚ u | |
   \   \   |:: | ゚ 。 | |


33
      /\___/ヽ
    //     \':\   フ……   +   そういった相手を、
     |(●),   、(●)、.:| +            親友だと思っていた時期もあった。
     |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:::|
    \ `-=ニ=- ' .:::::::|    / ̄\  +   不思議に思われるかもしれませんが。
    / \ `ニニ´  ::::ノヽ._/ .,へ/\
     L_i ゙ー――'´ //l三l /   `ヽ \
    l ―r‐、.   / / l三l ヽ.___.   `ー'
     ̄ ̄)ノ/ ̄ ./__/三/_____」 ̄ ̄)
        L_f ̄


34
        /\___/ヽ
       /''''''   '''''':::::::\       その相手の”言葉”に満たされ、慰められた。
      . |(ー),   、(ー)、.:| +     そんな錯覚を覚えた時期も、確かにあった。
      . |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:::|
    .   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +
        \  `ニニ´  .:::::/     +
        r‘==__,..-‐ (ノノ  ___
    // ̄ ゙̄、,,ノ ̄ ̄ ̄{,,ノ~ ̄|\ ,,  ヽ、
  /  {   |    i  、  ,,,;;〈: : :\ "" \
   ̄~~〉 '' "ヽ__ノ" レ "' "   } : : : | ̄~ ̄
     |_,,_,_,,__,_,,,_,ノ;_;_;_;ノ


35
                     /\
.        /\_ -──-   ヽ
.         /      三三     ‘,   代償として、私が支払ったコストは
       /  ( ● ) 三{ ( ●)     とんでもなく大きなモノでしたがね・・・。
.       ′       く__)     i
       |      _ノ 三 \   |
        、     ーニ二二ニ-   ′
       \   ┌───┐/
         入_| 特価 │
.        /   ! 五銭  |
       /  i  |_____{.
        /   .|   |   | |
.       /    |  !    | |


36
    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\      「オレにはお前が必要なんだ」という”言葉”。
  . |($),    、( $)_.:| +    その”言葉”は、ひどく媚惑的で魅力的です。
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +     
   \  `ニニ´  .:::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


37
    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\     「ありがとう、お前のお陰で助かったよ」という”言葉”
.  |(●),   、(●)、.:| +   その”言葉”も、ひどく媚惑的で魅力的です。
.  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.  |   ´トェェェイ`  .::::::| +
   \  |,r-r-|  .::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、`ニニ´ーノ゙-、.        /^)
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ iヽ __ ‐┘(
    |  \/゙(__)\,|  i |´⌒ )二  ト、


38
    /\___/ヽ
   /ノ⌒'" `'ー-、::::\      その”言葉”が欲しくて、頑張った事も多々ありました。
.  |  (●),、(●)、  .:| +   ・・・まあ、長続きはしませんでしたがね。
.  |   ,. (,、_,、)、_  .:::|      
.  |   {,`ト===イ ,} .:::::| +    
   \  ヾニノ  .:::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


39
    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\     さて、やらない夫さん、何故かわかりますか?
☆─ >,    、(●)、.:| +
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|     こういう類の”頑張り”、つまり”努力”が、
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +    長続きしない理由が。
   \  `ニニ´  .:::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


40
                  / ̄ ̄ \
                  __ノ `⌒   \     ・・・・・・・・・・。
                    (●).(● )    |
                 (__人___)    |
               , =二ニニヽ、   |
             /  二 ヽ、`,┘   ト、_____
             /   -、 }、j┘  イ// : : : .`' ー- 、
              /    /{_/ニニ,´>/ : : : : : : : : : : :ヽ
           _/___ ノ : 「r{::::ヘ  / : : : : : : : : : : : : : : '、
          / : : : : :ヾミ : :.i r:::', y : : : : : : : : : :/ : : : : : :'
          : : : : : : : :/ : : i .i:::::i ,i : : : : : : : : : r : : : : : : : :i
        ,' : : : : : : : / : : : :i i::::::ii: : : : : : : : : : :| : : : : : : : :|
        ,' : : : : : : : ハ : : : :',i::::::ii : : : : : : : : : :.| : : : : : :/|
        ,' : : : : : : : /. :ハ : : : :',::::::|: : : : : : : : : : :| : : : : : : : :|
      / : : : : : : :./ :/ V: : : : ',:::|: : : : : : : : : : :| : : : : : : : :|


