2011年10月17日

つるやさんと学ぶ人生哲学 【第二話、真の前編】

先回の話はこちら:http://kokkai-aa-yaruo.seesaa.net/article/230715058.html

1/71
    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\     
  . |(●),   、(●)、.:| +  では私も、肩の力を抜いてお話をしましょう・・・。
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|     
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +    私の「恥」を暴露することになりますが、
   \  `ニニ´  .:::::/     + きっと、何かのヒントになるはずだ。
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


2/71

そう言うと。


    /\___/\
  /        ::\
  |  ─   ─   |
  | (●), 、 (●)、 |
  |  ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
  \   r‐=‐、  .:::/
  /`ー `ニニ´一''´ \


ダディは、静かに目を閉じた。

    /\___/ヽ
   /:::::::       \
  .|:::.   ''''''   ''''''  |   
  .|::::.,(一),   、(一)|
  .|::::::: ノ ,,ノ(、_, )ヽ、,, |
   \:::::.ヽ`-=ニ=- ' /
  /   `一`ニニ´-,ー´

自分の歩んできた道。

これまでの人生を、振り返るかのように・・・。


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


3/71
               /  ̄  ̄\
                 , '       \
             |         | 
                | .        |
               |         |
             |         ,
                ',         ,.
              ヽ_,'________r
                  /:::::::::::::::::::ト,
                /  ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ;,、_
            __,,./"" :::::::::::::: ' ,:::::::::::::ヽ,、
       / ..::\ ..:::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::: !:::ヽ
      / .::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::: i::::::.`
      l ;ノ:::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::: !::::::::::i
     く  :::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::: イ::::::: {
        l ::::::::::::::::ヽ;;|:::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::: |:::::::::
      l  ::::::::::::::::::: 〉::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::: |:::::::: i
        l| ::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::: |::::::::: |
      l ::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::i.:::::::::::: |:::::::::: i


やらない夫は、聴くことを焦らない。

この尊敬すべき漢が語り始めるまで、背筋を伸ばし、呼吸を整え、静かに待った。


4/71

         r'´ ̄`<二>'^ヽ
         !ハ : : : : : : : :r=ニ〈
           }ヒ.三三三三三三|
     ,.   -┴------------┴-- 、     ご覧の通り、私はいわゆる、
    ∠: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :,. '´      団塊世代の人間でしてね。
.     `ー=__.|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|   +
.         |   `-=ニ=-  .:::::::|  +    戦後を少し過ぎた頃に産まれました。
         \  `ニニ´  .:::::/ 
          ヽ ―――´ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\  `,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||::::: /::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丿;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::\::V::/:-―- l:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::゙'' レ::::::::::::::::!:::::|


5/71
    /\___/\
   /''''''     ''''''::\           とても、混乱した時代でした。
   |(●),    、(●)、.|
   |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:|           「日本は戦争をした」これは事実です。
   |   `-=ニ=- '  .:::::|        
   \  `ニニ´ ._/  
   (`ー‐--‐‐―/  ).|´
    |       |  ヽ|
    ゝ ノ     ヽ  ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


6/71
    /\___/\
   /''''''     ''''''::\ 
   |(●),    、(●)、.|          何の為に?
   |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:|
   |   `-=ニ=- '  .:::::|          飢え死にしない為に。
   \  `ニニ´ ._/          アメリカから石油の供給を断たれた日本は、
   (`ー‐--‐‐―/  ).|´          飢えるか戦うかの二択でした。
    |       |  ヽ|
    ゝ ノ     ヽ  ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


7/71
    /\___/\
   /''''''     ''''''::\          朝日新聞などは、開戦を煽りに煽りましたね。
   |(へ),    、(へ)、.|          色々な情報と慢心に、国民は踊らされていました。
   |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:|
   |   `-=ニ=- '  .:::::|          とはいえ、自衛の戦いでした・・・。
   \  `ニニ´ ._/
   (`ー‐--‐‐―/  ).|´
    |       |  ヽ|
    ゝ ノ     ヽ  ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


8/71
       ./\___/ヽ
   +  //     ヽ:::\        そして、負けた。
  .    |(ー),   、(ー)、.:|
    + |// ,,ノ(、_, )ヽ、,//.::::|
 +    |   `-==-イ'  .:::::::| 
      \_ `ニニ´_.::::/
        /⌒ヽ     ィヽ_
        /  、    、   〆ヾ ̄ `i
      /  /     ゙   lヾ_ ,|ヽ─ヘ
      /  /l         `、´/     ヽ
     /  / ヽ  ,____   `  ,ヽ  ヽ
   -─ヽ イ_ ヽ /     ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ Y   ゝ‐-、
  ( _i _i_ト、__)  ヽ、___⊥____ノ 「___ノ


9/71

     /\___/ヽ
   /       :::::::\         「日本は自衛の為に戦った」
   .|  ''''''   ''''''   .:::|
   .|(●),   、(●)、.:::|         その手の事実は全て、
   .|  ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:::::::|          GHQの教育方針により、すり潰されました。
   \ `-=ニ=- ' .:::::/
     `ー`ニニ´-一´ヽ、         「日本は、侵略を行った悪い国だ」
     /    _    l          とね。
    /  ̄`Y´   ヾ;/  |
    |    |    |´  ハ
    |    |    |-‐'i′l
    |__ |   _|   7'′
    (   (  ̄ノ `ー-'′

※侵略された、と感じている国々にとっては恨むべきことですが、でも「これって戦争なのよね」、そういう時代でした。

10/71
     /\___/ヽ
   //     ヽ:::\        
   .|(ー),   、(ー)、.::|        マッカーサーは当時、アメリカ本国より、
   .|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:::|          
   .|   `-=ニ=- ' .:::::::|         「日本への物資援助は過少にしろ。
   \__`ニニ´  .:::::/          1000万人の餓死者を出すように」
   /    ヾ、 //  \ ヽフ
   ヽ_⌒)ハ //   | レつ||)     との指令を受けていたらしいですね。
  i⌒l ミ゚Д゚,,彡⌒)  ヽ_ノ  ̄
  |  | ヽ__"" ヽ_ノ|  |
  ヽ  ̄ ̄ ̄/ ヽ ヽ_ノ
    ̄ ̄ ̄ /  /ヽ__)
       (__ノ

※しかし昭和天皇陛下の決死のお言葉、
「責任は全て私にあり、私は死ぬことも含めて全てを受け入れる。だが国民は助けて欲しい。ついてはここに、皇室の持つ全ての金融資産を持ってきました」に
感化され、その指令を事実上無視したと。いや、信憑性の高い話です。
※マッカーサークラスの人が「この御方は殺してはいけない!」と庇わなければ、昭和天皇陛下は、殺されてます。


