2012年10月07日

金融のデッドロック

欧州CDSリスク消えず、JPモルガンが露呈−米銀が販売増

  5月18日(ブルームバーグ):ギリシャとスペイン、イタリア、ポルトガル、アイルランドの5カ国(いわゆるGIIPS)の国債と銀行債、社債を保証するクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)の販売を米銀が拡大している状況が、国際決済銀行(BIS)の最新のデータで明らかになった。

BISによれば、米国の金融機関が提供するこれらのCDSによる保証額は、昨年10−12月(第4四半期)に5670億ドル(約45兆円)と前期比10%増加した。

米国におけるCDSの2大引受業者であるJPモルガン・チェースとゴールドマン・サックス・グループは、CDSの購入が販売を上回っていることを公表し、ユーロ圏でのデフォルト(債務不履行)発生の場合に利益を得る可能性を示唆している



( ̄∀ ̄)というわけで今回は久しぶりにリアルタイムで起こっている経済の話。
( ゚д゚ ) つっても5月だからもう半年近く遅れている情報だけどな。
(`・ω・´)まあ状況は変わっておりませんので。
(つ∀ ̄) 会議は踊る、されど進まず。





(`・ω・´) 記事の解説をしますと、CDSとは「破綻に備えた保険商品」です。
( ̄∀ ̄) CDSを買う側が月々の手数料を支払い、売る側はCDSの対象となる企業なり銀行なりが破綻した際にクラッシュした元本や金利を肩代わりする。
(`・ω・´) このCDSをつけることで、「仮に破綻してもとりっぱぐれはないから安心して債権を持ち続けられる」ということになるわけです。
( ̄∀ ̄) CDSに支払う手数料分は儲けが少なくなるけどね。この商品により、裁定売買とかサヤ取りというほぼ100%儲かるやり方が産まれた。

CDS:http://kotobank.jp/word/CDS



( ゚д゚ ) すごい仕組みだな。じゃあ欧州がデフォルトしても金融機関にダメージはないってことか?
(つ∀ ̄)いやいや。これ、凄まじく問題があるんだよね。現行の制度だと。
(`・ω・´) ザルなんですよねー。色々と仕組みが。以下、上記の記事の続きですが・・・。




しかし、類似のデリバティブ(金融派生商品)を扱うJPモルガン・チェースのチーフ・インベストメント・オフィス(CIO)部門で20億ドル(約1600億円)の損失が発生したことは、結果が本当にそうなるか疑問を生じさせるとヒューストン大学のクレイグ・ピロング教授(金融学)は指摘する。反対取引によってもリスクが相殺されないことを今回の損失は物語る


デリバティブ市場が専門のピロング教授は「これらのヘッジはいずれも一つのリスクを別のリスクと交換するにすぎない。銀行は欧州のリスクが均衡していると言うが、それはポジションの総計に基づく話だ。欧州危機が暴発すれば、どうなるか分からない」と警告する。

別のリスクとの交換

JPモルガンのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は先週、同行のトレーディング戦略に不備があり、コーポレートクレジット・デリバティブのポートフォリオ調整を試みていたことを認めた。

JPモルガンは監督当局への届け出で、GIIPS関連で販売したCDSの想定元本が3月末時点で1420億ドル相当、購入したCDSが1440億ドル相当であることを明らかにした。ゴールドマンが開示したCDSの想定元本は販売が1640億ドル、購入が1750億ドル相当だ。いずれの広報担当者もコメントを控えている。

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-M47HRL6TTDUY01.html



(`・ω・´) CDSの問題点は二つ。
(つ∀ ̄) 焼き畑農業と担保の不在。
( ゚д゚ )  ????