41
             / ̄ ̄\
            / ノ     ヽ    
            |  (●)(●) |    ・・・オレには、見当もつきません。
            |  (__人__) |
            |   ` ⌒´   |
            ヽ        }
          __,, -ヽ     ノ -、
         /⌒ヽ  | \>くヘl ヽ \ .
         {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }
        {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ
   _,,.-‐''" |::::::::  ヽ--、 \ >--'⌒ヽ::.  }
   || |_,,.ィ'|::::.....   }_,,.-‐''"~ヽ_,,.-し'::  )_,
   || | || !::   /      .::ノ::::::::::.  ノ
   || | || _ヽ,, .;:::   _,,.-‐''"ー''--'' ̄
   _,,. -‐''"  `ー---''"


42
    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\       不快な言い方をあえてしますが、分からないのは、
  . | ,:=・=:、  ,:=・=:、,、.| +     やらない夫さんがエリートだからでしょうな・・・。
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|     
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +     
   \  `ニニ´  .:::::/     +  
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.      
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i      
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


43
                 (   過去も今も、貴方の置かれている環境は、
                  )    余りにも健全であるのでしょう。
                 (  
                  )   幼少期、愛されて育ったような恵まれた人間は、
                 (   そういう弱い人間の芯のところは、きっと理解できない。
                  .)  
        /\___/ヽ  .(   貴方はそういう意味では、無駄に強い。強すぎる。
       /       :::::::\ 〜、_       _(
     |           .::::|     `,〜〜〜´
     |  ''''''   ''''''   .:::|
    `  |(ー),   、(ー)、::::|
.     ` \ ,,ノ(、_, )ヽ、,,.::::/
       `i`ーニ=-"┬''´
        /  丶. i  |
       ./ 丶、_)|_ノ|_
       .|  ̄ヽ._  ´  ヽ
       ヽ、 _/´`ヽ   /
         ̄     ̄ ̄


44
                   / ̄ ̄ \ -、_
                _,ノ ヽ、__   / / ,〉、     
               (=)(= )/ ´/ /)     耳が痛いな・・・。
                   (__人_) {    , ' ´,/
                '、`⌒ ´  V __, <´      相手がダディさんじゃなきゃ、
                 |     〈´/::::Λ      適当に聞き流していると思います。
                 |       ヤ::::::::::::::Λ
                `ュ`ー─ー V::::::::::::::Λ
                /ム _ , -./V::::::::::::::Λ、
              _,. -/:/:::ハ ,/´..::/i:::::::::::::::::::Vヘ
          //./.:::/:::l y .::::::/::::i::::::::::::::::::.∨}
          j ::::::::>.:::/:::::l ./ .::::::::::::::::i::::::::::::::::::::レ;
         i :::r :〈 ::::i::::::::レ .::::::::::::::::::::〉、:::::::::::::::::ノ
           i :::| :::::'., :i::::::/.:::::::::::::::::::::::::::`::-==::イ
            | :::| ::::::::', :i::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/


45
    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\      うっふっふ。
.  |(●),   、(●)、.:| +
.  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|      私は意地悪な人間なんですよ。
.  |   ´トェェェイ`  .::::::| +
   \  |,r-r-|  .::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、`ニニ´ーノ゙-、.        /^)
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ iヽ __ ‐┘(
    |  \/゙(__)\,|  i |´⌒ )二  ト、

46
      /\___/ヽ
     /ノヽ      ヽ、       『努力している人間”は”素晴らしい』
    / ⌒''ヽ,,,)ii(,,,r'''''' :::ヘ        という世の中の風潮も、
    | ン(○),ン く、(○)く::|  |`ヽ、   私に言わせれば強者の論理です。
    |  `⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒´ ::l  |::::ヽl
.   ヽ ヽ il´トェェェイ`li r ;/  .|:::::i |   その論理は、弱者を容赦なく殺してしまう。
   /ヽ  !l |,r-r-| l!   /ヽ  |:::::l |   私の大嫌いな論理です。
  /  |^|ヽ、 `ニニ´一/|^|`,r-|:「 ̄
  /   | .|           | .| ,U(ニ 、)ヽ
 /    | .|           | .|人(_(ニ、ノノ


47
    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\     失礼しました。
  . |(●),   、(●)、.:| +
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|     さて、『努力が長続きしない理由』ですが、
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +    単純です。
   \  `ニニ´  .:::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