11/71
        /\___/ヽ         ともあれ、
       /''''''   '''''':::::::\       
      . |(ー),   、(ー)、.:| +    「何が正しいのかも分からない」
      . |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:::|       「いつ飢え死にするのかも分からない」
    .   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +
        \  `ニニ´  .:::::/     +  そんな混乱した時代でした・・・。
        r‘==__,..-‐ (ノノ  ___
    // ̄ ゙̄、,,ノ ̄ ̄ ̄{,,ノ~ ̄|\ ,,  ヽ、
  /  {   |    i  、  ,,,;;〈: : :\ "" \
   ̄~~〉 '' "ヽ__ノ" レ "' "   } : : : | ̄~ ̄
     |_,,_,_,,__,_,,,_,ノ;_;_;_;ノ


12/71
    /\___/ヽ
   /ノ( ヾ  /:::::::::\
  .|  ,,-‐‐'') (`‐‐-、 .:::|     それに、治安はとても悪かった・・・。
  |」L'"⌒` ,: '"⌒` :::|  
  |ヽ「   ` '  ヽ( :::| 
  .|   `-=ニ=- '⌒:::::|  
   \彳 `ニニ´  ::::/
   /`ー‐--‐‐―´\


13/71
          /\___/ヽ
         / '''''':::::     \   本土決戦をして全ての戦力を失った挙句、
        |)  、(● ).:::::::::+::::::::|   無条件降伏をしたドイツを知っていますか?
        |( _ ,)ヽ、,, .::::::::::::::::::::::|
        `=ニ=- ' .::::::::::::::::::::::|+
          `ニ´ .:::::::::::::::::::+/
         /`'ー‐---‐一'´\
        /         ::::i ヽ
        |  |        :::;;l  |


14/71
                 (   
                  )   暴徒と化した他国の軍人達、
                 (   特にロシアのケダモノども、
                  )    あるいは復讐に燃えたユダヤ人に、
                 (    老婆と赤子以外のドイツ人女性はレイプされ・・・。
                  .)  
        /\___/ヽ  .(    数万人の女性が、自殺しました。
       /       :::::::\ 〜、_ 
     |           .::::|     `,〜〜〜´
     |  ''''''   ''''''   .:::|
    `  |(ー),   、(ー)、::::|
.     ` \ ,,ノ(、_, )ヽ、,,.::::/
       `i`ーニ=-"┬''´
        /  丶. i  |
       ./ 丶、_)|_ノ|_
       .|  ̄ヽ._  ´  ヽ
       ヽ、 _/´`ヽ   /
         ̄     ̄ ̄



15/71
        /\___/ヽ
       /''''''   '''''':::::::\       無条件降伏とは、そういうことです。
      . |(ー),   、(ー)、.:| +     これは差別以下の残虐な行為。
      . |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:::|
    .   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +     性搾取・虐待・虐殺行為でした。
        \  `ニニ´  .:::::/     +
        r‘==__,..-‐ (ノノ  ___
    // ̄ ゙̄、,,ノ ̄ ̄ ̄{,,ノ~ ̄|\ ,,  ヽ、
  /  {   |    i  、  ,,,;;〈: : :\ "" \
   ̄~~〉 '' "ヽ__ノ" レ "' "   } : : : | ̄~ ̄
     |_,,_,_,,__,_,,,_,ノ;_;_;_;ノ


16/71
     /\___/ヽ
   //     ヽ:::\       しかし今もなお、
   .|(ー),   、(ー)、.::|        「ドイツ人は差別を行った悪者だ」とされている。
   .|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:::|
   .|   `-=ニ=- ' .:::::::|
   \__`ニニ´  .:::::/
   /    ヾ、 //  \ ヽフ
   ヽ_⌒)ハ //   | レつ||)
  i⌒l ミ゚Д゚,,彡⌒)  ヽ_ノ  ̄
  |  | ヽ__"" ヽ_ノ|  |
  ヽ  ̄ ̄ ̄/ ヽ ヽ_ノ
    ̄ ̄ ̄ /  /ヽ__)
       (__ノ


17/71
    /\___/ヽ
   / --=  、_:::::\       「戦争に負ける」とは、そういうことです。
  .| (●),ン く(●) 、.:|       
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:::::|  
  | ト┬┬┬┬┬イl:::|
  .|.├┼┼┼┼┼┤:::|
   | ヽ┴┴┴┴┴ヘ :|
   .\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::/
   /`ー‐┴‐‐―´\


18/71
               /  ̄  ̄\
                 , '       \
             |         |    ・・・・・・・・・・・・
                | .        |
               |         |
             |         ,
                ',         ,.
              ヽ_,'________r
                  /:::::::::::::::::::ト,
                /  ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ;,、_
            __,,./"" :::::::::::::: ' ,:::::::::::::ヽ,、
       / ..::\ ..:::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::: !:::ヽ
      / .::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::: i::::::.`
      l ;ノ:::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::: !::::::::::i
     く  :::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::: イ::::::: {
        l ::::::::::::::::ヽ;;|:::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::: |:::::::::
      l  ::::::::::::::::::: 〉::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::: |:::::::: i
        l| ::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::: |::::::::: |
      l ::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::i.:::::::::::: |:::::::::: i


19/71
  /\___/\
/ /    ヽ ::: \     とはいえ、同盟国のドイツよりかはマシでした。
| (●), 、(●)、 |
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |     本土決戦をしていない、早い段階で降伏したため、
|   ,;‐=‐ヽ   .:::::|      陸軍はかなりの割合が無傷で残っていましたからね。
\  `ニニ´  .:::/     
/`ー‐--‐‐―´´\
       .n:n    nn
      nf|||    | | |^!n
      f|.| | ∩  ∩|..| |.|
      |: ::  ! }  {! ::: :|
      ヽ  ,イ   ヽ  :イ


20/71
      ,, -─-∧
    /    ─ \     その武力を盾に、陛下をお守りすることもできましたしね。
   /   (●)   ヽ     
   |   , -''(、_,.)   | >  日本はポツダム宣言は受け入れましたが、
   ヽ ( (´\ ( (●)/    事実上、無条件での降伏をしたわけではないんですよ。
  / \ヽ`ニ´ ノ  /
 /    `ー- 、一''
 |  |     、 |


21/71
     ∧-─-、
   / ─    \     マスコミや歴史の教科書は、
  /   (●)   ゙i     言葉のレトリックを駆使してミスリードしていますが、
< |   (、_,.)''ー 、   |      実際は色々と敗北に際して、色々と条件を付けています。
  ゙i(●) ) /`) ) /
    \   ヽ `ニ´ノ/\  つまり、「敗北」ではあるが、「完敗」ではない。
    `''ーr -一''´   ゙i
       | 、.     |  |