( ̄∀ ̄) 焼き畑農業ってのは要するに、「CDSを買って債務保証をつけると同時に、裏ではデフォルトするような反対売買(空売りなど)をして意図的に潰して保障金をせしめようというやり方。
(`・ω・´) CDSを購入した側は、潰した方が儲かるから潰すと。
(つ∀ ̄) リーマンショック時に多用されたねぇ。CDS商品自体は長期契約だから、急激に起こる景気変動やらデフォルトやらの危機には対処しようがない。



ベア・スターンズ、フレディマック、ファニーメイ、リーマン・ブラザーズ、破綻の後、「核のボタンに匹敵する」と言われているのがCDSである。

CDSの問題点:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%83%E3%83%97#.E5.95.8F.E9.A1.8C.E7.82.B9.E3.81.A8.E5.8D.B1.E9.99.BA.E6.80.A7


(`・ω・´) CDSを保障するための想定元本は数千億から数兆、国債を保障するなどの場合によっては数百兆規模になるわけですが・・・
(つ∀ ̄) CDS売買において、担保を保障する必要がない。だからCDS対象がクラッシュしたらCDSで保障して利ざやを稼いでいる金融機関や証券会社もまた、連鎖的にクラッシュする。
( ゚д゚ ) なんつー危険な・・・。どうして身の丈以上のCDSを保障したんだ?




(つ∀ ̄) リスクなしで確実なリターン、というアカギで聞いたような話さ。
(`・ω・´) 被害を深刻にしたのがレバレッジをかけるという手法でして。
(つ∀ ̄) リーマンショック前のSIV商品の販売と同時に多用されたね。要するに、「CDS市場でのサヤ抜きは100%儲かるから借金したお金も突っ込んで儲けよう」という・・・。
( ゚д゚ ) SIV?
(`・ω・´) そのあたりはググってください。




(`・ω・´) ま、CDSというのは保険商品。自由に売買ができるわけで、市場に流動性がある、つまりCDSの対象商品がデフォルトの危険がないとみなされれば売り逃げは容易なわけです。
( ̄∀ ̄) ただし今の欧州みたいな「みんなやばい」状態だと、ドイツが救済条件なんたらとか、スペインが救済される・されないとかのニュースで急激に変動する。国債利回りと一緒だね。
(´・ω・`) そして、CDSを持っている側は少しの値段変動でも、想定元本が非常に大きいために大きな影響を受ける。
(つ∀ ̄) ロスカットしたくてもできない、一つがしたら他もして雪崩的に崩壊するという・・・。




(`・ω・´) そこで出てきたのが「ヘアカット」という・・・。
(つ∀ ̄) CDSは「破綻した」時に「保証金を支払います」という制度だけど、「べ、べつに、破綻してるわけじゃないんだからねっ。勘違いしないでねっ」というツンデレ状態だったら発動しないとう詭弁。
(`・ω・´) ヘアカットとは、CDSを発動させない代わりに減額した保証金を支払うというもの。
( ̄∀ ̄)ようするに債務減免だね。それなんて詐欺
(´・ω・`) 徳政令みたいなものですから、これを一度やると次の国債発行に支障が出てきます。



ギリシャ債のヘアカット率は50%―財務相=新聞

 [アテネ 26日 ロイター] ギリシャのベニゼロス財務相は国内銀行に対し、26日の欧州連合(EU)首脳会議では、ギリシャ債の元本が50%削減されることが決まる可能性が最も高いと明らかにした。カティメリニ紙がEU関係筋の話として伝えた。

 同紙によると、このシナリオでは、ギリシャ債を保有する銀行は、額面100ユーロ当たり15ユーロの現金と35ユーロ相当の30年債を受け取ることになる。30年債のクーポンは6%で、これには欧州金融安定ファシリティー(EFSF)の保証は付けられない。7月の合意に反してEFSFの保証が付かない半面、現金の支払いが投資家にとってインセンティブとなる。ただ、現金と債券の比率は変更される可能性があるという。

ヘアカット:http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-23828220111026


(`・ω・´) ま、このヘアカットの代わりにギリシャは島を売るとかインフラを売るとか年金カットとか色々と飲まされたわけですけど。
(つ∀ ̄) ギリシャ程度の借金の規模だからできたことだよねー。スペインでやらかす場合は10倍から50倍の損失を計上する羽目になる。ぶっちゃけ、無理。
(`・ω・´) スペインの国債発行額は確か、円に換算して200兆円くらいでしたか。


スペイン:2013年に2072億ユーロの国債発行を計画
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MB5QKG6TTDS101.html