48
    /\___/ヽ
   /ノ⌒'" `'ー-、::::\      
.  |  (●),、(●)、  .:| +   『疲れるから』です。
.  |   ,. (,、_,、)、_  .:::|      
.  |   {,`ト===イ ,} .:::::| +    
   \  ヾニノ  .:::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


49
    /`ー──一'\
   ,r(●)(、_, )、(●)\    「よく頑張ったな」とか、「お前は凄い」とか、
  .|  '"トニニニ┤'` .:::|    「お前のお陰で助かっている」とか・・・。
  .|   |   .:::|  .::::::|
  .|   ヽ  .::::ノ .::::::::|
   \   `ニニ´ ..::::::/
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ーーノ゙ -、
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


50
    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\    言われてみると、とても嬉しい”言葉”です。
.  |(●),   、(●)、.:| +  それは言われた側が、強い・弱いに関わりません。
.  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.  |   ´トェェェイ`  .::::::| +
   \  |,r-r-|  .::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、`ニニ´ーノ゙-、.        /^)
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ iヽ __ ‐┘(
    |  \/゙(__)\,|  i |´⌒ )二  ト、


51
               +      +
   m n _∩          +      +  ∩_ n m
  ⊂二⌒ __)  +  /\___/ヽ +    ( _⌒二⊃
     \ \    /''''''   '''''':::::::\    / /
       \ \  |(●),   、(●)、.:|  / /   しかし弱い人間にとって、
        \ \.|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::| / /     その”言葉”は”麻薬”となる。
          \  |   ´トェェェイ` .:::::::|  /
           \\  |,r-r-| .::::://        ・・・容易に、自分を見失う。
             \`ー `ニニ´‐―´/
             / ・    ・ /


52
    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\     その”言葉”の芯にあるのは、常に”他人”
  . | ,:=・=:、  ,:=・=:、,、.| +   自分ではなく、他人。
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +    これはとても、危険なことなのです。
   \  `ニニ´  .:::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


53
    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\      過去の私は、青年期の頃の私は、
  . |(○),   、(○)、.:| +    他人を心の軸に置いていた。
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|      
.   |   `トェェェイ ' .::::::::| +    「母親でも、兄でもない、他人」がかけた”言葉”を、
   \  `ニニ´  .:::::/     + 「母親や兄達」の”言葉”と、同列に扱っていた。
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


54
      /\___/ヽ
    / ''''''   ''''''::::\ +
   .| ,(◎),   、(◎)、| ||    『他人の為に頑張る』
  + |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::| ||    『自分の心身は磨耗してもいいから、他人に尽くす』
  .ハ   `-=ニ=- ' .:::::|u))   
    \__`ニニ´_.::::/;:::l
   />::/:|ヽ/▽ヽ|::ヽ:::_ノ
   |::::|::>:|   ハ |::く:.!
   |::::|::::ヽ|  リ |:/::|
  ._(_ u、_|=ii=回=|:::::|
  |ニニニニl||:::::::::|.:::::::T
  |._____|::::::::::|::::::::|
      ( ̄ ̄ ̄)  ̄)


55
      ,, -─-∧
    /    ─ \      
   /   (●)   ヽ     
   |   , -''(、_,.)   | >  疲れてしまいます。
   ヽ ( (´\ ( (●)/
  / \ヽ`ニ´ ノ  /
 /    `ー- 、一''
 |  |     、 |


56
     ∧-─-、
   / ─    \     『自分の心身は磨耗してもいいから』
  /   (●)   ゙i     
< |   (、_,.)''ー 、   |    ・・・一見、崇高に見える考えですが、
  ゙i(●) ) /`) ) /    心身を磨耗し続ける行為など、長続きしません。
    \   ヽ `ニ´ノ/\
    `''ーr -一''´   ゙i
       | 、.     |  |


57
       ∧-─-、
     / ─    \ 
    /   (●)   ゙i   自己犠牲の精神。
  < |   (、_,.)''ー 、   |   それは長期的に見れば、非常に無責任な精神です。
   ゙i(●) ) /`) ) /
    \   ヽ `ニ´ノ/    磨耗して擦り切れて短期間に死んだのならば、
     `''ーr -一''゙i      誰かがその、抜けた穴を補填しなければなりませんから。
       (⌒`::::  ⌒ヽ
        ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
         ヽー―'^ー-'
          〉    │