22/71
    /\___/\
   /''''''     ''''''::\    話がそれているようですが、少々お待ちください。
   |(へ),    、(へ)、.|
   |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:|    ・・・そんな時代、私は赤ん坊でした。
   |   `-=ニ=- '  .:::::|
   \  `ニニ´ ._/     そして5歳、10歳と幼いながらも歳を重ねるにつれ、
   (`ー‐--‐‐―/  ).|´     国はどんどん復興していった・・・。
    |       |  ヽ|
    ゝ ノ     ヽ  ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


23/71
   ━┓
   ┏┛
    ・
       ∧-─-、
     / ─    \    開戦当時の世界の情勢、価値観、
    /   (●)   ゙i    日本が何故追い込まれたか?
  < |   (、_,.)''ー 、   |
   ゙i(●) ) /`) ) /    そういった事情を完全に無視した後付けのダブルスタンダード、
    \   ヽ `ニ´ノ/     事実の捏造、裁判でカタがついた犯罪行為の誇張喧伝。
     `''ーr -一''゙i
       (⌒`::::  ⌒ヽ   さまざまなレトリックの洗脳教育を施され、
        ヽ:::: ~~⌒γ⌒)  矛盾をはらんだまま・・・。
         ヽー―'^ー-'
          〉    │


24/71
                 (  
                  )   私の父は、ごくありふれた一等兵でした。
                 (   満州の撤退戦では、地獄を見たと言っていました。
                  )   
                 (   そんな父は、日本に戻って愕然としたそうです。
                  .)   
        /\___/ヽ  .(    
       /       :::::::\ 〜、_  
     |           .::::|     `,〜〜〜´
     |  ''''''   ''''''   .:::|
    `  |(ー),   、(ー)、::::|
.     ` \ ,,ノ(、_, )ヽ、,,.::::/
       `i`ーニ=-"┬''´
        /  丶. i  |
       ./ 丶、_)|_ノ|_
       .|  ̄ヽ._  ´  ヽ
       ヽ、 _/´`ヽ   /
         ̄     ̄ ̄


25/71
     /\___/ヽ
   //     ヽ:::\      アメリカ人から何の疑問もなく、
   .|(ー),   、(ー)、.::|       チョコレートを受け取る子供。
   .|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:::|
   .|   `-=ニ=- ' .:::::::|      アメリカ人に抱かれることで、外貨を稼ぐ売春婦。
   \__`ニニ´  .:::::/
   /    ヾ、 //  \ ヽフ
   ヽ_⌒)ハ //   | レつ||)
  i⌒l ミ゚Д゚,,彡⌒)  ヽ_ノ  ̄
  |  | ヽ__"" ヽ_ノ|  |
  ヽ  ̄ ̄ ̄/ ヽ ヽ_ノ
    ̄ ̄ ̄ /  /ヽ__)
       (__ノ


26/71
        /\___/ヽ
       /''''''   '''''':::::::\    戦友だったはずの韓国人が、
      . |(ー),   、(ー)、.:| +  「この敗北民族め」と日本人を差別する様子・・・。
      . |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:::|
    .   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +  それを当然のように受け入れる社会。
        \  `ニニ´  .:::::/     +
        r‘==__,..-‐ (ノノ  ___
    // ̄ ゙̄、,,ノ ̄ ̄ ̄{,,ノ~ ̄|\ ,,  ヽ、
  /  {   |    i  、  ,,,;;〈: : :\ "" \
   ̄~~〉 '' "ヽ__ノ" レ "' "   } : : : | ̄~ ̄
     |_,,_,_,,__,_,,,_,ノ;_;_;_;ノ


27/71
          /\___/\
        /、-―' ゙、ー- :::\   「確かに我々は敗北した。したことは認めるが、
          | (◎), 、(◎)、:::|    我々は何のために戦ってきたんだ?」
          |  ,,ノ(、_, )ヽ、,, ::|   
          |    ;‐=‐ヽ、 .:::::|   「勝者はそこまでしていいのか?」と・・・。
        \  `ニニ´ .:::/
        /⌒ヽ   ー‐    ィヽ_
  ミ ミ ミ /  、     、  〆ヾ ̄ `i
   -─´⌒ヽ_/      ゙  lヾ_ ,|ヽ─ヘ
  ( _i _i_ト、__)l         `、´/     ヽ
  l||l 从/  / ヽ  ,____   `  ,ヽ  ヽ
 ヾ -─ヽ イ_ ヽ /     ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ Y   ゝ‐-、
  ( _i _i_ト、__)  ヽ、___⊥____ノ 「___ノ


28/71
         /\___/ヽ
        /''''''   '''''':::::::\
       . |(●),   、(●)、.:| +   そういった不満、やり場のない怒り、
       |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|       つまり「鬱憤」は、弱い立場の者へと向かいます。
.        |   `-=ニ=- ' .:::::::| +
        \  `ニニ´  .:::::/     +
         ヽ、ニ__ ーーノ
          人  Y
          ( ヽ ノ
          人  Y′
          (  ヽノ
         人  Y′
        (  ヽノ
        人  Y′
     _(  ヽノ、
,,.....イ.ヽく、人  Y ヽ--、.
:   |  '; \___ノ_ ノ| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


29/71
       /\___/ヽ
      /:::::::       \
     |:::.   ''''''   ''''''  |   自分より弱い者、つまり母や兄達へと。
     |::::.,(一),   、(一)|
     |::::::: ノ ,,ノ(、_, )ヽ、,, |   父はよく暴力を振るいました・・・。
       \:::::.ヽ`-=ニ=- ' /
     /   `一`ニニ´-,ー´
     /  | |    / |
    /   | |  / | |
    /   l | /  | |
__/    | ⊥_ーー | ⊥_ ________
   |  `ーヽl_l_l.} ヽl_l_l.}                \
  (、`ーー、ィ   } ̄`   ノ                \
    `ー、、___/`"''−‐"       I          \
                     D D          \


30/71
       /\___/ヽ
      /:::::::       \    しかし私は、兄達よりかは遅く生まれた。
     |:::.   ''''''   ''''''  |
     |::::.,(●),   、(●)|    国の復興がありありと見え、
     |::::::: ノ ,,ノ(、_, )ヽ、,, |    父の鬱憤もいくらかは色あせた時期に・・・。
       \:::::.ヽ`-=ニ=- ' /    
     /   `一`ニニ´-,ー´ 
     /  | |    / |       
    /   | |  / | |     
    /   l | /  | |         
__/    | ⊥_ーー | ⊥_ ________|
   |  `ーヽl_l_l.} ヽl_l_l.}                \
  (、`ーー、ィ   } ̄`   ノ      @        \
    `ー、、___/`"''−‐"    I  D         \
                                    \