( ̄∀ ̄) 正確には1年で必要な国債額ね。これ買い支えられるのはドイツと日本とアメリカくらい。でもこれ、今の利回りだと10年持ち続けたら2倍になる。
(´・ω・`) どこの新興国の国債金利だ、というレベルです。
(つ∀ ̄) とってもお買い得だねー_________
( ゚д゚ )  お、おう・・・。




(`・ω・´) 欧州については、日本にもアメリカにも救う義理はあっても義務はないので、ドイツさんがバックに控えた欧州中央銀行がどう動くか。
(つ∀ ̄) 最悪の場合、旧エヴァンゲリオン劇場版のラストみたいな世界が待っているのですよ




(´・ω・`) 信用さえあれば金融は回るように出来ていますが、信用を高める為に作ったCDSの規模があまりにも大きすぎて、実態からかけ離れているわけです。その歪みがリーマンショックと同時に出てしまった。
( ̄∀ ̄) 金融の疑心暗鬼、デッドロックだねぇ。金融機関はCDSを保障しているから信用不安がある。で、その金融機関もまたCDSを発行しており、さらに別の銀行によって保障されていると。
(´・ω・`) CDSの持ち合いで借金の規模のみが膨らんでいるわけです。CDSは担保がありませんので、信用がなくなると一気に負債になっていきます。
( ゚д゚ ) 複雑すぎてよーわからん。




( ̄∀ ̄)要するに、マネーゲームで実態とかけ離れたお金をやりとりした結果、みんな死ぬしかないじゃないという状態になったと。それでもお金を稼ぐ先があればどうにかなるかもなんだけど。
(`・ω・´) かつてのアメリカのような市場がありませんからねぇ。そして緊縮財政をやったらGDPが下がり、税収が下がります。欧州は引き続き、綱渡りを強いられることになるでしょう。



( ̄∀ ̄)今回はここまで。参考になりましたら下のバナーをクリック応援よろしくなのですよ。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ



posted by つるや(国会AA職人二代目) at 10:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月04日

野田やる夫の民主党【第十二話、中編Y】

先回の話はこちら:http://kokkai-aa-yaruo.seesaa.net/article/295281711.html

1/51________________________________
             ___
            ./    \
            | ^   ^  |     ,..、    憲法解釈の問題になりましたので
           | .>ノ(、_, )ヽ、.|′ _,,r,'-ュヽ    私から答弁をさせていただきますが、
 ビ リ        ! ! -=ニ=- ノ! ,イ彡く,-‐' ゙i,
  __,,, :-―,ァ''" \`ニニ´/゙ア´ ̄`ゝニ'ィ,〉  最高裁が昭和四十八年のいわゆる
,:f^三ヲ,r一''^ニ´、、__ l ! ィ彡,ャァ'" ,,..,,、  /lトィヘ  全農林警職法事件で言っておりますのは、
ノ ニ、゙リ  ,..,,   ``''ヽ,,,  ''"´   ゙''ヾミ,r/:.l:.:し′
,ィテ'J´,,..::;;゙i,     ,;,, ;;; ,,;;       ,frア:.l:.:ヾ
リ:.:.:.{'"  ,ィト.     ';;;;;;;;;;;'      ,!;V:.:.ノ:.:.:.:
:.:l:.:.:.ヾ='":.:.:l      ':;;;;;:'      ,;;/;;:.:/:ノ:.j:.:.:.
:.:l:.ミ:.:.∨:.:.:.:ヽ、    人__,,,;;;;;ノ/N/:/:.ィ:.:.:.
:.:ト:.トミ:.:ヽ:.:.:.:.:ト-―テ" ⌒ `ヾj ::;;;;}/:.:.:.:/:/ ヽ:.:
:.:ト、:.:.:.:.:ヽ:.:.:.l   ' -:十:‐' ゙l,  〃:.:.:/:.リ  ゙i:.:
:.:l:.:ヽ:.:.:.:.:ヽ:.:.l   t,,__,災_,ノl  f:.リ:.:./:.j ,イ ヾ
:.:l、:.:ヾ:.:.:.:.:〉:.:l  l,   ,;,  ,ィレ j:.:.:./:./ V

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

続きを読む
posted by つるや(国会AA職人二代目) at 21:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 国会AA劇場(野田やる夫の民主党) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やる夫が公共事業について学ぶようです【そのB】

先回の話はこちら:http://kokkai-aa-yaruo.seesaa.net/article/295311135.html

1/43___________________________

【目次】

@公共事業って何?