58
       ./\___/ヽ
   +  //     ヽ:::\   しかし”卑怯者”は、実に巧みに、
  .    |(ー),   、(ー)、.:|   この手の”言葉”を駆使して、自分に都合よく、都合よく、
    + |// ,,ノ(、_, )ヽ、,//.::::|   他人から搾取をしようとします。
 +    |   `-==-イ'  .:::::::| 
      \_ `ニニ´_.::::/
        /⌒ヽ     ィヽ_
        /  、    、   〆ヾ ̄ `i
      /  /     ゙   lヾ_ ,|ヽ─ヘ
      /  /l         `、´/     ヽ
     /  / ヽ  ,____   `  ,ヽ  ヽ
   -─ヽ イ_ ヽ /     ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ Y   ゝ‐-、
  ( _i _i_ト、__)  ヽ、___⊥____ノ 「___ノ


59
          /\___/\
        /、-―' ゙、ー- :::\   「お前が頑張らないと、オレに迷惑がかかるんだ」
          | (◎), 、(◎)、:::|   「先週はあんなにやったのに、今日はできてない。何でだ」
          |  ,,ノ(、_, )ヽ、,, ::|   「お前を頼りにしているのに、何でお前は期待に応えないんだ」
          |    ;‐=‐ヽ、 .:::::|
        \  `ニニ´ .:::/
        /⌒ヽ   ー‐    ィヽ_
  ミ ミ ミ /  、     、  〆ヾ ̄ `i
   -─´⌒ヽ_/      ゙  lヾ_ ,|ヽ─ヘ
  ( _i _i_ト、__)l         `、´/     ヽ
  l||l 从/  / ヽ  ,____   `  ,ヽ  ヽ
 ヾ -─ヽ イ_ ヽ /     ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ Y   ゝ‐-、
  ( _i _i_ト、__)  ヽ、___⊥____ノ 「___ノ


60
     /\___/ヽ
   //     ヽ:::\     「オレに迷惑がかかる」
   .|(ー),   、(ー)、.::|     「もっとちゃんとしろ」
   .|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:::|     「お前はオレの期待に応える義務がある」
   .|   `-=ニ=- ' .:::::::|
   \__`ニニ´  .:::::/     ・・・実に、利己的で、鬱陶しい。
   /    ヾ、 //  \ ヽフ
   ヽ_⌒)ハ //   | レつ||)
  i⌒l ミ゚Д゚,,彡⌒)  ヽ_ノ  ̄
  |  | ヽ__"" ヽ_ノ|  |
  ヽ  ̄ ̄ ̄/ ヽ ヽ_ノ
    ̄ ̄ ̄ /  /ヽ__)
       (__ノ


61
      /\___/ヽ
    / ''''''   ''''''::::\ +    毎日、毎日、どこかの誰かの為に仕事をして・・・。
   .| ,(◎),   、(◎)、| ||    たまにかけられる、”言葉”で浮き沈みする。
  + |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::| || 
  .ハ   `-=ニ=- ' .:::::|u))   ”努力しないお前に価値はない”という
    \__`ニニ´_.::::/;:::l    ”言葉”は脳に刻み付けられ、
   />::/:|ヽ/▽ヽ|::ヽ:::_ノ    いよいよ不動の信念となる・・・。
   |::::|::>:|   ハ |::く:.! 
   |::::|::::ヽ|  リ |:/::|
  ._(_ u、_|=ii=回=|:::::|
  |ニニニニl||:::::::::|.:::::::T
  |._____|::::::::::|::::::::|
      ( ̄ ̄ ̄)  ̄)


62
    /\___/\
   /''''''     ''''''::\     『私が病気になって動けなくなった時、
   |(●),    、(●)、.|     私が奉仕し続けた人は私を気遣ってくれるだろうか?』
   |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:|
   |   `-=ニ=- '  .:::::|     『私が貧困にあえいだ時、私が奉仕した人は、
   \  `ニニ´ ._/      金銭的な援助をしてくれるのだろうか?』
   (`ー‐--‐‐―/  ).|´
    |       |  ヽ|
    ゝ ノ     ヽ  ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


63
    /\___/ヽ
   / --=  、_:::::\
  .| (●),ン く(●) 、.:|     答えは、いつも”ノー”でした。
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:::::|
  | ト┬┬┬┬┬イl:::|     ・・・私の家族を含めてね。
  .|.├┼┼┼┼┼┤:::|
   | ヽ┴┴┴┴┴ヘ :|
   .\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::/
   /`ー‐┴‐‐―´\