31/71
    /\___/ヽ
   /ノ⌒'" `'ー-、::::\       私に対しては、父はあまり暴力は振るわなかった。
.  |  (●),、(●)、  .:| +    
.  |   ,. (,、_,、)、_  .:::|       思えば、それが気に入らなかったのでしょうな・・・。
.  |   {,`ト===イ ,} .:::::| +    
   \  ヾニノ  .:::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


32/71
    __/ヽ_∠L_
   /:::::::     ''''\
  .|:::::::::    (●), |      兄達は、私に暴力を振るった。
  |::::::::      ,,イ_,`)
.   |:::::::::      ノ.-=ラ      そして母は・・・。
   \:::::::      `フ
,,.....イ.ヽヽ::  、 -─'--、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


33/71
    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\      私の母親は、たいした理由もなく、私の食事を抜きました。
  . |(●),   、(●)、.:| +    
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|      そして、その時には決まって、何度も、こう言われました。
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +
   \  `ニニ´  .:::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


34/71
            ,ヘ           ,:ヘ.
               /: : \       /::  !
            /::::.....  \--―‐'.:.:::...  !    さて、やらない夫さん。
           /::::::                 ',
          ,'::::                    i   何と言われたか、分かりますか?
           .i::::      '''''''        '''''''   !
           !:::.       (●),       、(●)、 !  +
        |::::..         . ,,ノ(、_, )ヽ、,,    l             _,-,.、
           i;::::..         ノ    ___,,,:: -イ   !       i´ヽ    い {,-ゝ.
          ':;::::...      ヾ二--‐</   /  +     l ,人 __,!...!_}ゝ l
         _  \:::::....       ヽ..__,,/   /    +    ヽ. '´    ` /
     /   `ヽ `ゝ:::::........      ....../_             /    ァ-- '
     i::.....    ;\!..-ー 、 /⌒ヽ      、\      /    .:/
     ` '''''ー- 、::::/ ,.. .  `/:::   〉‐ 、   \ \   /     ..::ノ
           .ソ'    : /::.   /::  〉     \\,/      .:/
         /i:.       :,'::.   /::  ./ヽ       \!     ..:;'
         / |::       |ヽ.:..    :'::/       \    .::/
          /  !::.    i::.:.:`:‐"ー、_,ノ          \:::/
       / ,/ヾ;:....   /:.:.:.:.:/:::.:..             ヽ、
         | :i   `ー::':.:.::.:.:./\:::::.:.:.               ':;


35/71
           /  ̄ ̄ ヽ
              /         ヽ
          |         |
          j        /  何となく想像はつくが、オレが言っても?
       _,.-<゙_‐-、 i     /
     _/    ,.-`''`ヾ.   /
   //    ,/  / ̄ヽ_ ノ
  / /   ( |  / | |
 /  /    ヾ|/   ∨
 |  l      / /   〉!
        ::/ /  /'´〉::|
        //    /:::/
       //    /::/
       /     __/:/
       |     彡l、!


36/71
    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\      構いません。
.  |(●),   、(●)、.:| +    今はもう、その心の痛みを乗り越えていますから。
.  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.  |   ´トェェェイ`  .::::::| +
   \  |,r-r-|  .::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、`ニニ´ーノ゙-、.        /^)
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ iヽ __ ‐┘(
    |  \/゙(__)\,|  i |´⌒ )二  ト、


37/71
               /  ̄  ̄\
                 , '       \
             |         |   ・・・・・・・・・・・・・・・・・。
                | .        |
               |         |   俺も、ダディさんのように強くなりたいな・・・。
             |         ,
                ',         ,.    そして、答えですが・・・。
              ヽ_,'________r
                  /:::::::::::::::::::ト,
                /  ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ;,、_
            __,,./"" :::::::::::::: ' ,:::::::::::::ヽ,、
       / ..::\ ..:::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::: !:::ヽ
      / .::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::: i::::::.`
      l ;ノ:::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::: !::::::::::i
     く  :::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::: イ::::::: {
        l ::::::::::::::::ヽ;;|:::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::: |:::::::::
      l  ::::::::::::::::::: 〉::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::: |:::::::: i
        l| ::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::: |::::::::: |
      l ::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::i.:::::::::::: |:::::::::: i


38/71
                  , -─-、
              /     ', 
                |      i     「なんでお前はぐうたらなんだ?」
                |     ,'      
              ノ_______ /      ・・・ですか?
           _,.ィ':::::::::::::::::`ー─‐ 、 
.     r、   -‐'´..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.`
     .} } /´...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: }
.    √} }/ .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::イ
   {  ,ゝ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::y:::::::::::/:::}
   i_ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.::::::::::::: /
   「/.::::::トヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::/.::::::::::::: /
  ノ.:::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::: /
 /.::::::::::::::::/  | ::::::::::::::::::::::y ::::::::::.. /|
 i::::::::::::::::/   | :::::::::::::::::::::{ ::::::::::::: i::|
 `ヽ-─´    | ::::::::::::.:.::.::.入:::::::::::: i:|
         | ::::::::::::::::::::::::∧.::::::::. ':,


39/71
    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\       ええ。そうです。
.  |(●),   、(●)、.:| +
.  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|      より正確には、
.  |   ´トェェェイ`  .::::::| +     「何でお前は兄達のように努力をしないんだ?」でした。
   \  |,r-r-|  .::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、`ニニ´ーノ゙-、.        /^)
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ iヽ __ ‐┘(
    |  \/゙(__)\,|  i |´⌒ )二  ト、


40/71
    __/ヽ_∠L_
   /:::::::     ''''\    私の歳が5歳の頃、一番近い歳の兄は9歳。
  .|:::::::::    (●), |    
  |::::::::      ,,イ_,`)   5歳児だった頃の私は、9歳児の人間が達成したのと
.   |:::::::::      ノ.-=ラ    同じ結果を残さなければ、罵倒されました。
   \:::::::      `フ
,,.....イ.ヽヽ::  、 -─'--、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


41/71
    /\___/ヽ
   /ノ⌒'" `'ー-、::::\      「努力が足りない」と。
.  |  (●),、(●)、  .:| +   
.  |   ,. (,、_,、)、_  .:::|      そしてこうも言われました。
.  |   {,`ト===イ ,} .:::::| +    
   \  ヾニノ  .:::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