 ⇒「公共団体が公共性の高い工事やサービスを行うこと」です。

A公共事業の種類と目的

 ⇒種類は大きく分けて2つ。インフラ整備とハコモノ(建築物)関連です。
  ⇒インフラ整備は国民の生命を守り、生活基盤を整えます。
  ⇒ハコモノ関連は産業育成や観光資源として、または教育、文化振興の為に作られます。

B公共事業と民間事業との違い    ←今ココ
C公共事業の問題点
Dデータからみる公共事業と経済効果
Eまとめ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 彡ミ           。
彡ミ彡ミ ∧_∧
━..|ヽ━( ・∀・) /
  |ヽ  (    つ
  人  | | │ _____ ∧_∧ _______ ∧_∧_
     (__)_) |ヽ____くД´ ; >____ くД´ ; >_
===============|i`─ と    ヽ────⊂     )─
            |l.______| ̄ ̄ ̄ ̄|_____| ̄ ̄ ̄ ̄|_
                ̄ ̄ ̄ ̄       ̄ ̄ ̄ ̄


人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


続きを読む
posted by つるや(国会AA職人二代目) at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | アホでも分かる経済講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月03日

やる夫が公共事業について学ぶようです【そのA】

先回の話はこちら:http://kokkai-aa-yaruo.seesaa.net/article/295141284.html

1/55___________________________

            / ̄ ̄\
          /   ⌒ ⌒
.          |    ( ⌒) (⌒)    さて、少し話を戻すぞ。
            |    (___人__)
          |     ` ⌒´ノ   
             |        |
           人、       |
       _,イ ト、ヽ 、 __ ,_ ノ
 ,. -─‐-´   l  ヽ,\__、_ノ7
/´        :i   ハヘ、;;ヽト、
. : .        :i   ハ 〉:.;〈ヽ \、_
, : : . \      :L__  v;;;;ヘ ' ,<. ヽ
. : : : . ヽ: .      く   '';;;;;ヘ l `l `-、
!: :    、: : : :     ヽ   '';;;;ヘi   i  r i
 .´: : : .  ' : : :      \   '';;;::|  ,| __| |
: : : : .  .γイ: .       ' .,  ':;;:|  l、__j.|

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

続きを読む
posted by つるや(国会AA職人二代目) at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | アホでも分かる経済講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野田やる夫の民主党【第十二話、中編X】

先回の話はこちら:http://kokkai-aa-yaruo.seesaa.net/article/294951646.html

1/51________________________________

     _ ノ:::::::::::::::::::::::::::::v=ァ 、
     >::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
    イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::\    いろいろ御説明いただきました。
    /,:::::::::::|::l:::::、:\::、::::::、::::::::::::Y`    全部言いませんけれども。
    {::/:/:::|::ト、::ト、斗チ升 ゝ、::::::ハ
    |八ト ::ト,| \, ´Y:いxキY´ハ::ト
     `| rチtミ f    ゚ー{ ̄V )_ノ:ノ
        f´Yり「` 、__,ノ   く:::/
       '、_'、 ` _  -‐'  ノ V
         `丶、    /  」L 、
             ーr ´,..::::´:::::::::L,__, -─ 、
              _「:{::::::::::::,,.::::::´:::::::::::::イ::::::::::::ハ
     / ̄`ー─‐ '::::○:: ̄::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::`:,
     ,':::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::\
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::l
    l::::::::::::::ノ::::::::::::○:::::::::::::::::::::::::::::::::、:::: {::::::::::::::::::::::::::::{_
    |::::::::::: 〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:!:::::::::::::::::::::::::::::::'.、
    l:::::::::::::j:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::l
    ∨::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、:::::::::::::::::::::::::\
    ∨:/::::::::::::::○:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  \::::::::::::::::::::::::::\
    X:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     \::::::::::::::::::::::::::\

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ



続きを読む
posted by つるや(国会AA職人二代目) at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 国会AA劇場(野田やる夫の民主党) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。