64        、_
       |_'''''' ̄ ''''''_ ̄!
      /(●)  (●) ヽ   深い、深い傷が心に刻まれていました。
      ,゙  ,,ノ(、_, )ヽ、,,  |   その痛みを和らげる為、多くの人を傷つけました。
       {  `-=ニ=- '    !
 ∩    ヽ, `ニニ´   .ノ   「オレを批判するな!」と。
л hn_‐''´ `   ̄ ´ ヽ    「オレを傷つけたな! 許さん、傷つけてやる!」と。
ゝ....___ , .. イ      l |   
        {       | |
     ,、 '"       ゙、 ヽ
    (  ‐ 、____,.  Y"
     ` ー‐┘  〈_ ,,ノ


65
                          /ヽ
                      _,.,./  'i,
             く ̄ ̄`゙""~ ̄  /    'i,
               ヽ、             i!+      ところが実際のところは、
                 ,i'             'i,  . +   私を批判しているのは私自身。
                i   ''''''    ''''''     i!       私を傷つけているのも私自身。
             + . l  (●),   、(●)、   i!.   +  
                   'i,   ,,ノ(、_, )ヽ、,,    ,/'      誰も私を、攻撃してはいなかった。
               .  ヽ.,  `-=ニ=- '   /'     + ・・・まぁ、私の家族は別でしたが。
                  ゙''ァ `ニニ´   "ヽ,
                   /i,         'i,
                    /,/'      `i,   'i,
                  i/'        'i,    'i,
               _,.,./'          'i,    'i
             γ´ ̄         γ⌒ヽ  ヽ,_,.ノ
             i,       _,.,,.,._,i'     ,i'
             ヽ.,_.,., -''"    ,l,    /
                       ヽ.,__,.ノ


66
    /\___/\
   /''''''     ''''''::\     
   |(●),    、(●)、.|     「心に劣等感を抱え、他人を貶めることで気分が良くなる」
   |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:|     青年時代の私は、そんな人間でした。
   |   `-=ニ=- '  .:::::|
   \  `ニニ´ ._/
   (`ー‐--‐‐―/  ).|´
    |       |  ヽ|
    ゝ ノ     ヽ  ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


67
    /\___/\
   /''''''     ''''''::\     まともな人は、関わりたいと思うはずがありません。
   |(へ),    、(へ)、.|
   |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:|     低劣な人間の周りに集まるのは、
   |   `-=ニ=- '  .:::::|     互いに傷を舐め合って世の中の不満を言う輩や、
   \  `ニニ´ ._/      劣等感を利用して、自分の都合よく働かせるような輩。
   (`ー‐--‐‐―/  ).|´    
    |       |  ヽ|
    ゝ ノ     ヽ  ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

68
  /\___/\
/ /    ヽ ::: \
| (●), 、(●)、 |        ”卑屈で尊大な人間”もしくは、”卑怯者”だけです。
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |
|   ,;‐=‐ヽ   .:::::|
\  `ニニ´  .:::/     
/`ー‐--‐‐―´´\
       .n:n    nn
      nf|||    | | |^!n
      f|.| | ∩  ∩|..| |.|
      |: ::  ! }  {! ::: :|
      ヽ  ,イ   ヽ  :イ


69
         /\___/ヽ
        / ''''''    '''''' \
       │:::::::(ー),  、(ー) l      『他人の為だけの努力』は、疲れるんですよ。
       │/')   ,,ノ(、_, )ヽ、,,, │ +
        /‐:::  `-=ニ=- ' /      ”他人の評価を心の軸に置いた努力”は、
      _,,,l ;! |:::______/     +   例外なく人間を消耗させます。
   , -‐'゙゛ i::..  | .ヽ/;ヽj! `‐-、_  +
   l     ノ::. .:|、 .ヽ,:ヽ|   <゛~ヽ、
  ,:''`` ''"゙.|;;:‐''゙|.ヽ、 ヽ;::|   /  .|゙l
  ,:     ヽ::il;;!  ヽ、ヽ|  /   | :|


70
    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(○),   、(○)、.:| +     うつ病になるか、それともブチ切れて怒りを振りまくか、
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|        あるいはそっとその場から逃げ出すか・・・?
.   |   `トェェェイ ' .::::::::| +
   \  `ニニ´  .:::::/     +  いずれにせよ、破綻します。
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