42/71
    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\      「これはお前のためだ」
.  |(●),   、(●)、.:| +
.  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|      「私がお前に厳しくするのは、
.  |   ´トェェェイ`  .::::::| +     頑張らないお前を”きちんとした人間”にするためだからだ」
   \  |,r-r-|  .::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、`ニニ´ーノ゙-、.        /^)
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ iヽ __ ‐┘(
    |  \/゙(__)\,|  i |´⌒ )二  ト、


43/71
    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\      ですが、その達成基準は、
  . | ,:=・=:、  ,:=・=:、,、.| +    五歳児の私に見合ったものではなく、九歳児の兄・・・。
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +
   \  `ニニ´  .:::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


44/71
    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\      二十回に一回くらいは、
  . |(○),   、(○)、.:| +    それでも達成できたことがありました。
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `トェェェイ ' .::::::::| +    
   \  `ニニ´  .:::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


45/71
    /\___/ヽ
   /ノ⌒'" `'ー-、::::\      そうすると母は、「次はもっと頑張れ」と言い。
.  |  (●),、(●)、  .:| +   
.  |   ,. (,、_,、)、_  .:::|      一方、面子をつぶされた兄は、私を殴りました。
.  |   {,`ト===イ ,} .:::::| +    
   \  ヾニノ  .:::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


46/71
     /\___/ヽ
   //     ヽ:::\    その間、父は何もしていません。
   .|(ー),   、(ー)、.::|
   .|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:::|    景気がよくなり、軌道に乗った仕事に
   .|   `-=ニ=- ' .:::::::|     どっぷりと浸かって、家にいる時間はほとんどありませんでした。
   \__`ニニ´  .:::::/
   /    ヾ、 //  \ ヽフ
   ヽ_⌒)ハ //   | レつ||)
  i⌒l ミ゚Д゚,,彡⌒)  ヽ_ノ  ̄
  |  | ヽ__"" ヽ_ノ|  |
  ヽ  ̄ ̄ ̄/ ヽ ヽ_ノ
    ̄ ̄ ̄ /  /ヽ__)
       (__ノ


47/71
     /\___/ヽ
   /       :::::::\    当時の、徴兵を経験した人間は、
   .|  ''''''   ''''''   .:::|    どこかにこういう感情があったのかもしれません。
   .|(●),   、(●)、.:::|  
   .|  ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:::::::|   大義のためには、家族を省みないでも許される、と。
   \ `-=ニ=- ' .:::::/
     `ー`ニニ´-一´ヽ、
     /    _    l
    /  ̄`Y´   ヾ;/  |
    |    |    |´  ハ
    |    |    |-‐'i′l
    |__ |   _|   7'′
    (   (  ̄ノ `ー-'′


48/71
       ./\___/ヽ
   +  //     ヽ:::\    一方、その頃の私はというと・・・。
  .    |(ー),   、(ー)、.:|
    + |// ,,ノ(、_, )ヽ、,//.::::|
 +    |   `-==-イ'  .:::::::| 
      \_ `ニニ´_.::::/
        /⌒ヽ     ィヽ_
        /  、    、   〆ヾ ̄ `i
      /  /     ゙   lヾ_ ,|ヽ─ヘ
      /  /l         `、´/     ヽ
     /  / ヽ  ,____   `  ,ヽ  ヽ
   -─ヽ イ_ ヽ /     ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ Y   ゝ‐-、
  ( _i _i_ト、__)  ヽ、___⊥____ノ 「___ノ


49/71
  ○< ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     γ        )   怒られるのが怖いから努力する、
     (二二二二二二)    結果を提出する、基準を満たしていない、怒られる。
    /ノヽ       ヽ、 
    / ⌒''ヽ,,,)ii(,,,r'''''' :::ヘ  
    | ン(○),ン く、(○)く::|  |`ヽ、
    |  `⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒´ ::l  |::::ヽl
.   ヽ ヽ il´トェェェイ`li r ;/  .|:::::i |
   /ヽ  !l |,r-r-| l!   /ヽ  |:::::l |
  /  |^|ヽ、 `ニニ´一/|^|`,r-|:「 ̄
  /   | .|           | .| ,U(ニ 、)ヽ
 /    | .|           | .|人(_(ニ、ノノ
.
┌┴┐┌┴┐┌┴┐ -┼-  ̄Tフ ̄Tフ __ / /
  _ノ   _ノ   _ノ ヽ/|    ノ    ノ       。。


50/71
  ○< ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     γ        )   怒られるのが怖いから努力する、
     (二二二二二二)    結果を提出する、基準を満たしていない、怒られる・・・。
    /ノヽ       ヽ、 
    / ⌒''ヽ,,,)ii(,,,r'''''' :::ヘ  
    | ン(○),ン く、(○)く::|  |`ヽ、
    |  `⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒´ ::l  |::::ヽl
.   ヽ ヽ il´トェェェイ`li r ;/  .|:::::i |
   /ヽ  !l |,r-r-| l!   /ヽ  |:::::l |
  /  |^|ヽ、 `ニニ´一/|^|`,r-|:「 ̄
  /   | .|           | .| ,U(ニ 、)ヽ
 /    | .|           | .|人(_(ニ、ノノ
.
┌┴┐┌┴┐┌┴┐ -┼-  ̄Tフ ̄Tフ __ / /
  _ノ   _ノ   _ノ ヽ/|    ノ    ノ       。。


51/71
  ○< ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     γ        )   怒られるのが怖いから努力する、
     (二二二二二二)    結果を提出する、基準を満たしていない、怒られる・・・・・・。
    /ノヽ       ヽ、 
    / ⌒''ヽ,,,)ii(,,,r'''''' :::ヘ  
    | ン(○),ン く、(○)く::|  |`ヽ、
    |  `⌒,,ノ(、_, )ヽ⌒´ ::l  |::::ヽl
.   ヽ ヽ il´トェェェイ`li r ;/  .|:::::i |
   /ヽ  !l |,r-r-| l!   /ヽ  |:::::l |
  /  |^|ヽ、 `ニニ´一/|^|`,r-|:「 ̄
  /   | .|           | .| ,U(ニ 、)ヽ
 /    | .|           | .|人(_(ニ、ノノ
.
┌┴┐┌┴┐┌┴┐ -┼-  ̄Tフ ̄Tフ __ / /
  _ノ   _ノ   _ノ ヽ/|    ノ    ノ       。。