71
          /\___/ヽ
         / '''''':::::     \    『他人の為だけの努力』は。
        |)  、( ●).:::::::::+::::::::|
        |( _ ,)ヽ、,, .::::::::::::::::::::::|
        `=ニ=- ' .::::::::::::::::::::::|+ 
          `ニ´ .:::::::::::::::::::+/
          `'ー‐---‐一'´
        ▼/ ̄      ̄ ̄)____
      〃(⊥) ´/    / ̄ ̄/ /   〃 ⌒i
  ___i /⌒\./    /∧ ∧し'__|;;;;;;;;;;i



72
        / ̄ ̄\
      /      \.........:::::::::::...          『他人の為の努力』は、してはいけないと?
      |::::::: :      | .... .........::::::::::...r‐ ' ノ.   
     . |:::::::::::::     | .... .........::::::::_ ) (_
       |:::::::::::::      |.. ..... ......:::(⊂ニニ⊃)
     .  |:::::::::::::::     }  ..... ......: ::::`二⊃ノ.
     .  ヽ____    }  ..... ......: :::: ((  ̄
        r'ニニヽ._\. ノ.. ..... ......: ::::::  ;;.
      r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、.
    /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ
 .   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ
   | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ
 .   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
    |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´
 .   |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l/⌒ヽ: :〉


73
    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\       他人の為”だけ”の努力です。
☆─ >,    、(●)、.:| +     そこを履き違えてはいけません。
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|       その行為には、「他人に褒められるための努力」も含まれます。
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +     
   \  `ニニ´  .:::::/     + 我々人間は、自分がない状態で
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.      幸せに生きていけるように作られてはいません。
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


74
               /  ̄  ̄\
                 , '       \
             |         |   なるほど・・・。
                | .        |
               |         |   難しいもんですね・・・。
             |         ,
                ',         ,.
              ヽ_,'________r
                  /:::::::::::::::::::ト,
                /  ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ;,、_
            __,,./"" :::::::::::::: ' ,:::::::::::::ヽ,、
       / ..::\ ..:::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::: !:::ヽ
      / .::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::: i::::::.`
      l ;ノ:::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::: !::::::::::i
     く  :::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::: イ::::::: {
        l ::::::::::::::::ヽ;;|:::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::: |:::::::::
      l  ::::::::::::::::::: 〉::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::: |:::::::: i
        l| ::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::: |::::::::: |
      l ::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::i.:::::::::::: |:::::::::: i

やらない夫はひとつ頷き、酒の入った徳利を静かに傾けた。

後編、もしくは中編Uに続きます。
続きにご期待くださる方、この話を面白いと思われました方は、下のバナーをクリックしてくださると嬉しいです。
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

第二話・後編へ



※下記アフィリエイトは、今回の話を作るにあたっての参照文献の一つです。「自分が弱いことを認め、強くありたいという意志を持つ」という段階にたどり着いた人向け。ひたすら自己嫌悪している方に対しては、自分の心の柔らかいところを見させられるため、刺激が強すぎるかと思います。



ラベル:つるやAA劇場
posted by つるや(国会AA職人二代目) at 20:52| Comment(10) | TrackBack(0) | つるやAA劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ
つるやさん。お元気してますか?
まず人生哲学2話中編を投下していただきありがとうございます。

今回の話を聞きキェルケゴールの
死に至る病を思い出しました。
その中に怒りの絶望というものがあります。
それは自分は被害者であり
他人を攻撃しても良いと信じ込むそうです。

もしかしたら一時期ダディさんも
この絶望にとらわれていたのかもしれませんね。

次回も楽しみにお待ちしています。
ではまた。

Posted by チャ at 2011年11月06日 21:36
更新お疲れ様です!
時事ネタ解説も好きですが、哲学シリーズも好きです。

自己犠牲的な考え方は確かに続かないですね。
それに浸っちゃって自分で勝手に気持ち良くなってる部分あったかなと
ちょっと自問自答して自分と他者について考えさせられました。

後編も楽しみにしています!
季節の変わり目、体調にはお気を付けてお過ごしください。
Posted by at 2011年11月06日 23:06
人生哲学シリーズ、凄く楽しみにしています。
(勿論経済・政治のブログも楽しみにしています。)

ところでつるやさんは加藤諦三さんの言葉を
日想シリーズで挙げられることがたまにありますが
こういう関連でのお勧めの著者や書籍も興味があるのですが
どうでしょう?