52/71
     /\___/ヽ
    /''''''   '''''':::::::\      繰り返し繰り返し、私は奪われてきました。
   .|(●),   、(●)、.:| +    何を奪われたか?
   |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|   +
   .|   `-=ニ=- ' .:::::::| +
    \  `ニニ´  .:::::/___
     /ヽ、--、 r-/|ヽ \─/
    / > ヽ▼●▼く\  ||ー、
   / ヽ、 \ i |。| |/  ヽ(ニ、`ヽ
  .l   ヽ   l |。| | r-、y`ニ  ノ \
  l     |  |ー─ |  ̄ l  `~ヽ_ノ


53/71
         /\___/ヽ
   +   / ''''''   ''''''::::\
       . | ,(●),   、(●)、| +  < 人間としての、誇りを。
     +  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::|
   +    |   `トェェェイ ' .::::::| +
        \   `ニニ´  .:::/     +
.       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       .|                    |
   ,. -‐ '|                    |
  / :::::::::::|    /  ̄/         /      |__
  / :::::::::::::|.       / ―― / /    rニ-─`、
. / : :::::::::::::|     _/    _/ /_/   `┬─‐ .j
〈:::::::::,-─┴-、                      |二ニ イ
. | ::/ .-─┬⊃                  |`iー"|
.レ ヘ.  .ニニ|_____________|rー''"|
〈 :::::\_ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::::::: /::::::::::::|


54/71
      /\___/ヽ
     /''''''   '''''':::::::\    
    . |(●),   、(●)、.:| +     「自分は自分のままでいい」
    |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::| 
  .   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +      そういう気持ちを。
     \  `ニニ´  .:::::/     +
      ヽ、ニ__ ーーノ         すなわち、心の拠り所を。
   γ´⌒´-−ヾvーヽ⌒ヽ
  /⌒  ィ    `i´  ); `ヽ
  /    ノ^ 、___¥__人  |
  !  ,,,ノ爻\_ _人 ノr;^ >  )
 (   く_ \ヘ、,, __,+、__rノ/  /
  ヽ_  \ )ゝ、__,+、_ア〃 /
    ヽ、___ ヽ.=┬─┬〈  ソ、
      〈J .〉、| だ .|, |ヽ-´
      /""  | で...|: |
      レ   :| ぃ | リ
       /   .ノ|__| .|
      | ,,  ソ  ヽ  )
     .,ゝ   )  イ ヽ ノ
     y `レl   〈´  リ
     /   ノ   |   |
     l  /    l;;  |
     〉 〈      〉  |
    /  ::|    (_ヽ \、
   (。mnノ      `ヽnm


55/71
         /\___/ヽ    
        /::::''''''   ''''''::\           私は家族が嫌いでした。
       |:.  ⌒,   、⌒ 、 | +
       |::::.  ,,ノ(、_, )ヽ、,,  |           他の兄弟には優しいのに、
       |:::::::. `-=ニ=- '   | +          私にだけは辛くあたる母。
       .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   ,. -‐ '| 家族へ               |     ことあるごとに、
  / :::::::::::|   あまり                |__   「お前は生意気だ」と、
  / :::::::::::::|                    rニ-─`、  私を殴る兄達。
. / : :::::::::::::|                     `┬─‐ .j
〈:::::::::,-─┴-、              私を  |二ニ イ
. | ::/ .-─┬⊃                  |`iー"|
.レ ヘ.  .ニニ|_____________|rー''"|
〈 :::::\_ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::: /::::::::::::|


56/71
            /\___/ヽ
           /:::'''''' ノ( '''''':::\        そして、そんな悲劇がある
          |  ⌒,   、⌒ 、 .:| +       ということ自体を、知ろうともしない父。
          |::.  ,,ノ(、_, )ヽ、,,  ::|    
          |:::::. `-=ニ=- '   ::| +       みんなが嫌いでした・・・。
   | ̄ ̄ ̄〉,ァ''\  `ニニ´  .:::::/`/ ̄ ̄ ̄ ̄|
   | 家族へ `r´、、_ヽ、ニ__,.ャァ'" ,,..,,、\     ||
 ,-┴-、 あ〈.,, ``''ヽ,,,  ''"´   ゙''ヾミ,r/く     |__
/ .-┬⊃  く    ,;,, ;;; ,,;;       ,fr::く,   rニ-─`、
! ;;ニ|    /    ';;;;;;;;;;;'      ,!;V:.:ノ   `┬─‐ j
\_|    く    ':;;;;;:'      ,;;/;;:.:/:〈 私を   |二ニ ノ
   |    く    人__,,,;;;;;ノ/N/:/:.く       |`ー"
   |__/:ト-―テ" ⌒ `ヾj ::;;;;}/:.:.:∠____|
        l   ' -:十:‐' ゙l,  〃:.:.:/:.リ      ビリィィィ
        l   t,,__,災_,ノl  f:.リ:.:./:.j


57/71
       /\___/ヽ
      /:::::::       \
     |:::.   ''''''   ''''''  |     それでも・・・。
     |::::.,(●),   、(●)|
     |::::::: ノ ,,ノ(、_, )ヽ、,, |
       \:::::.ヽ`-=ニ=- ' /           .|
     /   `一`ニニ´-,ー´               |
     /  | |    / |             |
    /   | |  / | |                  |
    /   l | /  | |                  |
__/    | ⊥_ーー | ⊥_ ________|
   |  `ーヽl_l_l.} ヽl_l_l.}                \
  (、`ーー、ィ   } ̄`   ノ      @        \
    `ー、、___/`"''−‐"    I  D         \
                                    \


58/71
       /\___/ヽ
      /:::::::       \
     |:::.   ''''''   ''''''  |    それでもなお、私は愛されたかった・・・。
     |::::.,(一),   、(一)|
     |::::::: ノ ,,ノ(、_, )ヽ、,, |    母に、兄に、父に・・・。
       \:::::.ヽ`-=ニ=- ' /
     /   `一`ニニ´-,ー´
     /  | |    / |
    /   | |  / | |
    /   l | /  | |
__/    | ⊥_ーー | ⊥_ ________
   |  `ーヽl_l_l.} ヽl_l_l.}                \
  (、`ーー、ィ   } ̄`   ノ                \
    `ー、、___/`"''−‐"       I          \
                     D D          \


59/71
            /l^j^j^j、
          ( `_てノ
       /\/ /_/ヽ
      /::::::/ /     \    母に、「よくがんばったね」と誉めてもらいたかった・・・。
     |::::. / /''   ''''''  |
     |:::: / /.),.   、(一)|    兄達に、「お前はすごい奴だ」と認めてほしかった。
     |:::/ /. ,,ノ(、_, )ヽ、,, |    
      / /:. `-=ニ=- ' /    父に、「そんな辛い気持ちをさせてすまなかった」と
     /   `ー-`ニニ´-‐´      謝って欲しかった。
     /.        / |
    /.       / | |
    /.      /  | |
__/.       ーー | ⊥_ ________
   |  `ー―-、  ヽl_l_l.}                \
  (、`ーー、ィ   } ̄`   ノ                \
    `ー、、___/`"''−‐"       I          \
                     D @          \


60/71
            ,ヘ           ,:ヘ.
          /: : \       /::  !
        /::::.....  \--―‐'.:.:::...  !
        /::::::                 ',
        ,'::::                    i     だから、努力しました。
       .i::::      '''''''        '''''''   !
       !:::.      (● ),    、(● )、 !  + 幼い、5歳の子供なりに。
      |::::..         . ,,ノ(、_, )ヽ、,,    l     それから、6歳、7歳、8歳になっても。
       i;::::..         ノ     、 ゝ   !
       ':;::::...       ー‐ ==イ    /.  +
        .\:::::.....       ヽ--‐'   /     +
         `ゝ:::::........      ....../
          ,レ─── 、    /
         _j_ ̄ ̄\\ \ /
        l   ̄ -- 、_ー 、 >
        /       \ ヽ、 \


61/71
        /\  , 'ヽ
.      /   ゝ、__ヽ
    /          ̄¨'''_‐-_、
    , '             =≡=ヽ _
  /               ,',r:ミ=@ /    頑張って頑張って頑張って頑張って・・・、
 /              ,-‐{ {::::j i  {     
...′                ヾニン __`ヽ    頑張ればいつかは
..i                    j、_,, ノ    認めてもらえると思っていました。
. i         ヽ、      -rイ_ , ‐ゞ,
 i.          i       | `‐‐-く
. 〉─-        i       `_,,`ニ>'
..,,}─- 、   ',    `          ヽ
.i::::::::`::::::`ミ、ヽ`ー‐- 、  ヽ、_     j
l:::::::::::::::::::::::::::`丶`丶 、       ,r‐''"
|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、 ` 、 _ ィ´
|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` 、 `ー'r-、
゙;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` 、   i  ヽ
.゙;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、 i、_,,〉
  ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::¨ く ヽ


62/71
              ,.-ー''"~"'i,
            /~   ..:::::::!.,___        ,,..、-、,
          /    .::::::::::::::`::::::~~""''''ー-,/~:::::::::.`i,
         /     .:::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::: i
         /      .:::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::.. |  けれど残されたのは、
       ,/       :::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::. i 
       ,l'       ::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::. |   罵倒、暴力、あるいは
       l        ::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::: i   「次はもっと頑張れ」という言葉・・・。
       i,       ..:::::::::::''''''::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::: !   +
      _,,.i      ..::::::::::(●),::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::'''''':::::::: i'
    /~  'l,    ..:::::::::::::::::::::::::::,,ノ(、_, )ヽ、,,:::、(●)、: ,i' +          /~\
  /,.、-ー 、;i,   .::::::::::::::::::::::::::::,ノ::::::::::::::::/::::::::::::::::::: /~\    +    /    i.,_
 /'/ ..::::::::|::' .,  :::::::::::::::::::::::::-く⌒ ̄`>丿::::::::::::::::: /:::::::.. \       ,i    .::.. \
i'  .::::::::::/:::::::`・、., :::::::::::::::::::::::,`ニニ´;;;;;::::::::::::::::/;;;;;;:;:::::.. ヘ     /  .::::....::::::::. `.,
,i/( .::::::::::::i,::::::::::::;;;;;; ~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::-''";;;;;;;;;;;;;;;:::::..   \  /  .:::::::::::):::::::::.. ヘ


63/71
     /\___/ヽ
   //     ヽ:::\     とはいえ、そんな家族に、キレることもできない。
   .|(ー),   、(ー)、.::| 
   .|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:::|     それでもなお、私はそんな家族から愛されたかったから。
   .|   `-=ニ=- ' .:::::::|     愛を求めている相手の機嫌を損ねたら、
   \__`ニニ´  .:::::/      ますます愛をもらえなくなるから。
   /    ヾ、 //  \ ヽフ
   ヽ_⌒)ハ //   | レつ||)
  i⌒l ミ゚Д゚,,彡⌒)  ヽ_ノ  ̄
  |  | ヽ__"" ヽ_ノ|  |
  ヽ  ̄ ̄ ̄/ ヽ ヽ_ノ
    ̄ ̄ ̄ /  /ヽ__)
       (__ノ


64/71
         /\___/ヽ
        / ''''''    '''''' \     憎しみは日を追うごとに蓄積され、
       │:::::::(ー),  、(ー) l      その憎しみを振り払う為にさらに努力し・・・。
       │/')   ,,ノ(、_, )ヽ、,,, │ +
        /‐:::  `-=ニ=- ' /     しかしその努力は、誰からも認められない。
      _,,,l ;! |:::______/     +
   , -‐'゙゛ i::..  | .ヽ/;ヽj! `‐-、_  +
   l     ノ::. .:|、 .ヽ,:ヽ|   <゛~ヽ、
  ,:''`` ''"゙.|;;:‐''゙|.ヽ、 ヽ;::|   /  .|゙l
  ,:     ヽ::il;;!  ヽ、ヽ|  /   | :|


65/71
    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\      それゆえに、当時の私はこんな信念を持っていました。
☆─ >,    、(●)、.:| + 
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|      「ボクはどんな努力しても、誰にも認められないんだ」と・・・。
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +
   \  `ニニ´  .:::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


66/71
    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\      それと同時に、こうも思っていました。
  . | ,:=・=:、  ,:=・=:、,、.| +
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|      「ボクはボクであってはいけないんだ」と・・・。
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +
   \  `ニニ´  .:::::/     +
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


67/71
    /\___/ヽ
   /ノ⌒'" `'ー-、::::\      私は私を憎み続け。
.  |  (●),、(●)、  .:| +   そんな憎しみの中、ずっと願っていました。
.  |   ,. (,、_,、)、_  .:::|      
.  |   {,`ト===イ ,} .:::::| +    いつか、何かが全てを変えてくれる、
   \  ヾニノ  .:::::/     + そんな奇跡を願っていました。
,,.....イ.ヽヽ、ニ__ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


68/71
     /\___/ヽ
   //     ヽ:::\    ここではないどこかへ。
   .|(ー),   、(ー)、.::|
   .|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:::|    「本当の自分がいる場所へ行きたい」と。
   .|   `-=ニ=- ' .:::::::|
   \__`ニニ´  .:::::/
   /    ヾ、 //  \ ヽフ
   ヽ_⌒)ハ //   | レつ||)
  i⌒l ミ゚Д゚,,彡⌒)  ヽ_ノ  ̄
  |  | ヽ__"" ヽ_ノ|  |
  ヽ  ̄ ̄ ̄/ ヽ ヽ_ノ
    ̄ ̄ ̄ /  /ヽ__)
       (__ノ