自分がダディの語っているようなことが
人ごととは思えないんですな。
今、頑張ることに限界を覚えて休憩中ですので。
Posted by NMS at 2011年11月07日 01:18
上手く言えませんがとても好きです。
何だか自分に重なっている気がします。
つづきを楽しみにしています。
明日は立冬です。
寒くないように温かくしてお過ごしください。
Posted by at 2011年11月07日 14:29
お久しぶりです。
このエントリを読んで、自分にもまだまだ甘い部分がいっぱいある、むしろ甘い部分ばかりだと再確認しました。
このままダディさんの教えを待っているだけでは悔しいので、問いの答えを自分なりに考えて、もう少し煮詰めてみようと思います。
まだ早いかも知れませんが、参考文献も見てみますね。
Posted by TY at 2011年11月07日 17:56
初めまして、いつも楽しく拝見させていただいてます
今回の話しは非常に深いですね、心と行動理念の根幹を描いている様に見えます
参考文献も気になるので時間ができたらちゃんとここのリンクから購入させて頂きます

話は飛びますが心からの賞賛の"言葉"は弱いもの・強いもの問わず凄まじい麻薬です
これを上手く使える人が上に行くのだと自分は勝手に信じています
Posted by at 2011年11月07日 23:49
深いですね。

若造ながら考えさせられます。
私は弱者なんざ(伏せ字)してしまえと
思っているタイプなのでなんともですが、

ダディさんに幸あれです。
Posted by tonakai at 2011年11月08日 20:13
長らくコメント放置する形になってしまい、申し訳ない。この話を作るのは、色々と精神的なエネルギーを消耗してしまうので、冷静になるまで間を置きたかった。

>もしかしたら一時期ダディさんも
>この絶望にとらわれていたのかもしれませんね。

このダディさんですら、成人となり、やらない夫と語っている今も尚、独りになるとふと思い出す、そういうレベルです。赤ん坊から中学生までの14年の歳月、青春は、二度と迎えることができませぬゆえ。

それでも尚、「前に進む」ことを「決断」した。そこが、ダディがダディクールとなった所以です。

>自己犠牲的な考え方は確かに続かないですね。
>それに浸っちゃって自分で勝手に気持ち良くなってる部分あったかなと
>ちょっと自問自答して自分と他者について考えさせられました。

お酒みたいなものですねー。種類によりますが、飲み過ぎると肝臓にも悪いし、二日酔いします。

>何だか自分に重なっている気がします。

私にだって重なってますからw
うつ病が蔓延する現代社会、多かれ少なかれ、こういう風に自分を見失うような環境におかれた人は多いのではないか、と。そう思います。

>つづきを楽しみにしています。

ありがとうございます。

>TY氏
お久しぶりです。
まー、焦らずに、「going my way」で進めばいいとだけ。それと、自分が決断した何かや、自分が欲しいと思っている何かに対して引け目を感じる必要はないと思いますよ。
この世にいる真に立派な人間は、皆、「適当な」ところを有しています。

>今回の話しは非常に深いですね、心と行動理念の根幹を描いている様に見えます
>参考文献も気になるので時間ができたらちゃんとここのリンクから購入させて頂きます

どもー。「加藤諦三」でぐぐると、氏のHPがヒットします。為になる格言がいっぱいあり、何しろ無料で見られますので、お勧めです。

>話は飛びますが心からの賞賛の"言葉"は弱いもの・強いもの問わず凄まじい麻薬です

「心からの」と言うところがポイントですね。それについては、第三話(もう先に作ってしまった)で少しだけ書いたつもりです。
それを糧にするためには、やはり自分の芯を維持できないと、と思っています。

今回もご好評なようで安心しました。
次回は未定ですが、月末までには投下したいと思っています。乞うご期待。
Posted by つるや at 2011年11月08日 21:07
この哲学シリーズ好きです!
ゆっくりと完結するのを待ってます!
Posted by at 2011年11月11日 23:41
 『自分の心身は磨耗してもいいから』
・・・一見、崇高に見える考えですが、心身を磨耗し続ける行為など、長続きしません

あいつのおかげの辛い毎日も、あいつさえいれば平気ってちょっと矛盾してるんじゃないの(愛じゃない bySURFACE)じゃ駄目ですよね
人間はえてしてそういう自己陶酔に陥りますが
Posted by at 2012年08月18日 05:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。