69/71
        /\___/ヽ
       /''''''   '''''':::::::\     常にそんなことを願いながら、
      . |(ー),   、(ー)、.:| +    あの地獄のような日々を過ごし・・・
      . |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:::|
    .   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +   ある日、とうとう私は、家を飛び出しました・・・。
        \  `ニニ´  .:::::/     +
        r‘==__,..-‐ (ノノ  ___
    // ̄ ゙̄、,,ノ ̄ ̄ ̄{,,ノ~ ̄|\ ,,  ヽ、
  /  {   |    i  、  ,,,;;〈: : :\ "" \
   ̄~~〉 '' "ヽ__ノ" レ "' "   } : : : | ̄~ ̄
     |_,,_,_,,__,_,,,_,ノ;_;_;_;ノ


70/71
   。 o     ゜      .  。    ゚        o    。
 ○     ゚  。  ゜     o              o       o
            o          ○      。   .    ゜      ゚
 o   ゚   。                       o   。       。  季節は、冬。
             o     o     .   ゜    ゜       ○
  。             ゚     o      ○     o  ゚   o    鉛色の空からは、
    ゜    o   ゜            。                ○  雪が降り・・・。
゜    ○             o      o      o   ゜    。
 o ゜      .   ○    ゜          ゜             o
_\  _   ゜         。    。   ゜      o    _  ○ ̄ ̄
  ○ \    o    ゜               。       / /
 ̄ ̄|__ \\ 、     。     ゜     ゚     ○//。__| ̄ ̄ ̄ ̄
∃  |   |  | l l ゜           ゜    。 l l |  |   |○田 田
    |田 | 。| | l      ゜     ゜    。  ゜   l | |  | 田|    o
∃○|   |  | |。  ゜ . .. ... .. ... . ... ...゜ . .. .. ..    l |。|  |   | 田 田
    |田 |  | l‐    .....   ....     .....     -| |  | 田|
∃  |   |○― ....    o      ....   ○ ..... ―  |   | 田 田
   o.... 一      ....     ○    ...  o   ....  ー- | 。
―  ̄   o   ⌒                          ̄ ― -
  ....               ....        ⌒   o  ....      ....


71/71
          /\___/ヽ
         /''''''   '''''':::::::\       そのときの私は、14歳。
        . |(●),   、(●)、.:| +     
        |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|       衣服は、擦り切れた汚いどてらと、
      .   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +      重ね着をしたシャツが2枚。ジーパン一着。
         \  `ニニ´  .:::::/     +
       ,,..イ.ヽヽ、ニ__ ー-/         所持金は、小遣いを必死に貯めて作った
    ,.、-  ./  |  l   / |  |` ┬-、     200円だけでした・・・。
    /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ.
  /    ∨     l   |!  |   `> |  i
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|  |
_|      |.|-く    \ i / ,イ____!/ \
  .|     {.|  ` - 、 ,.---ァ^! |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
__{   ___|└―ー/  ̄´ |ヽ |___ノ____________|
  }/ -= ヽ__ - 'ヽ   -‐ ,r'゙   l                  |
__f゙// ̄ ̄     _ -'     |_____ ,. -  ̄ \____|
  | |  -  ̄   /   |     _ | ̄ ̄ ̄ ̄ /       \  ̄|
___`\ __ /    _l - ̄  l___ /   , /     ヽi___.|
 ̄ ̄ ̄    |    _ 二 =〒  ̄  } ̄ /     l |      ! ̄ ̄|
_______l       -ヾ ̄  l/         l|       |___|


※1960〜70年の200円は、だいたい5000円くらいの価値。物価の変動が激しい時期です。

以上、前編終わり。話はまだ続きます。
この前編で、「何故、人間が努力しないのか」の一例を示せたと思います。(勿論、飽く迄一例です)
中編、および後編では、「如何にしてダディが立ち直ったか?」 を描きたいと思っています。
続きにご期待くださる方、ここまでで面白いと思われました方は、下のバナーをクリックしてくださると嬉しいです。
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


第二話・中編へ



ラベル:つるやAA劇場
posted by つるや(国会AA職人二代目) at 22:51| Comment(5) | TrackBack(0) | つるやAA劇場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ
つるやさん、お元気してますか?
いつも面白く、ためになる記事をありがとうございます。

つるやさんと学ぶ人生哲学は
私にとってとても大切なお話になってます。

少しでも、つるやさんのモチベーションが
上がるように、コメントさせてもらいました。

後編を楽しみに待っています。

Posted by チャ at 2011年10月18日 07:17
こんばんわ
いつも楽しく拝見させて頂いてます

「なぜ努力ができないのか?」
その答えは「努力は報われない」
と思い込むからというのが
この回での答えなのでしょうか?

でも、私は報われると解っている努力でも続けることができませんw
まあ、単純に怠け者だからかもしれませんが
努力できる才能を持った人はすごいなと最近よく思う様になりました
Posted by at 2011年10月20日 21:14
>チャさん

どうも。コメントは暇な時にいつもチェックしています。書き込みはすごく、嬉しいです。「がんばります」とはいえません。が、今後ともためになるモノを描いていきたいです。

>その答えは「努力は報われない」と思い込むからというのがこの回での答えなのでしょうか?

ちょっと違って、「グズであるということの合理性」の一例を示したかったんですよ。

がんばった結果にエサも貰えず、「じゃあ次はこの課題ね」って言われたら、「じゃーやるフリだけしてぼーっとしてよ」っていうのが合理的な行動になってしまう、と。

>でも、私は報われると解っている努力でも続けることができませんw

どうでしょうか?
たとえば、毎日16時間ぶっ通しでネトゲを続けて、レベル上げにいそしむのも私から見れば「努力」です。

「努力=苦しいこと。耐え忍ぶこと」っていう認識が、そもそも変なんですよ。

と、いうわけでそれも含めて次のテーマですが、今回の「ダディが救われた話」で書けるかどうかは分かりませぬ。

ともあれ、乞うご期待。
Posted by つるや at 2011年10月20日 22:39
はじめまして、まとめサイトでスワップ問題が取り上げられていたので、飛んできました。大変興味深く拝見しております。支援、の意味も込めてコメントさせて頂きました、執筆、そして仕事もがんばってください^^
Posted by nobjano at 2011年10月27日 16:45
>nobjano

ども。無理にならないよう行っていきます。
Posted by つるや at 2011年10月28日 19:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。